おすすめのオーガニックキャットフードはコレ!有名12種類比較、基準も解説!

キャットフードを購入する時オーガニックにこだわる飼い主さんも多いのではないでしょうか。オーガニックは原材料にもこだわりたい飼い主さんにぴったりのキャットフードです。

この記事では、編集部がおすすめするオーガニックキャットフード、評価基準、オーガニックと無添加の違いなどについて説明しています。

 

オーガニックキャットフードおすすめ1. モグニャン

モグニャンキャットフード
得点96点
メイン食材白身魚
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

モグニャンは、粗タンパク質30%・粗脂肪分16%で、AAFCOが定める基準を十分に満たしているオーガニックフードです。

主原料に使われている白身魚は、高タンパク・低脂肪なだけでなく消化にも優れています。穀類や人工添加物も不使用なので、猫種や年齢を問わずすべての猫に対応可能な大人気のキャットフードですよ。

エンドウ豆を使用しているので100点満点ではありませんが、大豆やエンドウ豆にアレルギーを持っていない猫であれば与えても問題ありません。

初回は半額で購入できるため、「最高級品質」に加え「買いやすさ・試しやすさ」も評価して1番のおすすめです。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7512617121225028732235638942157070795811891405
定期購入時(円)601011371692002302582853113364565667669511124

※成猫期を想定した場合

モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はこちらです。

 初回50%OFF! 
 モグニャン半額キャンペーン実施中!

 

モグニャンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

 

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり232円1日あたり116円※
※ 体重5㎏の成猫の給餌量を想定

 

オーガニックキャットフードおすすめ2. シンプリー

シンプリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材骨付き生サーモン
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後3ヶ月
内容量1.5kg
通常購入価格4276円(税込)
定期購入価格3,564円(税抜)

シンプリーは粗タンパク質を37%、脂質を20%含むオーガニックキャットフードです。

人工添加物や穀物は一切不使用、メイン食材には魚肉を使用しているのでオーガニックキャットフードの中でも消化がしやすく人気の商品ですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7412416820824628231735038341456169694311701383
定期購入時(円)59991351671972262542803063314495577549361106

※成猫期を想定した場合

 

オーガニックキャットフードおすすめ3. カナガン

カナガンキャットフード
点数100点(満点)
メイン食材乾燥チキン、骨抜きチキン生肉
酸化防止剤ビタミンE
人工添加物不使用
穀物不使用
賞味期限開封後1ヶ月半
内容量1.5kg
価格4276円(税込)

カナガンは穀物不使用、合成添加物不使用のオーガニックキャットフードです。

主原料のチキンは猫の体にマッチしたタンパク質で、総タンパク質量、脂質量ともに基準を満たしています。原材料の安全性は満点評価ですよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
通常購入時(円)7212116420324027530934147340354667891911401347
定期購入時(円)58971311631922202472732983234375427359121078

※成猫期を想定した場合

 

オーガニックキャットフードおすすめ4. クプレラ

クプレラ ホリスティックグレインフリーキャットフード
得点100点(満点)
メイン食材魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)
酸化防止剤ビタミン
人工添加物不使用
穀物不使用
内容量1.81kg
購入価格4,406円(税込)

クプレラも穀物・合成添加物不使用のオーガニックキャットフードです。

主原料に使用されている魚類は高たんぱく低脂肪なので、ライフステージを問わず全ての猫に与えることができます。タンパク質含有量・粗脂肪分もAAFCOが定める基準を満たしていますよ。

体重ごとの1日あたりの価格

1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg10kg15kg20kg30kg40kg50kg
価格(円)611021381712022322602883143404615727759611136

※成猫期を想定した場合

 

オーガニックのキャットフード12種比較表!

猫 かわいい 素材
フード名得点(100点中)内容量価格(税込)穀物
カナガン100点1.5kg4276円不使用
シンプリー100点1.5kg4276円不使用
オリジン100点1.5kg4622円不使用
アカナ100点2.27kg5940円不使用
モグニャン96点1.5kg4276円 不使用
アーガイルディッシュ93点2kg4665円 不使用
SGJプロダクツ86点1.81kg3434円 ひきわりミレット、ひきわり大麦、米糠
アボダーム85点1.4kg3145円 不使用
オーガニクス83点1.81kg3996円不使用
アルモネイチャー82点2kg4104円米、大麦、トウモロコシ
アズミラ80点1kg2322円 全粒ひきわり小麦・全粒ひきわりコーン
forza1065点1.5kg3456円 有機スイートコーン

 

 

オーガニックキャットフードとは?無添加と違う?

猫 素材

人間用の食材と同様に、オーガニックにこだわって生産されているキャットフードもたくさんありますよ。

成長期の子猫が有害な添加物を摂取し続けると、成猫になってからも毛並み・肌トラブルに困ることがあります。生後2~6ヶ月は元気な体作りのためオーガニックキャットフードを選んであげるといいですね。

また10才以上の猫も免疫力が下がり添加物の悪影響を受けやすくなるのでオーガニックがおすすめです。

免疫力UPにオススメなキャットフードとその理由はこちらの記事から確認できます。

 

オーガニックと無添加の近い

オーガニックキャットフードとは、化学肥料や農薬を使用せずに有機的な方法だけで栽培された材料のみを使ったキャットフードのことです。

遺伝子組み換えの原料を使用しておらず、過去3年間にわたって原材料となる家畜・鶏・野菜などの飼育・栽培時に肥料を使用していないなど厳しい審査をクリアしたものだけがオーガニックキャットフードと表記できます。特に欧米産は厳しい審査をクリアしたものばかりで品質が高いです。

あくまでオーガニック認定を受けた原材料を一部またはすべてで使用しているという意味であって、ペットフードそのものがオーガニック認定されていると間違われやすいですね。

無添加とは、製造段階において着色料や防腐剤などの合成化学物を使用していないことを指します。

 

おすすめのオーガニックキャットフードの基準は?

キャットフード 猫 餌 肉

おすすめのオーガニックキャットフードの基準

  • 1. 穀物不使用
  • 2. 合成添加物不使用
  • 3. タンパク質の含有量が30%以上
  • 4. 粗脂肪9%以上

 

基準1:穀類を使用していない

肉食動物である猫は、穀物の消化を苦手としています。

穀物は安価なキャットフードに多く使われていますが、代表的なアレルゲンの1つなので「小麦」や「トウモロコシ」を使用しているフードは避けるようにしてください。

 

基準2:合成添加物を使用していない

合成添加物を含むフードを食べ続けると、昔は平気だった食品でもアレルギーを起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

 

基準3:タンパク質を30%以上含む

AAFCOとは米国飼料検査官協会(Association of American Feed Control Official)の略称で、ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定しています。

AAFCOの基準では、タンパク質の含有率基準は幼猫用キャットフードで30.0%以上、成猫用キャットフードで26.0%以上と定められています。

 

基準4:粗脂肪を9%以上含む

AAFCOによると、粗脂肪の含有率基準は幼猫用・成猫用ともに9.0%以上と定められています。

ただ、粗脂肪は多すぎると過剰摂取になるので「9〜20%」におさまっているフードがおすすめですよ。

 

愛猫にぜひオーガニックキャットフードを!!

猫 素材

価格は高くなりますが、普段のキャットフードをオーガニックに切り替えると愛猫の健康維持にも役立ちます。

キャットフードをオーガニックに切り替える場合は、いきなり変更すると戸惑ってしまい食べなくなってしまうこともあるので、少しづつ切り替えるようにしてくださいね。

キャットフードの選び方 メニュー