【販売終了】ドッグフード「バイネイチャー」の原材料を徹底評価!飼い主さんからの口コミ評判は?

「バイネイチャー」は現在、製造終了しているドッグフードです。

この記事では「バイネイチャー ポーク&スウィートポテト」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子猫(離乳~1歳)」と「成猫(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

飼い主さんからの口コミも合わせて紹介していますよ。

 

ドッグフード「バイネイチャー」を評価

71MfhliqQSL._SL1500_

 

バイネイチャーの総合得点

  • 98点(100点中)
内訳得点/配点
子犬成犬
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価38/40点38/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量
5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点98/100点98/100点

 

ドッグフード「バイネイチャー」の点数の内訳は?

犬 素材

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「骨抜きポーク(生肉)」を使用しているため、30点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「食塩」を使用しているため38点となります。

バイネイチャーに使用されているすべての原材料と成分表は「バイネイチャーの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「ミックストコフェロール」が使われていますよ。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

猫はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「33.3%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「20.0%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

 

ドッグフード「バイネイチャー」の基本情報は?

food
商品名バイネイチャー アクティブ ディフェンス
分類総合栄養食
定価販売停止
内容量1.72kg
カロリー361kcal/100g
生産国アメリカ
販売元ブルーシール社
メイン食材骨抜きポーク(生肉)
穀物不使用
酸化防止剤不使用
人工添加物不使用

 

ドッグフード「バイネイチャー」の詳しい原材料と成分一覧は?

素材

バイネイチャーの原材料

主原料骨抜きポーク(生肉)
その他原材料乾燥ポーク、ポテトプロテイン、スイートポテト、エンドウ豆、 ヒラマメ、、ポーク脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)、タピオカ、アルファルファ(日光乾燥)、天然ポーク香料、フラックスシード、ピープロテイン、食塩、塩化カリウム、ニンジン、リンゴ、クランベリー、ブロッコリー、ほうれん草、ターメリック、フェンネル、ブルーベリー、ザクロ、イヌリン、塩化コリン、ユッカシジゲラエキス、ビタミン類[ビタミンE、L-アスコルビン-2-ポリフォスフェイト(ビタミンC源)、ビタミンA、ナイアシン、d-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、チアミン、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、ミネラル類[酸化亜鉛、亜鉛タンパク化合物、鉄タンパク化合物、硫酸鉄、銅タンパク化合物、、マンガンタンパク化合物、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸塩ナトリウム]、乾燥ラクトバチルス・プランタラム醗酵物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵物、乾燥バチルス・サブチリス発酵物、乾燥ビフィドバクテリウム・アニマーリス醗酵物、乾燥ラクトバチルス・カセイ醗酵物、乾燥ラクトバチルス・ヘルベティカス醗酵物、乾燥ビフィドバクテリウム・ロンガム醗酵物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵物

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

ビタミンCは尿路結石の予防に効果があると期待されている成分です。尿路結石におすすめなドッグフードについてはこちらの記事で解説しています。

 

バイネイチャーの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質30%以上33.3%以上
粗脂肪分18%以上20.0%以上
粗繊維5%以下5.6%以上
水分10%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「バイネイチャー」飼い主さんからの口コミ評判は?

素材

良い例

不明

食物アレルギーの対象が多くって フード選びに困っていました。 ポークはアレルギーに優しいので わが子の検査でもポークはスレスレOK、安心して使えます。 娘もお気に入りのようで よく食べてくれます。 ちょっとお値段は高めかもしれないけど、それだけのことはあると感じています。 消化もいいようですよ。
ももちゃんさま

不明

アレルギーがあるのでフードを探すのが大変です。 食べれるもがあっても粒が大きかったり…便の状態が良くなかったり… 今回品質が良くなり、身体も元気で便の状態もますます良くなりました。

不明さま

 

ドッグフード「バイネイチャー」の保管方法は?

犬 素材

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

編集部まとめ

food

現在は販売が終了していますが、栄養面・品質面どちらも最高級レベルのドッグフードです

主原料の「骨抜きポーク(生肉)」は、犬に最も重要な栄養素である動物性タンパク質を多く含む食材です。「骨抜き・生肉」と使用されている肉の状態が明記されている点が高評価です。

またポーク(豚肉)にはビタミンBが豊富に含まれており、疲労回復効果が期待できますよ。

さらに、本フードは穀物と合成添加物を全く使用していない「グレインフリー」かつ「無添加」のドッグフードです。

グレインフリーについてはこちら、無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

犬の主食として申し分ないドッグフードですが、現在では購入できないのが残念です。本フードに劣らない最高品質の購入可能なドッグフードをこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。