人間でも食べられるキャットフード!?ヒューマングレードのおすすめ3選!

キャットフードの表記でよく見かけるヒューマングレード。

ヒューマングレードとは原材料の品質が人間の食事と同じであることを意味しますが、厳密な定義はあるのでしょうか。

この記事ではヒューマングレードについての詳しい解説と、おすすめのキャットフード3選を紹介しています。

 

キャットフードの「ヒューマングレード」とは?

猫 かわいい funny

ヒューマングレードとは、人間が食べることができる品質水準の原材料で作られていることを意味します。

キャットフードの安全性に関しては「ペットフード安全法」で規制されていますが、人間の食品安全基準と比べると決して十分なものとはいえません。実質、粗悪といえる原材料を混ぜたものをキャットフードとして販売しても問題はありません。

「このような不透明な品質管理の中でも私たちは品質にこだわり、人間が食べられるレベルの原材料のみを使用しています」ということを主張するために、フードメーカーはヒューマングレードという記載をしています。

 

明確な基準はない

とはいえヒューマングレードを定める明確な法規制や基準は存在しないため、現状は各フードメーカーの自己申告による記載です。

そのため、人間でも食べないような低品質の原材料が使われている場合でも、ヒューマングレードと大きく記載しているキャットフードは少なからず存在します。「そう書けば売れるから」です。

「ヒューマングレードと書かれているから良い」と鵜呑みにするのではなく、飼い主さん自身の目で本当に良いフードを選ぶことが重要ですよ。

AAFCOとUSDAと「ヒューマングレード」の関係は?

AAFCO(米国飼料検査官協会)はアメリカの団体で、ペットフード栄養基準やラベルに関する基準を提示しています。

この栄養基準は世界的にスタンダートになっており、日本のペットフード公正取引協議会もこの基準を使用しています。

USDA(アメリカ合衆国農務省)は日本の農林水産省にあたる機関で、品質に厳しい基準を設け、肉の格付けや、オーガニック食品の認証などを行います。

ここで注意したいのは、「ヒューマングレード」とAAFCO、USDAには直接的な関係性はないということです。

前述したように、「ヒューマングレード」に明確な基準は存在しません。

また、AAFCOは基準を提示するだけで認証などは行わず、USDAもペットフードに関しては認証を行いません。

ただ、ヒューマングレードのペットフードで、「使われている原材料」が「AAFCOの基準をクリア」していて、「USDA認証の素材である」ということはあります。

ペットフードそのものが認証されているわけではなく、原材料が認証、もしくは基準をクリアしているという点は理解しておきましょう。

pepyがオススメするフードを選ぶ基準は?

フードにはたくさんの種類があり選ぶのは本当に難しいですよね。

ただ、フードの選ぶ方次第で愛猫の健康、寿命に大きく影響がでます。フードはしっかりと選んであげましょう。

フードの選ぶ基準をわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひご覧ください。

 

ヒューマングレードを見極めるポイントは?

猫 素材

ポイント

  • 品質が不透明な原材料を含まない
  • 価格が安すぎない

現状では法整備が不十分なことや、購入者が得られる情報に限りがあることなどから、「絶対に安全なキャットフード」を見極めることは不可能です。ですが、品質によって左右されるポイントに着目すれば、ある程度は品質を見抜くことはできます。

ここでは、品質の高いといえるキャットフードの多くに共通している2つのポイントについて解説しています。

 

品質が不透明な原材料を含まない

  • 肉類
  • ○○ミール
  • 畜肉副産物
  • 肉粉・肉骨粉
  • 動物性脂肪

原材料表を見ると、このような表記を目にすることがあります。

これらの原材料は全て肉類由来のものですが、「なんの種類の肉が使用されているのか」「どの部位が使用されているのか」などの詳細を判断することができません。

なかには廃棄用の骨・足・くちばし・毛・羽根など、人間でも食べないような低品質のものが混ぜられている可能性もあります。品質を隠すために、あえてあいまいな表記をしているのかもしれません。

品質に自信があるメーカーは「骨なし鶏肉」「サーモンオイル」など動物名まで明記している場合が多いので、原材料表を見てどのようなものが使われているのかを容易に想像できるキャットフードを選ぶことをおすすめします。

 

価格が安すぎない

人間の食品と同じく、キャットフードにおいても低品質なものは値段が安く、高品質なものは値段が高くなる傾向があります。

また価格が安ければ安いほど、猫にとって不必要な穀物や繊維質などが含まれる割合が大きくなります。猫にとって最も重要な肉類は原価が高いため、穀物などを使ってカサ増ししてコストダウンさせているのです。

必ずしも全てのキャットフードに当てはまるわけではありませんが、品質を考えるのであれば「1kgあたり2000円以上」のキャットフードを選ぶことをおすすめしますよ。

 

ヒューマングレードに使われる素材とは?

猫 素材

ヒューマングレードのキャットフードは、人間にも食べられる素材で作られています。

しかし実際のところ、明確な基準があるわけではないので、素材はそこまで決まっていません。

人口調味料や化学添加物、甘味料、保存料などが使われておらず、無農薬の素材などが理想的です。

また、愛猫に食べさせるのであればグレインフリー(穀物不使用)のものがいいですね。

ヒューマングレードと言っても、粗悪な素材を使っている場合もあります。

原料表記が曖昧なものなどは購入を控えましょう。

 

人が食べられない素材を使った「フィードグレード」とは?

猫 素材

フィードグレードとは人間の食用にできない肉副産物や病死した肉のことで、家畜向け肥料や廃材等(4Dミート)などが該当します。

4Dミートとは、4D(Diseased(病気)、Dead(死亡)、Dying(死亡寸前)、Disabled(障害のある家畜など) )という意味がある肉のことです。

市場に出回っているペットフードの多くは、フィードグレードの素材を使用しているといっても過言ではありません。

猫の身体に良いことは何一つ無いため、ヒューマングレードのフードを選んであげることが大切だといえます。

 

市販のキャットフードがすすめられない理由とは

猫

市販のキャットフードがすすめられない理由は、「選ぶのが難しいから」でしょう。

市販のキャットフードにはもちろん、質の良い製品があります。ただ、その逆も多いのです。

劣悪な素材を使って原料費を抑えている物もありますし、保存料などの添加物を大量に使っている物もあります。

フードは、毎日愛猫が食べ、健康と寿命に直接的に影響を与えるものです。

愛猫と幸せに過ごすためにも、市販のフードを買う際には注意して、悪質なフードを選ばないようにしましょう。

 

ヒューマングレードを選ぶメリットは?

猫 素材

ヒューマングレードを選ぶメリット

  • 十分な栄養が摂取できる
  • 食いつきが良い

ヒューマングレードのフードは猫が最も必要とする動物性たんぱく質だけでなく、様々な栄養素を豊富に含んでいます。

そのため、ヒューマングレードのフードを食べさせることは、筋肉維持、毛並みや腸内環境の改善などをはじめとした愛猫の健康維持につながります。

また、猫が好む素材が多く使われており食いつきも抜群なのでしっかりと最後まで食べてくれますよ。

 

キャットフードの正しい選び方

DSC_0930

キャットフードは愛猫の健康と寿命を大きく左右する大切なものです。

毎日食べるものだからこそしっかりと良いフードを選んであげましょう。

 

添加物が入っていないものを選ぶ

保存剤は「防腐剤」ともよばれ、キャットフードの腐敗を防ぐ目的で使用されています。保存剤を混ぜることで、フードの長期保存や容量が多い袋での販売を可能にしています。

着色料は「赤色2号」や「青色1号」などと記載されている人工的に色を付けるための成分です。着色料を使用する目的は猫のためではなく、人間の見栄えのためです。猫は食べ物を「色」ではなく「匂い」で判断するので、着色剤は食欲と関係ないのです。

酸化防止剤には人間の食品に使うことを禁止されている成分も含まれています。当然猫にも悪影響を及ぼしますよ。フードは水分が多いほど酸化しやすいので、「ウェットタイプ」のキャットフードにはよく使われています。

「保存剤」「着色料」「酸化防止剤」は長期保存や見た目の良さには重要ですが、癌やアレルギーを発生させる原因や、皮膚病など病気の原因にもなる有害な成分なのです。

 

ドライフードを選ぶ

ドライフードには以下のメリットがあるためオススメです。

ドライフードのメリット

  • 総合栄養食が多い
  • 開封後も長期保存できる
  • 1食あたりの価格が安い
  • 歯磨き効果も期待できる

 

総合栄養食とは、猫が1日に必要とする栄養をバランスよくとれるフードのことをいいます。

ドライフードの多くは総合栄養食なので、水と一緒に規定量を与えれば1日に必要な栄養を過不足なく摂取することができます。

また、ドライフードは、一般的に水分量が10%以下のものを指します。

水分含有量が少ないので、適切な方法で保管すれば開封後も1ヶ月程度保存することが可能です。

メーカーや種類によって異なるため一概には言えませんが、ウェットフードなどと比べると安価で販売されているので比較的安く購入できます。

また、上記の通り長期保存にも向くので、大量購入にも向いています。

更に、カリカリのフードを咀嚼するとカリカリの固い表面が歯にこすれるので、歯石を落とす効果が期待できるとされています。

噛むことは歯肉を刺激することのも繋がるので、口内炎の予防にも繋がります。

 

おすすめのキャットフード1. モグニャン

モグニャンキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)
1kgあたり価格2851円

主原料に使用されている白身魚は、高タンパク・低脂肪で消化吸収に優れています。旨み成分が豊富なので食いつきも抜群ですよ。

尿路系のサポートに役立つ「クランベリー」や腎臓のケアに役立つ「オメガ3脂肪酸」、食物繊維が豊富な「サツマイモ」や「カボチャ」「リンゴ」なども配合されています。

穀類や人工添加物も不使用なので、ライフステージを問わず、すべての猫におすすめできるフードです。

モグニャンを製造している工場は、国際規格である「SAI GLOBAL」においてランクAを取得しています。SAI GLOBALとは企業のリスク管理などの事業を行っている組織であり、モグニャンはその厳しい管理水準において最高ランクを獲得しているので、安全性は高いと評価できるでしょう。

 

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグニャンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

おすすめのキャットフード2. シンプリー

シンプリーキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3849円(税込)
1kgあたり価格2566円

シンプリーは、人間でも食べられる食材のみで完璧な栄養バランスが計算されている完全栄養食です。穀物や人工添加物も使用していません。

サーモンを中心に乾燥白身魚などを73%配合しているので、猫の食事の最も欠かせない動物性たんぱく質を効率よく摂取することができます。

腎臓のサポート効果が期待できる「オメガ3脂肪酸」、尿路結石の予防効果がある「キナ酸」、食物繊維が豊富に含まれている「サツマイモ・オリゴ糖」などもバランスよく配合されていますよ。

 

おすすめのキャットフード3. カナガン

カナガンキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)
1kgあたり価格2851円

カナガンキャットフードに使用されている原材料は、すべて人間でも食べられるほど高品質で栄養価が高いものだけを使用しています。

主原料の乾燥チキン・骨抜きチキン生肉には、猫が必要とする良質な高タンパク質はもちろん「ビタミン」や健康を維持し免疫力を保つ「セレン」が豊富に含まれています。

様々な皮膚病の原因になる穀物を使用しないグレインフリーレシピで、有害な人工添加物も一切使用していません。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。

 

ヒューマングレードのキャットフード、人間も食べられる?

猫 かわいい funny

ヒューマングレードの記載がある場合は、原材料に危険なものは含まれていないので人間が食べても問題ありません。

しかし、人と猫では必要とする栄養素が異なるため、キャットフードを人が食べ続けると栄養不足などになる危険性もあります。また、匂いが強く薄味で塩分も控えめに製造されているので、人が食べて美味しいと思える味付けには仕上がっていません。

1口2口味見する程度に食べる事は出来ても食べ続けるには不向きなので、人には人の猫には猫に適したフードを与えることが大切といえます。

キャットフードの選び方 メニュー