ドッグフード「ニュートラム」の原材料を徹底評価!

「ニュートラム」は、独自の予防医学に基づいたハイクオリティのドッグフードです。様々な管理機関の厳しい審査をクリアした工場で製造されており、高い安全性を誇ります。

この記事では「ニュートラム グレインフリー」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

ドッグフード「ニュートラム」を評価

screenshot_3

ニュートラムの総合得点

  • 98点(100点中)
内訳得点/配点
子犬成犬
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価38/40点38/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量
5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点98/100点98/100点

 

ドッグフード「ニュートラム」の得点の内訳は?

犬 素材

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「七面鳥」を使用しているため、30点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「チキンミール」を使用しているため38点となります。

ニュートラムに使用されているすべての原材料と成分表は「ニュートラムの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「ビタミンE」が使われているため、安心して与えることができます。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

猫はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「35.6%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。
本フードの場合、「21.1%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

ドッグフード「ニュートラム」の基本情報は?

素材 疑問
赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名ニュートラム グレインフリー
分類総合栄養食
定価4410円(税込)
内容量2.27kg
カロリー398kcal/100g
生産国カナダ
販売元ニュートラム ジャパン
対応年齢全年齢
メイン食材七面鳥
穀物不使用
酸化防止剤不使用
人工添加物不使用

 

ドッグフード「ニュートラム」の詳しい原材料と成分一覧は?

素材

ニュートラムの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

主原料七面鳥
その他原材料チキン・ミール、グリーンピース、ヒヨコマメ、チキン、全卵、タピオカ、鶏脂肪(ビタミンEとクエン酸で保存)、天然チキンフレーバー、新鮮なあひる、キノアシード、海塩、リン酸カルシウム、カボチャ、ブロッコリ、リュウゼツラン(イヌリンの源)、チアシード、塩化カリウム海草・ミール、ユッカシジゲラ、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンD、ナイアシン、ビタミンC、イノシトール、D-パントテン酸カルシウム、チアミン・ノニトレート、リボフラビン、ベータ・カチン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛蛋白質化合物、硫酸鉄、鉄蛋白質化合物、酸化亜鉛、銅蛋白質化物、硫酸銅、マンガン蛋白質化合物、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、塩化コリン、グルコサミン、ケール、ザク

ビタミンCは尿路結石の予防に効果があると期待されている成分です。尿路結石におすすめなドッグフードについてはこちらの記事で解説しています。

 

ニュートラムの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質32.0%以上35.6%以上
粗脂肪分19%以上21.1%以上
粗繊維3.0%以下3.3%以上
水分10%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

ドッグフード「ニュートラム」の保管方法は?

犬 素材

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「ニュートラム」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

犬 素材
体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg28g60円
2kg47g100円
3kg64g135円
4kg80g167円
5kg94g198円
6kg108g227円
7kg121g255円
8kg134g281円
9kg146g307円
10kg158g332円
15kg214g450円
20kg266g559円
30kg361g757円
40kg448g939円
50kg529g1111円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

柴犬

現在では欠品のため入荷が無く入手が困難ですが、優れた栄養バランスのため、おすすめできるドッグフードです。

犬に最も重要なタンパク質が35.6%以上も含まれています。「必要なエネルギー量が多い小型犬」「成長ざかりの成犬」「食の細くなりがちなシニア犬」など、すべてのライフステージの愛犬に適したフードですよ

さらに、本フードは穀物と合成添加物を全く使用していない「グレインフリー」かつ「無添加」のドッグフードです。

グレインフリーについてはこちら、無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

ただ、「チキン・ミール」が使用されている点が気になります。チキン・ミールとは別に「チキン」の表記があるので、ここでは副産物など純粋なチキンとはいえないようなものが使用されている可能性があるかもしれません。

脂肪分が高いので、与えすぎによる肥満に注意したいですね。肥満は重大な疾患にもつながるので、パッケージ記載の給餌量を必ず守るようにしてくださいね。

高品質でおすすめできるフードですが、購入困難なのが残念です。本フードと同等以上の品質で購入可能なフードをこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。