ドッグフード「ランダーランド」の原材料を徹底評価!

「Lunderlad(ランダーランド)」は、穀物不使用でアレルギー持ちの犬猫でも安心安全なナチュラルペットフードです。

この記事では「ランダーランド フレークミックス」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。

 

ドッグフード「ランダーランド」を評価

ランダーランド

ランダーランドの総合得点

  • 60点(100点中)

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、「ジャガイモ」を使用しているため、0点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪な原材料が1つも使われていないので40点です。

ランダーランドに使用されているすべての原材料と成分表は「ランダーランドの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

 

着色料、着香料、発色剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので0点となります。

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCOが定めるタンパク質の最低基準「22.5%以上」を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、11.2%以上なので0点となります。

 

粗脂肪

AAFCOが定める粗脂肪の最低基準「8.5%」かつ、過剰摂取にならない「20%以下」の間におさまっている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、1.2%以上なので0点となります。

 

ドッグフード「ランダーランド」の基本情報は?

food
定価2,268円(税込)
内容量500g
カロリー357kcal/100g
生産国ドイツ
販売元株式会社we

「ランダーランド フレークミックス」の基本情報は上の表のとおりです。愛犬が1日で食べるドッグフードの量を150gとすると、1日あたりかかる価格は約680円となります。

 

ドッグフード「ランダーランド」の詳しい原材料と成分一覧は?

food

ランダーランドの原材料

主原料ジャガイモ
その他原材料パースニップ、テンサイ、ニンジン、カボチャ、カブ、ズッキーニ、セロリ

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

 

ドッグフード「ランダーランド」の成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質10.3%以上11.2%以上
粗脂肪分1.1%以上1.2%以上
粗繊維7.5%以下8.1%以下
粗灰分5.6%以下6.1%以下
水分7.8%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

編集部まとめ

犬 素材

ランダーランドは現在販売を中止しています

粗悪な原材料は一切使われていませんが、「主原料が動物性タンパク質のフード」を評価する当サイトの基準では、主原料の「じゃがいも」は減点対象となります。

実際にタンパク質量と粗脂肪量はAAFCOの基準を満たしていません。成長期の愛犬は特に栄養不足になる可能性もありますので、あまりおすすめできないドッグフードです。

100種類以上のドッグフードを比較してたどり着いた「おすすめ」の商品はこちらの記事で紹介しています。

商品購入ページへ

ランダーランド