最高級で「今」人気のドッグフードは?おすすめランキングトップ5!

ドッグフードをこだわって選び、愛犬の健康に気を使いたい飼い主さんは多くおられます。種類が多くてどれを選べばいいかわからないという声もお聞きします。

この記事では、最近特に飼い主さんたちに売れているドッグフード(本サイト「pepy」調べ)を、人気順にランキング形式で5つ紹介しています。

 

おすすめのドッグフード、選び方のポイントは?

ドッグフード

ドッグフードを選ぶ時のポイント

  • ドライフードをベースにする
  • 良質なタンパク質が摂れる
  • 粗悪な原材料が入ってない
  • 有害な添加物が入っていない
  • 原材料の1番目に穀物が記載されていない
  • 国産よりも外国産
  • 鮮度や賞味期限が長すぎない
  • 安価なものは避ける

この記事では、子犬から成犬を対象に、8つのポイントを押さえたおすすめのドッグフードをご紹介します。

犬の食事は、子犬、成犬、老犬それぞれのライフステージによって異なります。

 

子犬の時期

成長に必要な栄養をしっかりと摂取する必要があります。

 

成犬の時期

「タンパク質」「脂肪」「ビタミン」「ミネラル」などの栄養素をまんべんなく摂取することが大切ですよ。

 

老犬の時期

免疫力向上の観点から成犬と同じく、まんべんなく栄養素を摂取ることが大切です。

消化に負担のかかる穀物を避けることもポイントです。

 

ドッグフードの安全性を点数化!得点ごとの分類は?

100点原材料の品質・成分バランスが完璧な最高級品。文句なしで愛犬の主食に超おすすめなドッグフード。★★★★★
90~99点原材料の品質・成分バランスともに優れていて、十分おすすめできるドッグフード。★★★★・
70~89点愛犬の健康な発育に十分な栄養素は補給できるが、原材料の品質にやや疑問が残る。★★★・・
50~69点不必要な原材料が多用されており品質も良くない。体に害を及ぼす恐れのある添加物も含まれる。★★・・・
49点以下原材料や成分バランスに問題があり、愛犬の体に悪影響な成分が大量に含まれる。★・・・・

有名なドッグフード77種を徹底的に比較!総合得点とランキングはこちら

点数が高いほど安全性が高いと判断します。初めてドッグフードを選ぶ方には、90点以上のドッグフードを強くおすすめしますよ

以下では、90点以上かつ優秀な特徴・返金保証・まとめ買い割引などを総合的に評価したおすすめドッグフードを、ランキング形式で紹介しています。

 

おすすめのドッグフードランキング1位:モグワン

モグワンドッグフード

豊富な動物性タンパク質の手作りレシピ

モグワンドッグフードは、良質なチキンとサーモンを主とした「動物性タンパク質」が豊富に含まれたドッグフードです。

消化に負担のかかる穀物を一切使用しないグレインフリーのモグワンは、愛情たっぷりの「手作り食」レシピから生まれました。

 

ペット先進国イギリス発のヒューマングレード

ペット先進国イギリスで安心安全を追求して開発された、新鮮かつ高栄養価のドッグフードです。

愛犬の健康・食いつきを一番に考えて、ヒューマングレードの食材を全て愛犬が消化しやすいように調理されています。

シンプルかつ高品質にこだわり、細部まで手を抜かない安心安全のドッグフードです。

 

体をいたわる成分を配合

モグワンドッグフードには、お腹の調子を整える「ペクチン」やアンチエイジング効果の高い「ポリフェノール」を含むリンゴ、皮膚や粘膜を健康に保つ「カロテン」を含むカボチャといった豊富な野菜・ミネラルが使われています。

食物繊維もたっぷりなので、軟便や下痢などの改善も期待できるでしょう。

 

モグワンの商品データ一覧

名称モグワンドッグフード
得点96点
内容量1.8㎏
主原材料チキン生肉
穀物不使用
合成酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格
【1袋あたり】
1袋:3849円(税込)
2袋~:3635円(税込)
6袋~:3421円(税込)

 

モグワンの体重ごとの1日あたりの価格

※成犬期を想定した場合
1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7813117721925929733336840243559073299212311455
定期購入時(円)621051421762072382672953223484725867949851164

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 

pepy限定!全額返金保証を実施中!

この記事からモグワンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

おすすめのドッグフードランキング2位:カナガン

カナガンドッグフード

最適な食事バランスとグレインフリー

カナガンドッグフードは、犬の食事バランスとして最適な成分が含まれており、全てヒューマングレード(人間が口にするものと同じ品質水準)の原材料が使われています。

犬が消化しにくい穀物が一切含まれていない「グレインフリー」のドッグフードなので犬の体にも優しいですよ。

 

食いつきと消化吸収率の高い良質なチキン

カナガンには、愛犬の体をつくる「動物性タンパク質」を豊富に含む良質なチキンが50%以上も使われています。

チキンは犬の食いつきや消化吸収率も非常に高く、腸内環境をサポートする効果が期待できますよ。

 

カナガンならではのサツマイモ

また市販のドッグフードにはあまり含まれていないサツマイモが使われています。サツマイモは消化しやすく、ゆっくりと体に吸収されるのが特徴です。

骨や歯を丈夫にする「リン」、免疫力を促進させる「セレン」が豊富に含まれているのも嬉しいですね。

 

小型犬や活発な犬におすすめ

カナガンは、どんな犬種・ライフステージの愛犬におすすめできるドッグフードですが、特に消化器官が小さく一度に食べる量が少ない「小型犬」や必要エネルギーの多い「活発な犬」に最適なドッグフードです。

消化吸収率が高いので、少量で効率的に栄養を摂ることができますよ。

 

カナガンの商品データ一覧

名称カナガン チキン
得点97点
内容量2kg
主原材料骨抜きチキン生肉
穀物不使用
合成酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格
【1袋あたり】
1袋:3849円(税込)
2袋~:3635円(税込)
6袋~:3421円(税込)

 

カナガンの体重ごとの1日あたりの価格

※成犬期を想定した場合
1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)6711215218822225528631634537350662785010551247
定期購入時(円)591001351671982262542813073324505587569381108

カナガンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 

おすすめのドッグフードランキング3位:オリジン

オリジン アダルト

 

「生物学的に適正」なドッグフード

オリジンは肉・臓器・軟骨・魚・新鮮全卵などの栄養がぎっしり詰まった食材をふんだんに使用し、犬本来の食生活に近い栄養バランスを再現しています。

犬にとって不必要な穀物や人工添加物は一切使用していませんよ。

 

フリーズドライ加工で新鮮さを維持

オリジンの原材料は新鮮な状態で約マイナス51℃まで急速冷凍し、18時間におよぶ加工工程で凍った水を液体にすることなく、直接氷の蒸気へと変換していきます。

採れたての鮮度そのままに、豊富な栄養とおいしさがギュッと濃縮されています。

 

少量で十分な栄養を補給可能

十分な栄養素とカロリーを補給できるため、より多くのエネルギーを必要とする「活発な犬」におすすめです。

食べる量の少ない小型犬・シニア犬などにも適していますよ。

 

オリジンの商品データ一覧

名称オリジン アダルト
得点100点
内容量2.27kg
主原材料新鮮骨なし鶏肉
穀物不使用
合成添加物不使用
人工添加物不使用
購入価格6156円(税込)

 

オリジンの体重ごとの1日あたりの価格

※成犬期を想定した場合
1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)7712917421625629332936439743058072297912141435

オリジンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 

おすすめのドッグフードランキング4位:ティンバーウルフ

ティンバーウルフ

 

「リビングにいる狼(オオカミ)」を実現

ティンバーウルフは「犬が本来持っている食餌本能に従った餌」をコンセプトに、栄養バランスからおいしさの感じ方まで、野生で見られるような食餌にできるだけ近づける工夫をしています。

主原材料のニシンは、タンパク質・消化吸収率ともに高い水準を誇ります。

 

胃腸をサポートする「プロバイオティクス」配合

プロバイオティクスとは、腸内で活躍する善玉菌を指します。

プロバイオティクスを食事から摂取することで、腸内環境の改善や消化吸収のサポートが期待できますよ。

善玉菌は免疫力と密接な関わりがあるため、愛犬の病気に負けない体づくりにも効果的です。

 

成長期の愛犬をサポート

ティンバーウルフは高タンパクかつ消化吸収率が優れているため、より多くの栄養を必要とする「成長期の犬」や、消化器官の衰えがちな「シニア犬」におすすめです。

 

ティンバーウルフの商品データ一覧

名称ティンバーウルフ オーシャンブルー・レジェンド
得点100点
内容量1.36kg
主原材料ニシン
穀物不使用
合成酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
購入価格3024円(税込)

 

ティンバーウルフの体重ごとの1日あたりの価格

※成犬期を想定した場合
1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)621041401742062362642923193454685817879761154

『ティンバーウルフ』の購入ページへ

ティンバーウルフの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 

おすすめのドッグフードランキング5位:ヤラー グレインフリー

ヤラー(グレインフリー)

 

ヨーロッパのオーガニック市場でNo.1

ヤラーの原材料である鶏は自然のもとで、オーガニックにこだわった飼料によりストレスなく育てられています。

抗生物質・ホルモン剤・農薬などは一切使用していません。そのこだわりは、ペットフード先進国であるヨーロッパのオーガニック市場においてNo.1を獲得しています。

 

穀物・人工添加物不使用

犬にとって消化の苦手な穀物や、悪影響を及ぼす危険性のある人工添加物は一切使用していません。

肉類をはじめとした、本当に必要な栄養を補給できる原材料のみを厳選して使用していますよ。

 

安全性にこだわりたい家庭におすすめ

ヤラーは、オーガニックにこだわりたい全ての飼い主さんと愛犬にとって最適なドッグフードです。

原材料の安全性が高いといえるため、特に食生活から影響を受けやすい「シニア犬」におすすめですよ。

 

ヤラー グレインフリーの商品データ一覧

名称ヤラー グレインフリー
得点98点
内容量2kg
主原材料鶏肉
穀物不使用
合成酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
購入価格5799円(税込)

 

ヤラー グレインフリーの体重ごとの1日あたりの価格

※成犬期を想定した場合
1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)83139188234276316355393429464629780105713111550

『ヤラー グレインフリー』の購入ページへ

ヤラー グレインフリーの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 

おすすめランキングに掲載したドッグフードの比較早見表

モグワンカナガンオリジンティンバーウルフヤラー
得点96点97点100点100点98点
主原材料 チキン生肉骨抜きチキン生肉新鮮骨なし鶏肉ニシン鶏肉
100gあたりエネルギー344kcal361.25kcal 398kcal406kcal394kcal
穀物不使用
合成酸化防止剤不使用 ◎
人工添加物不使用 ◎
購入ページへ購入する購入する購入する購入する購入する

 

5つのドッグフードが選ばれた理由を分析!6つの基準とは?

犬 かわいい
ドッグフードの安全性の基準
原材料1. 主原材料が動物性タンパク質源か
2. 好ましくない原材料がないか
3. 合成酸化防止剤が使われていないか
4. その他の人工添加物が使われていないか
成分バランス5. タンパク質量が最低基準を満たすか
6. 脂肪量が最低基準を満たすか

現在日本には100種類以上のドッグフードが存在します。いざペットショップでフードを選ぼうとしてもなかなか大変ですよね。

ここでは、ドッグフードを購入する前に抑えておきたい6つの基準について詳しくまとめています。このページで扱っている5つのドッグフードは、これらの基準を満たしていますよ。

 

1. 主原材料が動物性タンパク質源か

主原材料とは、原材料表の先頭に記載されている原材料名のことで、「そのドッグフードのなかで最も多く使われている」ということを意味しています。

犬の生育に欠かせない重要な栄養素は「動物性タンパク質」です。効率的に摂取できるよう、主原材料が動物性タンパク質を含む獣肉・魚などが使用されている製品を選ぶことが望ましいですよ。

 

2. 好ましくない原材料がないか

好ましくない原材料の例

  • ミートミール、肉粉
  • 肉副産物
  • 動物性油脂
  • 穀物

これらのような原材料は、「どの種類の肉や脂肪が使用されているのか」を私たちの目だけでは判断することができません。

なかには廃棄用の肉や骨・足・くちばしなど、人間でも食べないような低品質なものが使用されている可能性があります。決して良いとはいえない品質を隠すために、あえてあいまいな表記をしていることも考えられます。

また「とうもろこし」「小麦」などの穀物は肉食動物である犬にとってはうまく消化することができないため、好ましくはありません。

 

3. 合成酸化防止剤が使われていないか

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことをいいます。強力な酸化防止効果を持つ反面、発がん性や染色体異常など犬の体に悪影響を与える危険性があります。

犬に害のない自然のハーブやビタミンなどを用いた「天然」酸化防止剤もありますので、こちらが使用されているドッグフードを選ぶことをおすすめしますよ。

 

4. その他の人工添加物が使われていないか

着色料・発色剤・着香料など、合成酸化防止剤以外の人工添加物が使用されていないドッグフードが望ましいです。

犬は嗅覚で食べ物を判断するため、フードの色味を決める着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。

着香料は犬の食いつきを高めることができるので効果的のように思えますが、無理やり味付けしないと犬が食べないような低品質の原材料を使用している、という可能性が考えられます。

 

5. タンパク質量が最低基準を満たすか

AAFCO最低基準(乾燥重量比)

  • 幼犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める犬の生育に最低限必要な栄養水準(乾燥重量比)※1を満たすドッグフードを選ぶことをおすすめします。

特にタンパク質は犬の体をつくる最も重要な栄養素なので、基準を十分に満たすドッグフードが望ましいですよ。

※1. フード中に含まれる水分量を除外して計算した成分値の割合のことを指します。フード記載の保証値÷(100‐水分量)で算出します。

 

6. 脂肪が最低基準を満たすか

AAFCO最低基準(乾燥重量比)

  • 幼犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

脂肪量もタンパク質量と同じく、AAFCOの定める最低基準を満たすドッグフードが望ましいです。

 

 

おすすめランキングに掲載のドッグフードを愛用する飼い主さんの声

 

実際に本記事で紹介したドッグフードを愛用している飼い主さんたちにインタビューしたところ、以下の様な返答をしてくれました。

 

愛犬には良いものをあげたい!

確かに高額ですが、愛犬の健康と長生きのための投資と考えています。1食あたりの値段で考えれば50円ほどなので、実はあまり高くないんです(^^)

樋口さん&トイプードルAMOちゃん(2歳)

 

驚くほどの食べっぷり!

最初に袋をあけたとき、普通のドッグフードよりも美味しそうなにおいがしました。まずあけてみると、驚くほどの食べっぷりで、完食したあとにはお皿まで舐めていました。こんなに美味しいのに、健康サポートまでしっかりしてくれるのは嬉しいですね。

野沢さん&ジャックラッセルテリア アントンくん(1歳)

 

便も健康的で元気いっぱい!

ナチュラルドッグフードに出会ってから完食するようになり、もっと頂戴といっておねだりします便も健康的で元気いっぱいです

ミッキーのバーバさん&パピヨン ミッキーくん(1歳5ヶ月)

 

愛犬に合ったドッグフードを

犬_サモエボ_餌

ドッグフードはたくさんの種類が発売されています。

無添加のもの、アレルギー対応されたもの、ダイエット用など、目的に合わせて幅広く選ぶことができますよ。

値段との相談をしながら、できるだけ良質な素材を重視して選んであげてくださいね。

すべての飼い主さんが愛犬と一日でも長く健康で元気に暮せますように。