キャットフード「ティンバーウルフ」の原材料を徹底評価!

「ティンバーウルフ」はFRONTBELL が提供するキャットフードです。

この記事では「ティンバーウルフ・セレンゲティプレミアム」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子猫(離乳~1歳)」と「成猫(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

キャットフード「ティンバーウルフ」を評価

素材

ティンバーウルフの総合得点

  • 100点(満点)
内訳得点/配点
子猫成猫
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価40/40点40/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量
5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点100/100点100/100点

 

キャットフード「ティンバーウルフ」の得点の内訳は?

猫 素材

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「チキン」を使用しているため、30点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料が使用されていないため40点となります。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表は「ティンバーウルフの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「混合トコフェロール」「ローズマリー抽出物」が使われています。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

猫、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子猫:30.0%以上
  • 成猫:26.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「39.6%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子猫:9.0%以上
  • 成猫:9.0%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「19.8%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

ティンバーウルフの基本情報は?

catfood
赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名ティンバーウルフ・セレンゲティプレミアム
分類総合栄養食
定価3024円(税込)
内容量1.36kg
カロリー398kcal/100g
賞味期限開封前:製造から15ヶ月
開封後:1ヶ月
生産国アメリカ
販売元FRONTBELL
対応年齢全年齢
メイン食材 チキン
穀物 不使用
酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
粒の大きさ1cm以内
問合せ先048-951-4880

ティンバーウルフの詳しい原材料と成分一覧は?

素材

ティンバーウルフの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

主原料チキン
その他原材料ニシン、噴霧乾燥チキンレバー、グリーンピース、ヒヨコ豆、チキン脂肪、サーモン、サツマイモ、亜麻仁、噴霧乾燥チキン、乾燥有機海藻、乾燥出芽酵母、サーディンオイル、乾燥アルファルファミール、タマゴ、ニンジン、ブルーベリー、クランベリー、乾燥セロリ、乾燥ビーツ、乾燥パセリ、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、乾燥トマト、カゼイン、乾燥ミルク、レシチン、塩化コリン、ミネラル[アミノ酸亜鉛複合体、アミノ酸鉄複合体、アミノ酸マンガン複合体、パントテン酸カルシウム、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム]、ビタミン[ビタミンEサプリメント、ビタミンB12サプリメント、ビタミンAアセテート、ナイアシン(ビタミンB3源)、ビタミンD3サプリメント、リボフラビン(ビタミンB2源)、葉酸、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6源)、塩酸チアミン(ビタミンB1源)、ビオチン(ビタミンB7源)、クエン酸(ビタミンC源)、混合トコフェロール(ビタミンE源と酸化防止剤)]、プレバイオティクス[チコリー根(イヌリン)]、プロバイオティクス[乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥ラクトバシラスカゼイ菌発酵生成物、乾燥ラクトバシラス乳酸菌発酵生成物、乾燥バシラスサブチルス菌発酵生成物]、パパイン、ユッカシジゲラ抽出物、βカロチン、フラクトオリゴ糖、タウリン、L-カルニチン、DL-メチオニン、ローズマリー抽出物(酸化防止剤)

「フラクトオリゴ糖」には便秘を解消する効果が期待されています。愛猫の便臭が気になる方にもおすすめですよ。

便秘対策のキャットフードについてはこちらの記事、便臭対策のキャットフードについてはこちらの記事で詳しく確認頂けます。

ビタミンCは尿路結石の予防に効果があると期待されている成分です。尿路結石におすすめなキャットフードについてはこちらの記事で解説しています。

クランベリーには「キナ酸」という成分が豊富に含まれており、膀胱炎の予防に効果が期待されている食材です。避妊後の愛猫にもおすすめされていますよ。膀胱炎におすすめのキャットフードはこちらの記事、避妊後のおすすめキャットフードはこちらの記事にまとめています。

ティンバーウルフの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質36%以上39.6%以上
粗脂肪分18%以上19.8%以上
粗繊維2.5%以下2.7%以下
粗灰分6.5%以下7.1%以下
水分9%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

粗脂肪量は18%と控えめなキャットフードです。おすすめの低カロリーキャットフードはこちらの記事、ダイエット用キャットフードはこちらの記事にまとめています。

 

 

キャットフード「ティンバーウルフ」の賞味期限は?

猫 素材

賞味期限

  • 開封前:製造から15ヶ月
  • 開封後:1ヶ月

ドッグフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

キャットフード「ティンバーウルフ」の保管方法は?

猫 素材

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

キャットフード「ティンバーウルフ」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

猫 素材
体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg25g55円
2kg41g93円
3kg56g125円
4kg70g155円
5kg82g184円
6kg94g210円
7kg106g236円
8kg117g261円
9kg128g285円
10kg138g308円
15kg188g418円
20kg233g518円
30kg316g702円
40kg392g871円
50kg463g1030円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

猫 素材

ティンバーウルフキャットフードは、穀物と合成添加物を全く使用していない「グレインフリー」かつ「無添加」の商品です。

グレインフリーについてはこちら、無添加についてはこちらの記事から詳しい説明を確認いただけます。

穀物や人工添加物は愛猫の目ヤニや涙やけの原因にもなります。詳しい理由はこちらの記事から確認できます。

ティンバーウルフ以外のアメリカ産のキャットフードはこちらの記事から確認できます。

ティンバーウルフ以外のチキンを使用したキャットフードはこちらの記事から確認できます。

ドッグフードが有名な商品ですが、キャットフードも同じくおすすめといえます。

ティンバーウルフの他にも評価の高いキャットフードを確認したい方はこちらの記事をご確認ください。

ティンバーウルフ以外のチキンを使用したキャットフードはこちらの記事から確認できます。

 

ティンバーウルフの購入ページへ

キャットフードの選び方 メニュー