低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード5選!選び方や注意したいポイントは?

低脂肪・低カロリーのフードは体型のコントロールに適していますが、選び方や使用法を間違えると猫の体に害になってしまいます。

この記事では低脂肪・低カロリーフードのおすすめ5選、選び方、注意点などについてまとめました。

 

低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード1:モグニャン

モグニャンキャットフード
得点96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

主原料には、低脂肪で肉食動物である猫に必要な栄養素であるタンパク質がたっぷり含まれている白身魚を使用しています。

白身魚は動物性タンパク質量が豊富に含まれているだけでなく、低脂肪・低カロリーなのでダイエットや肥満対策に最適なフードですよ。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない猫であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124

※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 \ このおトクさは今だけ! /
 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード2:シンプリー

シンプリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3,564円(税抜)

原材料のほとんどを動物性タンパク質の「魚」が占める、魚介系キャットフードといえます。魚肉は良質であることはもちろん、チキンやビーフに比べて低カロリーであることも特徴的です。

脂肪分が適度に抑えられているプレミアムキャットフードとして、ダイエット中の愛猫におすすめしたい商品です。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7412416820824628231735038341456169694311701383
定期購入時(円)59991351671972262542803063314495577549361106

※成猫期を想定した場合

 

低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード3:カナガン

カナガンキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

原材料に粗悪なものが一切含まれず、栄養バランスもとれているフードです。普段与える「主食」としてもおすすめできるキャットフードですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7212116420324027530934147340354667891911401347
定期購入時(円)58971311631922202472732983234375427359121078

※成猫期を想定した場合

 

低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード4:クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
内容量1.81kg
購入価格4,406円(税込)

主原料に使われている魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)は、タンパク質と脂質ともに申し分ない良質な食材です。ダイエットだけでなく、普段使いにも向くフードですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)611021381712022322602883143404615727759611136
※成猫期を想定した場合

 

低脂肪・低カロリーのおすすめキャットフード5:ジャガー

catfood_jagar ジャガー
得点98点
メイン食材骨抜きチキン生肉、鴨生肉、生サーモン、生マス
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
内容量1.5kg
通常購入価格4622円(税込)
定期コース価格3,852円(税抜)

主原料の動物性タンパク質には「サーモン」や「マス」など、消化に優しい食材をメインに使用しています。ビーフやチキンのみのキャットフードに比べてかなり低カロリーといえます。

消化できない穀物は一切含まれていません。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)79133180223263302339375409443600744100912511479
定期購入時(円)6310614417821124227130032735448059580710011183

※成猫期を想定した場合

 

低脂肪・低カロリーのキャットフード、選ぶポイントは?

shutterstock_59847562

低脂肪・低カロリーフードを選ぶポイント

  • 1. 主原料が肉や魚
  • 2. 穀物不使用
  • 3. 適切な脂質量

 

1. 主原料が肉や魚

猫にとって最も重要な栄養素は動物性タンパク質なので、肉類や魚類などを主原料に使用しているフードがおすすめです。消化吸収が良いので筋肉量が増えるうえ代謝も上がるので、カロリーを消費しやすい体づくりをサポートします。

フードによっては脂肪やカロリーを抑えるために主原料に穀物や繊維質を使用していることもあるので、きちんと原材料を確認するようにしてくださいね。

 

2. 穀物不使用

穀物は脂肪になりやすい特徴があります。

穀物の主成分である炭水化物は体内でブドウ糖に分解され、ブドウ糖が食材に含まれる脂肪分と結びつくことで皮下脂肪や中性脂肪に蓄積されます。

様々な皮膚病やアレルギーの原因にもなるので、グレインフリーのフードを選ぶようにしてくださいね。

 

3. 適切な脂質量

AAFCO最低基準

  • 9.0%以上

一定量の脂質は猫の発育欠かせない成分なので、AAFCOが提示している基準量を大幅に下回っているキャットフードはおすすめできません。9~20%ほどの脂質量がおすすめですよ

 

低脂肪・低カロリーのキャットフードがおすすめの猫は?

猫 素材

低脂肪・低カロリーキャットフードが適しているのは「代謝が落ちた老猫」「肥満気味の猫」です。

 

代謝がおちた老猫

カロリー消費が少なくなった猫に、成猫と同じ分だけ与えていると肥満気味になります。肥満予防のために低カロリーなキャットフードに移行したほうがいいですね。

 

肥満気味の猫

太りすぎると心臓や関節への負担が増えてさらに大きな病気を招きやすいです。糖尿病にもなりやすいですね。普段の運動を見直すとともに低カロリーな食事に変えると元の体型に戻しやすいですよ。

室内で飼っていると野良猫よりも運動量が少ないので肥満になりがちです。

 

低脂肪・低カロリーのキャットフード、注意点は?

shutterstock_176700107

太っているからと安易に低カロリーなフードに変えるのではなく、運動・ストレス・普段のフードの量など太ってしまった原因を見直してみることが大切です。

そのうえで低カロリーにする必要があれば、問題の解決に最も適したフードを選びます。

 

穀物を多く使用しているものは避ける

低脂肪・低カロリーを謳っているフードの中には肉や魚などではなく、米やトウモロコシなどの穀類を主原料に使用しているものも多いです。

猫は穀類などの炭水化物の消化・吸収を苦手としており、糖質は脂肪となって蓄積されてしまいます。

 

食物繊維の摂りすぎに注意する

繊維質が多く含まれていると便秘になりやすく、内臓に負担をかけてしまいがちです。

ビートパルプ(栄養素を含まない繊維質)などを使用しているものではなく、サツマイモが使われているものや、オリゴ糖が入っているものがおすすめです。

 

ストレスになるおそれ

低カロリーは体型コントロールに適している一方、必要な栄養素が不足しがちで、満足感を得られないことことから大きなストレスになる可能性があります。

猫は本来肉食で油っこいものが好きなうえ、嗜好性が強いので食事にはうるさい動物です。好みのものを食べられないというストレスが生じてしまいますよ。

太りすぎ、病気など特定の状態以外であれば、低カロリーなフードではなく好きなものを美味しく食べさせたほうが健康的です。

 

愛猫に合ったフードが一番!

shutterstock_287949446

単に愛猫が太ってしまったという理由で低脂肪・低カロリーのフードを選ぶことはおすすめできません。

タンパク質や脂肪分が不足すると発育不良や皮膚・被毛のツヤがなくなる、免疫力の低下などを招いてしまうので、まずは適度な運動などから始めることが大切ですよ。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。

キャットフードの選び方 メニュー