ウィペットの性格、体重や特徴、飼い方は?ブリーダーや価格、しつけや歴史は?

女優の内田有紀さんや元プロ野球選手の柴田勲さんの愛犬であるウィペット。

ほっそりとした美しいスタイルが特徴的で、JKC(ジャパンケネルクラブ)が発表する「犬種別犬籍登録頭数」で常に上位にいる人気の犬種です。

今回の記事ではウィペットの性格や特徴、おすすめの購入先、子犬の販売価格やしつけのコツ、歴史をご紹介していますよ。

 

ウィペットの性格は?

ウィペット_20160627_1

ウィペットの性格

  • 穏やかで従順
  • 献身的

ウィペットは大人しく穏やかで、飼い主に献身的な性格をしています。正統派のサイトハウンドの中でもっとも献身的に指示を聞く犬種といわれています。

物静かなペットが欲しい方に理想的な性格といえます。飼い主の感情や気持ちを汲みとる繊細な一面もあります。ウィペットは愛情深く大切に育ててあげるだけ、より深く信頼関係を築ける犬種ですよ。

警戒心は強いですが滅多に吠えず、子供にも穏やかに接することができるので、子供のいる家庭でも安心です。

 

ウィペットの特徴は?

whippet2

 

特徴流線型のボディライン
筋肉質な体
スラリと伸びた脚
体高44~51cm
体重9~14kg

ウィペットは体高が44~51cm、体重が9~14kg程度で、引き締まった体格をした中型犬です。

一気に最高速度にもっていける加速力とすばやく体をひねって方向転換をする俊敏さは、他の犬種の比ではありませんよ。

「ダブルサスペクションギャロップ」とよばれる、前脚と後脚を揃えて動かし、背中を使って走る歩様ができるほど、パワフルな後脚とおしりの筋肉が特徴的です。

後方に寝たローズ耳は緊張すると直立立ちになり、細長い尻尾は動いているときに上向きにカーブを描くのもこの犬種ならではの特徴です。

 

被毛はきめ細かく滑らかな短毛で、カラーは「グレー」「タン」「フォーン」などがよく知られています。「カウチハウンド」という異名を持ちます。屋外で走る姿は躍動感にあふれ、姿に魅了される飼い主さんも多いですよ。

 

ウィペットの飼い方、寒さ対策と十分な運動時間を確保

shutterstock_246798490

ウィペットは運動が大好きな犬なので1日2回の散歩に加え、ジョギングや引き運動など筋力を生かした遊びをしてあげてください。

ときにはドッグランや犬を連れて遠出へドライブして、「思いっきり走りたい」という欲望を叶えてあげると喜びますよ。

ウィペットは毛がとても短いので毎日の獣毛ブラシを使ったブラッシングと蒸しタオルで時々拭うだけで十分ですし、綺麗好きな犬種なので臭いも少ないです。

寒さが苦手という弱点があるので、冬場の散歩は温かい服を着せるとともに、冷え込みが激しい時間帯の散歩は避けてあげた方が無難です。

室内でも暖房を使った空調管理を行うとともに、ブランケットなどで温かくしてあげてくださいね。

 

ウィペットを飼いたい!飼うならブリーダー?子犬の販売価格は?

shutterstock_89497876

ウィペットの子犬価格

  • 15~25万円

ペットショップではなかなか見かけない犬なので、ブリーダーから購入するのが一般的です。

海外から輸入した犬を親として繁殖しているブリーダーも多く、子犬が欲しいと思ってもすぐには入手できないことがあります。

ウィペットの子犬が欲しい場合は、早めに信頼できるブリーダーを見つけて、見学の予約をしておくのがおすすめです。子犬の販売価格は15~25万円程度です。

 

ウィペットのしつけのコツは?

shutterstock_273894605

しつけのコツ

  • 叱らずにほめる
  • 服従訓練を徹底する

ウィペットは大人しくフレンドリーで飼いやすい犬種です。元々ウサギやネズミ捕りをしていたので小動物を追い駆ける本能があり、下顎が丈夫で噛み付く力が強いのでもし噛まれたら一大事ですよね。

しつけは不幸な事故を起こさないためにも大切ですし、しつけ不足はドッグランなどでの問題行動にも繋がります。体格が良いので凶暴になると手に負えなくなってしまいますよ。

子犬の頃から他の犬と交流する機会を持たせ、攻撃的な態度をしないよう訓練することがおすすめです。

しつけのコツは「叱らずにほめる」ことです。繊細な性格なので感情的に叱ってばかりだと精神的に弱ってしまいます。

乱暴に接したり体罰をしたりすることは避け、指示をきちんと聞くことができたらたっぷり褒めてあげてくださいね。

 

ウィペットの歴史は?

whippet1

18世紀頃に農夫がウサギを退治するために、「グレイハウンド」と小型の犬種たちとを掛け合わせたのがウィペットの起源と考えられています。

元々は犬が仕留めたウサギの頭数を賭けるギャンブル「スナップドッグ(噛み付き犬)」にウィペットは使われていましたが、当時ウサギが手に入らなかったので、ボロ布を追いかけさせるレースで活躍していました。

ボロ布レースは後に炭鉱夫のスポーツへと発展し、ウィペットは「貧しい人たちの競走馬」と呼ばれるようになります。この頃にペットとしても飼われるようになります。

1888年に犬種として認定されて以降、ウィペットは外見の美しさも評価されるようになります。上品な社交性をもつウィペットは徐々に注目を集め、熱心な愛好家も増えていきました。

現在では最も人気のあるサイトハウンドのひとつ、ショードッグや様々な競技をはじめ、ペットとしても評価の高い犬種となっています。

 

マンションでも飼いやすいウィペット

shutterstock_378578878

運動時間の確保と寒さ対策に気をつければ、マンションでも飼うことができる犬種だといわれています。犬種の特徴を理解した上で、ぜひ購入を検討してみてくださいね。

ウィペット特集