便秘気味のときにおすすめのキャットフードはこれ!選ぶ基準も解説!

猫がうんちをしなくなると、うんちは健康のバロメーターですし、「何か病気…?」と心配になりますよね。

人間以外の動物にも便秘の症状は見られますが、中でも猫は便秘になりやすい動物と言われています。

ご自身が普段から便秘気味の方は「そのうち出るでしょ」と軽く考えてしまうかもしれませんが、猫の便秘は放置していると手術が必要になってしまう場合も。

どうして便秘になるの?
便秘になったらどうすればいいの?
便秘にならないために食べさせたほうがいいものはある?

など、この記事では、便秘になる原因、便秘対策に有効なおすすめキャットフード5選、選ぶポイントなどについてまとめました。

愛猫が便秘?どんな症状?

人間だけでなく、猫も便秘になります。猫は自分で「便秘気味だなぁ、食物繊維を摂らないとなぁ」なんて思わないので、飼い主さんが気をつけて、気がついてあげる必要があります。

では、どういう症状が出たら便秘を疑えばいいのでしょうか?

2日以上うんちをしていない

一番わかりやすいのは、うんちが2日以上出ていないという場合です。

うんちをする頻度やタイミング、うんちの量などについては食べているご飯の種類や、猫の個体によっても異なります。なので、一概には言えませんが、一般的に2日以上排便がない場合は、便秘と診断されます。

多頭飼いしている場合には、猫のトイレは専用のものを用意してあげないと、猫のストレスにもなりますし、どの子がどういううんちをしているのか飼い主さんにも判断がつきません。トイレとお皿は、その子専用のものを用意してあげてくださいね。

うんちのキレが悪く、何度もトイレへ行く

うんちが硬かったり、詰まっていたりして、何度もトイレへ行くのにちょこっとしかうんちが出ないという場合も、便秘が疑われます。

トイレへ行って力んでいる様子なのに、うんちが出ない

トイレへ行って、うんちをしている気配があるのに、トイレにうんちが残っていないという場合は、力んでいるのにうんちが出ないという状態です。

この状態でも既に便秘が疑われますが、この状態が続くと力む時に痛みが生じることがあり、そうなると猫が排便を嫌がってしまい便秘が悪化してしまうことも。

うんちがいつもより硬い、乾燥している

通常、猫のうんちは70%程度が水分なのですが、その水分が減ると硬くて乾燥したうんちになります。

うんちが毎日出ていても、硬くて乾燥した、コロコロとしたうんちしか出ていない状態が数日続く場合は、こちらも便秘が疑われます。

猫の便秘、原因は?

猫 かわいい 素材

原因

  • 食生活の偏り
  • 水分不足
  • 運動不足
  • 高齢化
  • ストレス
  • 遺伝
  • 薬の副作用
  • 排泄時の痛み

猫が便秘になる原因は「食生活の偏り」「水分不足」「運動不足」「高齢化」「ストレス」「遺伝」「薬の副作用」「排泄時の痛み」の8つです。

消化の悪いキャットフードを与えていることが原因となる場合も多いので、フードを変更することで便秘が解消されることもありますよ。

食生活の偏り

猫のうんちも、人間と同じように、食べたものによって大きく状態が異なります。

フードが合っていない、おやつばかり食べさせているなどの原因で腸内環境が乱れてしまい、うんちの調子が悪くなってしまうことがあります。

そういう場合、便秘の子に栄養バランスのいい食事や、食物繊維が豊富に含まれている食事を与えると、回復することがあります。

ただ、食物繊維が多く含まれているフードをいきなり与えてしまうと、今度はお腹がゆるくなってしまうこともありますので、少しずつ与えて様子を見るようにしてくださいね。

消化・吸収しやすいフードを普段から与えることも大切です。

水分不足

柔らかく、健康的なうんちを出すためには水分が必要です。水分がなくなると硬いうんちになってしまい、排便するのが大変なのでうんちをしなくなるということも。

ただ、猫はあまり積極的に水を飲む動物ではありません。器が気に入らないとか、水飲み場が汚れている、他の猫用の水飲み場が近すぎるといった理由だけでも飲まなくなってしまいます。

猫が水をあまり飲まないという場合は、まず、器や場所を変更してみて、できるだけ快適な水飲み場を整えて、猫が水分不足にならないようにしてあげましょう。

どうしても水を飲まない場合は、ウェットフードやスープを与えるのもおすすめです。

運動不足

運動不足も、消化器官の動きが悪くなってしまう原因になるため、便秘や下痢になることがあります。運動しないことでストレスが溜まって、腸内環境が乱れてしまうことも。

病気や怪我などがある場合は無理に運動させない方がいいですし、運動のしすぎも体に良くありませんが、健康な猫には適度な運動が必要です。

おもちゃで遊んであげたり、キャットタワーなどを用意してあげたりと運動しやすい環境を整えてあげましょう。

高齢化

シニア猫は筋力が落ちていくため、排便時に力むことが難しくなります。人間も、男性より、腹筋の少ない女性の方が便秘になりやすいですよね。

シニア猫は運動量も減るので、飼い主さんが積極的に運動を促してあげることや、消化しやすいシニア用のフードに変えてあげることが大切です。

ストレス

猫は、ストレスを感じやすい動物です。ストレスを感じていると、

・必要以上に爪とぎをする
・そこかしこにマーキングをする
・トイレ以外の場所でうんちをする
・固まったように動かなくなる
・隠れて出てこなくなる

などの行動を起こします。もちろん、もともとそういった行動をする子もいますが、「普段はこんなことしないのに…」という場合にはストレスが溜まっている場合があります。

猫は、さまざまなことにストレスを感じています。

・車や電車などで外出する頻度が高い
・引越し、ホテル、入院など住環境の変化があった
・部屋に、新しい家具や家電が増えた
・知らない人が頻繁に家へ来る
・自分専用のお皿、トイレがない
・部屋の中、外が騒がしい

と、人間にとっては些細なことばかりですが、猫にとってはかなり大きなストレスとなってしまいます。

ストレスを溜め込まないためには、猫にとって快適な空間を用意してあげて、毎日コミュニケーションをとってあげることが必要です。ストレスは、便秘以外にも胃腸炎、膀胱炎、心因性脱毛など、さまざまな病気の原因となりますので、気をつけてあげてくださいね。

遺伝

骨格の形や、腸の長さなどによって便秘になりやすいことがあります。これらは親猫から遺伝することが多く、遺伝が原因で便秘になりやすいと言えます。

また、尻尾のない種類の猫・マンクスなどは腸に障害が起きやすいため、便秘などのトラブルが出やすいと言われています。

親猫が便秘気味だった場合や、マンクスなどを飼っている方は、特に気をつけてあげてくださいね。

薬の副作用

内服している薬が原因で、便秘になってしまうこともあります。カルシウム剤や、制酸剤、利尿作用のある薬などが原因となることが多いです。

処方された薬を服用中に便秘になってしまった場合は、処方された病院で相談するといいですよ。

排泄時の痛み

うんちをするとき、痛そうに鳴き声をあげていたり、お尻を触られるのを嫌がったりする場合は、排泄時に痛みが生じている可能性
があります。

痛みが嫌でうんちを我慢してしまい、便秘となってしまうのです。

排泄時に痛みが生じる場合、いくつかの原因が考えられます。

・神経、筋肉の異常
・骨盤の異常
・肛門線の異常
・腸の中に異物がある
・腸や肛門で炎症が起きている
・腸や肛門に腫瘍がある

などが原因となって、排泄時に痛みが生じている可能性があります。痛そうにしていたら、病院へ連れていってあげましょう。

猫の便秘、どう対策する?

猫が便秘になってしまった場合や、なってしまう前に対策したい場合に、飼い主さんができることについてご紹介します。

ストレスのない環境を整えること

まず、ストレスのない環境を用意してあげることが大切です。人間よりもストレスを感じやすい動物なので、どういう環境が猫にとって快適なのかを考えて、対策をとりましょう。

また、異物の誤飲が原因で腸が詰まってしまうこともあるので、猫の行動範囲内におもちゃや化粧品などが転がっていないよう、気をつけてくださいね。

普段から様子をチェックしておくこと

健康な時にどういう行動をとっているか、ということがわかっていないと、便秘などになった時に異常に気づくのが遅れてしまいます。

便秘に限らず、病気などは早めに気がついて治療してあげることが何よりも大切です。普段の様子をしっかりチェックして、様子がおかしい時にはためらわずに病院へ連れて行ってあげましょう。

水分を摂らせること

猫はもともと、あまり水を飲まない動物です。

あまり水が減っていないなという時には、お口の中の病気なども考えられるので、まずは口腔内をチェックしてあげましょう。

お口の中に問題がないのにお水を飲まない場合は、お皿などが気に入らないという可能性があります。お皿の材質、置く場所などを工夫するだけでも水を飲んでくれるようになることがありますよ。

消化、吸収のいいフードを食べさせること

便秘になる大きな理由は、「食べているもの」です。

食事のバランスが悪かったり、消化の悪いものを食べたりしていると、私たちも便秘や下痢になりますよね。猫も同じです。

猫は本来肉食の動物なので、良質なタンパク質を含んだ質のいいキャットフードbを与えるだけでも、うんちの状態が改善することがあります。

便秘対策のキャットフード、選び方のポイントは?

猫 かわいい 素材

便秘対策のキャットフード、選び方のポイント

  • 1. 主原料が動物性タンパク質源
  • 2. 適度な食物繊維
  • 3. 適度な脂質
  • 4. 腸内活動を支える成分含有
  • 5. 水分含有量が多い

1. 主原料が動物性タンパク質源

動物性タンパク質の含有量が多いほど無駄なく栄養が吸収されるので、排出量が減り腸内に便が溜まりにくくなります。

動物性たんぱく質は肉や魚に多く含まれているので、主原料に肉や魚が使用されているフードがおすすめです。チキンやサーモンといったように名称を明記しているものを選ぶようにしてくださいね。

「○○ミール」や「肉類」としか書いていないものの多くは質が低いフードなので選ぶべきではありませんよ。白身魚は消化吸収に良く、便秘解消にぴったりの食事です。

2. 適度な食物繊維

食物繊維は便秘の解消に役立ちますが、たくさん摂取する必要はありません。「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類のバランスが大事ですよ。

水溶性の繊維は主に野菜・果物・海藻類に含有されており、余分な脂質の吸収を抑え腸を整える作用があります。

不溶性の繊維は豆類や穀物類に含有されており、便の通りを良くしたり有害物質を排泄してくれます。

3. 適度な脂質

脂質は、腸内での便の滑りを良くして排泄しやすくする作用があります。

ただ、摂取し過ぎると下痢の原因になるので、15~20%を目安に選ぶようにしてくださいね。

4. 腸内活動を支える成分を含む

腸内活動を支えてくれる成分はたくさんありますが、「オリゴ糖」には便秘解消、「乳酸菌」には腸内の善玉菌を増やし健康的な腸内環境をサポートします。

排泄しやすい体づくりをサポートしてくれる、これらの成分が含有されているものを選ぶようにしてください。

5. 水分量が多い

猫は水分の摂取量が少ないので、便が固くなりやすいです。

水分量10%ほどのドライフードではなく、ウエットフードを与えてあげると食事と一緒に水分補給ができますよ。ウェットフードを好まない猫にはドライフードにトッピングして与えてみてくださいね。

ただしウェットフードを与えすぎると水分不足にはならないものの食物繊維の不足が考えられるのでバランスが大事です。

便秘対策におすすめのキャットフード

1:モグニャン

モグニャンキャットフード
メイン食材 白味魚
酸化防止剤 ローズマリー抽出物
人工添加物 不使用
穀物 不使用
賞味期限 開封後1ヶ月半
内容量 1.5kg
価格 4,356円(税込)

「モグニャンキャットフード」は、猫の自然な食事に近い食材だけを厳選したキャットフードです。

穀物の多いフードは便秘をはじめとしたトイレトラブルの原因になりやすいですが、モグニャンは穀物不使用なので安心です。

また、食物繊維が豊富な「さつまいも」や「リンゴ」、良質なオイルなど便秘改善をサポートするレシピになっています。

芳醇な香りで食欲を刺激するレシピになっているだけでなく、白味魚を主原料とした高タンパクフード
なので少量でも十分な栄養を摂取することができます。

良質な原材料を使用しているので、人工の香料などを使用していないのに猫の食いつきがいいのも特徴です。

全ての年齢の猫に適したフードで、多頭飼いしている場合でも使いやすいですね。

\pepy見た方限定! /
モグニャン半額キャンペーン実施中!

初回50%OFF!
¥3,960(税抜)¥1,980(税抜)
※定期購入の初回価格が半額になるキャンペーンです。

詳しくは、「モグニャン公式サイト」をご確認ください。

2:シンプリー

シンプリーキャットフード
メイン食材 骨付き生サーモン
酸化防止剤 ビタミン
人工添加物 不使用
穀物 不使用
賞味期限 開封後3ヶ月
内容量 1.5kg
通常購入価格 3,960円(税抜)
定期購入価格 3,564円(税抜)

シンプリーには主原料の「サーモン」に加え、「ニシン」「マス」「白身魚」など魚メインのプレミアムキャットフードです。

食物繊維を多く含む「じゃがいも」「さつまいも」もたっぷり含有されているため、お腹の健康を維持し、便秘リスクの低減につながると考えられています。

シンプリーはグレインフリーなだけでなく、消化のしやすい高品質タンパク質など原材料にこだわって製造されているので、便秘の原因が食べ物の場合は、シンプリーに切り替えるだけで改善が期待できます。

他にも、尿路結石のケアに有効なキナ酸、毛玉の排泄をサポートしてくれるオリゴ糖なども含まれていて、愛猫には少しでもいいものを食べさせてあげたい、と考える方におすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg 8kg 9kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 50kg
通常購入時(円) 74 124 168 208 246 282 317 350 383 414 561 696 943 1170 1383
定期購入時(円) 59 99 135 167 197 226 254 280 306 331 449 557 754 936 1106

※成猫期を想定した場合

3:オリジン

メイン食材 新鮮鶏肉
酸化防止剤 ローズヒップ
人工添加物 不使用
穀物 使用
賞味期限 開封後1ヶ月
内容量 1.8kg
購入価格 6930円(税込)

オリジンは、ヒューマングレードの高品質な原材料を使って作られた、すべての猫におすすめできるバイオロジックフードです。

ヒューマングレードとは、人間用食品の基準と同じ基準で作られたフードのこと。自社製造にもこだわっていて、高品質な食材を徹底した管理下で調理、製造されています。

主原料には動物性タンパク質が豊富な「新鮮骨なしチキン」を使用していて、原材料の約90%がお肉でできています。そのうち3分の2は新鮮肉または生肉で、鮮度が高い原材料が使用されているのも特徴です。

食物繊維が豊富で健康的な腸内環境をサポートする「カボチャ」「リンゴ」なども配合されています。

できるだけ「猫本来の自然な食事」に近づけるよう考えられていて、炭水化物についてもレンズ豆やひよこ豆など、低GI値の炭水化物が少量使用されているだけとなっています。低GI値の炭水化物は、血糖値を安定させ、脂肪が蓄積しにくい炭水化物です。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg 8kg 9kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 50kg
価格(円) 79 132 179 221 262 300 337 372 406 440 596 739 1002 1243 1469
※成猫期を想定した場合

4:ファインペッツ

FINEPET'S ファインペッツ キャットフード
メイン食材 アヒル肉、ニシン
酸化防止剤 ビタミン
人工添加物 不使用
穀物 使用
賞味期限 製造18ヶ月
内容量 1.5kg
通常購入価格 3429円(税抜)
お試し価格 1000円(税抜)

ファインペッツは、主原料に動物性タンパク質が豊富な「アヒル肉」と「ニシン」を使用しています。ヒューマングレードで、「世界最高品質で、安心安全」なキャットフードとして販売されています。

食物繊維が豊富な「ポテト」「チコリ」、健康的な腸内環境をサポートする「ユッカシジゲラ」なども配合されているので、便秘対策にもバッチリ。

消化・吸収のいい食材を使用していて、全年齢の猫に食べさせることができるフードです。粒は直径8mmほどで、小さく、口の小さな猫でも噛みやすい形状をしています。

賞味期限は製造から18ヶ月と長めですが、開封した場合には、3ヶ月程度で使い切ることが推奨されているようです。

便秘以外にも健康状態を改善したり、毛艶をよくしたりという効果が期待できます。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg 8kg 9kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 50kg
価格(円) 58 97 132 163 193 221 248 275 300 324 440 545 739 917 1084
※成猫期を想定した場合

5:クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
メイン食材 ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ
酸化防止剤 ビタミン
人工添加物 不使用
穀物 不使用
内容量 1.81kg
購入価格 4,406円(税込)

クプレラのホリスティックグレインフリーキャットフードは、消化に優れる「魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)」を主原料に使用している総合栄養食です。

食物繊維が豊富な「藻類(昆布)」「チコリ」なども配合されていますし、消化不良の原因になる穀類や合成添加物も不使用となっています。

さらに、消化酵素、プロバイオティクス(善玉菌など)、マルチビタミンなどの成分が腸内環境を整えてくれるので、便秘の対策に最適です。

全年齢対象のフードで、お肉や穀物にアレルギーがある子でも安心して食べさせることができます。年齢や活動量、体重に応じてフードの量を調整してあげてくださいね。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg 8kg 9kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 50kg
価格(円) 61 102 138 171 202 232 260 288 314 340 461 572 775 961 1136

※成猫期を想定した場合

フードを切り替える前に、日々の運動も取り入れてみよう!

猫 かわいい 素材

便秘が悪化すると免疫力が低下、衰弱しウイルスや細菌が侵入しやすくなります。

便秘解消には、フードの切り替えに加えて日々の運動や水分摂取にも気をつかうことが大切です。水分摂取量に気を使いながら、たくさん運動させてあげてくださいね。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。