ティーカッププードルの値段相場や購入方法、値段や性格!大きさや体重、トイプードルとの違いは?

ティーカッププードルは、ティーカップにもすっぽり収まってしまうほど小さいトイプードルです。

この記事ではティーカッププードルの性格や特徴、トイプードルとの違い、成犬の大きさ、値段の目安やブリーダーから子犬を選ぶ際の注意点、歴史をご紹介します。

 

ティーカッププードルとは?歴史は?

トイプードル

ティーカッププードルとは、アメリカで生まれたとても小さなプードルのことです。日本では正式な犬種ではなく、トイプードルに分類されています。ティーカッププードルはトイプードルのサイズの1つになっていますよ。

ティーカッププードルが一躍有名になったのは、今から10数年前にアメリカで発刊された雑誌に載った一枚の写真です。その写真にはティーカップにすっぽりとはまったプードルの子犬が写っていました。

この写真が瞬く間に世界中に広がり反響をよんだことで、ティーカッププードルの歴史が始まりました。現時点ではFCIやJKCでは公認されていませんが、アメリカなどでは愛好家によって団体が設立されているので、将来的には別犬種として正式に認められる可能性もあります。

 

ティーカッププードルの値段相場、販売価格は?

shutterstock_379042459

ティーカッププードルの値段相場

  • 標準的な価格
  • 高い値段帯
  • 安い値段帯
  • 激安な値段帯

標準的な価格

ティーカッププードルの平均相場は30万円〜40万円程度です。一般的なトイプードルの値段相場は20万円〜30万円と言われているので、ティーカッププードルの方が価格が高いですね。

価格が高い理由は、小柄なために飼育の難易度が高く、繁殖に手間がかかるためです。

メス犬は「母乳量が少ない」「生理不順により受胎率が低い」「一回の出産で産める頭数が1~3頭」という理由から連続して出産することができません。オス犬は精子が少ないので、受胎率が安定しないのです。

さらに親犬はアメリカからティーカッププードルの血統を持つ犬を輸入しなければなりません。トイプードルと比べて価格が高くなるのは仕方がないといえますね。

 

高い値段帯

希少なティーカッププードルの場合100万円以上の値段で販売されていることもあります。成犬になったときに体重が1キロより軽くなると予想される子犬の場合、高額になるようです。

ティーカッププードルは大きくならないと予想される子犬ほど、値段が高くなるようですね。

 

安い値段帯

ペットショップではなく直接ブリーダーさんとやり取りすることで、20万円〜30万円で引き取ることができる場合もあります。

ただ体の大きさや毛色などによっても値段は変わりますので、人気の毛色の場合はブリーダーさんと直接交渉しても安くならない場合もありますよ。

 

激安な値段帯

あまりにも安値で販売されているティーカッププードルには注意が必要です。普通のトイプードルの値段帯である20万円〜30万円よりも安い場合は何か理由があるかもしれません。

利益目的のブリーダーが、体が小さなトイプードルや食事量を減らしたトイプードルをティーカッププードルと偽って安値で販売している場合もありますので、注意して見分けてくださいね。

ティーカッププードルの販売価格やおすすめのドッグフードについて、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

ティーカッププードルのブリーダー、選び方の注意点は?

ティーカッププードル3

注意する事

  • 実績あるブリーダーであるか

ティーカッププードルは、子犬のうちは通常のトイプードルと見分けがつきにくく、選ぶのが難しい犬種です。悪質なブリーダーにだまされないためにも、実績あるブリーダーからの購入がおすすめですよ。なかには大きさの保証をしてくれているブリーダーもいます。

ワクチン接種が完了した生後3〜4ヶ月の子犬を販売しているブリーダーも信頼できますよ。インターネットで購入する際は、ティーカップサイズ予想のトイプードルを販売していることも多いので確認してください。

アメリカなど海外で購入を考えている場合も注意が必要です。海外では日本と基準が違い、体高23cm以下、体重6パウンド(約2.7kg)以下をティーカッププードルとしていることが多いので、日本の基準よりもやや大きめです。

後々トラブルにならないよう、ブリーダーの方とは納得がいくまで話し合いをしたうえで購入してくださいね。

ティーカッププードルの優良ブリーダーの選び方について、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

ティーカッププードルの性格は?

性格

  • 人懐っこく甘えん坊
  • 臆病な一面

性格はプードルのままなので、賢く人懐っこいです。体が小さい分、飼い主さんへの依存度が高くなり、甘えん坊になるといわれています。学習能力が高く、飼い主さんのしつけには従順ですよ。

社交性もあるので他の動物や小さなお子さんがいる家庭でも飼えますし、良い遊び相手になってくれますよ。

犬は体が小さいほど神経質で臆病な性格に育つ傾向があります。「ティーカップに入るほど小さなプードル」と意味を込められて名前がつけられたティーカッププードルにも臆病な子は多いですよ。

 

ティーカッププードルの特徴は?毛色は?ミックス犬は?

ティーカッププードル2

ティーカッププードルは、ぬいぐるみのようなかわいらしさと巻き毛が特徴的です。小柄なのでシャンプーなどの手入れも手間がかかりません。抜け毛も少ないので飼いやすいですよ。

毛色

毛色は様々な種類が認められており、カラーによって性格が異なるといわれています。

毛色は、ブラック、ホワイト、ブラウンが基本の3色です。その他に、グレー、シルバー、ブルー、クリームなど、基本の3色から派生した経路があります。2色以上のパーティーカラーもありますよ。

色々な子犬を見比べて、お気に入りのティーカッププードルをみつけてあげてくださいね。

 

ミックス犬

ティーカッププードルにはチワワやポメラニアン、シーズーといった人気の犬種と交配させて誕生したミックス犬がいます。

ミックス犬専門店も増えてきているので、あなたの生活にフィットする世界にオンリーワンのミックス犬を探すことをおすすめしますよ。

トイプードルのミックス犬について詳しい記事はこちらです。

 

ティーカッププードルの人気のカットスタイルは?

ティーカッププードル2

ティーカッププードルに人気のカットスタイル

  • テディベアカット
  • モヒカンカット
  • アフロカット
  • ラム&ケネルクリップ

テディベアカット

こぐまのようなかわいらしい印象になる「テディベアカット」はトイプードルのカットの中で最も人気があるスタイルです。

テディベアカットのメリットは、トイプードルの体全体がショートカットになるので、毛玉ができにくく手入れがしやすくなる点です。

デメリットは口の周りに毛を残すスタイルなので、食べ物で顔が汚れやすいです。小まめに拭いてあげることで気にならなくなります。

トリマーの方に希望のカットイメージの写真やカタログを見せて、仕上がりのイメージを伝えておくのがおすすめですよ。

 

モヒカンカット

モヒカンカットは、その名の通り頭のてっぺんにボリュームを持たせるカットです。元気で活発な印象を与えることから、オスに人気のスタイルです。

立たせ方を大きくしたり、耳や口の周りの毛を残したりすることで、愛犬の様々な表情を楽しめます。頭の部分のみのカット方法なので、体の他の部分には違うスタイルで組み合わせることもできます。

モヒカンにリボンを付けてチャーミングするといったアレンジも楽しめますよ。

 

アフロカット

アフロカットは、頭の部分をふんわりと丸くカットするスタイルです。トイプードルの愛らしさを引き出せるスタイルとして人気が高く、性別問わずに似合います。

頭にふわふわと毛を残すスタイルなので、カットする前にある程度の毛の長さが必要となります。アフロカットにする場合は、毛を伸ばしてからトリマーにお願いしてくださいね。

失敗しにくいスタイルなのでトリミングデビューはアフロスタイルから始める方が多いですよ。

 

ラム&ケネルクリップ

ラム&ケネルクリップは、顔と足先の毛だけを短く刈り込み、子羊のようなフォルムに仕上げるカットスタイルです。

テディベアカットが流行する前は、最も一般的だったカットスタイルでした。美しさと凛々しさが引き立つスタイルとして今も人気があります。

比較的汚れやすい顔周りや足先の毛は短く刈り込むため、汚れがふきやすくお手入れがしやすいメリットがあります。

ティーカッププードルのカットスタイルについて詳しい記事はこちらです。

 

ティーカッププードルの大きさサイズ、体重は?

ティーカッププードル1

大きさ

  • 体高 20cm以下
  • 体重 1.5~1.8kg前後

ティーカッププードルは生後6~7ヶ月ほどで成犬と同等の大きさに成長し、平均的な体重は1.5~1.8kgほどです。体高は20cm以下で、オスとメスでの大きさの差はほとんどみられません。

成犬の体重の目安は「生後2ヶ月のときの体重の約3~3.5倍」「生後3ヶ月のときの体重の約2~2.5倍」とされていますが、個体差はあります。

ティーカッププードルとして購入したのに、トイプードルの大きさまで成長してしまうことがあります。極端に大きくなってしまうケースはブリーダーを疑う必要がありますよ。

未熟児や、餌を満足に与えず栄養不足になったトイプードルをティーカッププードルとして販売しているケースがあるのです。食事を与えることで栄養状態が改善して、本来の大きさに育つことがあるのです。

 

ティーカッププードルとトイプードルの違いは?

ティーカッププードル5
名前成犬時の体重
ティーカッププードル2kg以下
タイニープードル2~3kg
トイプードル3kg前後

トイプードルとの違いは「体重の重さ」です。現在JKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)が規定しているプードルの区分はスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類で、「ティーカップ」はありません。

一般的にトイプードルよりも小さい体重2~3kgの個体をタイニープードル、さらに小さい2kg以下の個体をティーカッププードルとして区分しています。

ペットショップやブリーダーの間では、生後6~7週目(45日前後)の体重が400~500gのプードルをティーカップとして販売していることが多いです。

 

ティーカッププードルの寿命と命に関わる病気は?

トイプードル_甘噛み

寿命

  • 12~15年

気をつけたい遺伝疾患

  • 免疫介在性溶血性貧血
  • 糖尿病
  • てんかん
  • 進行性網膜萎縮症

ティーカッププードルの平均寿命は12~15年と長寿な犬種です。命に関わる病気では「免疫介在性溶血性貧血」「糖尿病」「てんかん」「進行性網膜萎縮症」などの遺伝疾患に、普段から気をつけるべきかかりやすい病気では「涙やけ」「膝蓋骨脱臼」「外耳炎」「骨折」などに注意が必要です。

免疫介在性溶血性貧血は治療を受けずに放置しておくと2~3週間で死亡してしまう恐ろしい病気です。原因は不明で、貧血のような症状や黄疸が見られたら早期治療をしなければなりません。予防は困難とされています。

「進行性網膜萎縮症」は発症してしまうと失明してしまいますし、「糖尿病」や「てんかん」は生涯を通しての治療が必要です。愛犬と飼い主さんのどちらにとっても辛いですから、子犬入手の際には気をつけてくださいね。

 

ティーカッププードルの男の子・女の子に多い名前は?

shutterstock_673465372

ティーカッププードルには、男の子は「ココア」や「チョコ」、女の子は「モコ」や「モカ」といった名前をつける飼い主さんが多いみたいですよ。

 

ティーカッププードルの飼育、気をつけたい病気や症状は?

ティーカッププードル6

気をつけたい病気・症状

  • 涙やけ
  • 膝蓋骨脱臼
  • 外耳炎
  • 骨折

命に別状はありませんが「涙やけ」「膝蓋骨脱臼」「外耳炎」「骨折」などのプードルがかかりやすい病気にも注意が必要ですよ。

「涙やけ」は目やにや涙をこまめにふき取ってあげることが大切です。「膝蓋骨脱臼」は、肉球周りの毛を短くカットしたり、滑らないフローリングにしたりすることで対策できます。「外耳炎」は綿棒とイヤーローションで定期的に掃除することで予防できますよ。

骨折しやすい犬種として有名な「トイプードル」よりも、ティーカッププードルはさらに骨が細いです。少しの段差を飛び降りただけで折れてしまうこともありますので、床にはマットを敷き、高いところには登らせないしつけを心がけてくださいね。

 

ティーカッププードルの飼い方は?運動の注意点は?

ティーカッププードル3

必要な運動量

  • 体型と体調に見合った量

ティーカッププードルにも十分な散歩と遊びをさせる必要がありますが、超小型犬なので運動量は「体型」と「体調」を考慮して考えなければなりません。

小さすぎるとワクチンも打てませんし無理に外出させると感染症にかかる可能性も高くなります。室内の日当たりの良い場所で適度な運動をさせてあげてください。

骨折もしやすい犬種なので、室内で運動させたり散歩をさせたりするときは段差のない場所を選ぶようにしてくださいね。

 

ティーカッププードルの飼育グッズは?

shutterstock_653641345

必要なもの

  • ケージ
  • 食器類
  • 首輪・リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • 浄水器

犬の安心できる場所となる「ケージ」、ご飯やお水を飲む時の「食器類」、散歩で使う「首輪・リード」などが飼育に必要なものです。全て揃えても3万円ほどで購入することができますよ。

また旅行や災害時などの移動用に「キャリーバッグ」、遊びやストレス解消に「おもちゃ」、気になるにおいを消す「消臭スプレー」なども用意しておくと便利ですよ。

 

浄水器

ピュレスト

普段与える水が水道水の場合、基本的には問題となることは少ないですが、水道管の老朽化によるサビや細菌の混入がすることがあります。

他にも、水道水は消毒のための塩素の添加が義務付けられており、一定以上の残留塩素を入れることが定められています。

水道管の老朽や残留塩素への不安をウォーターサーバーで払拭してみてはいかがでしょうか。

 

ティーカッププードルのしつけ、引き渡し直後は?

トイプードルと同じく賢いのでしつけやすい犬種ですが、主従関係はきちんと教える必要がありますよ。元々群れで暮らしていたため、グループ内に順序をつけたがります。飼い主さんが頂点に君臨していないと超小型犬とはいえ手に負えなくなるほどワガママになってしまうこともありますよ。

ティーカッププードルを引き取って、自宅へ連れてきた「引き渡し直後」のしつけはかなり重要です。子犬のティーカッププードルは環境変化によってストレスを感じやすく、そのまま体長に影響してしまうからです。

自宅に来てからはじめの2~3週間は、なるべくケージの中で生活させてあげてください。もちろんケージから出るタイミングがあっても良いですが、30分~1時間程度でまたケージに戻してあげます。

「何か不安を感じたらケージに戻れば落ち着く」ようにしつけることが大切なのです。成犬になった際にもケージで大人しくお留守番ができるティーカッププードルに育ちますよ。

また、可哀想なことですが、ケージ内でティーカッププードルが吠えたり遊んで欲しいと構ってきたりしても、飼い主さんは無視してあげてください。

引き取り直後3週間の間のしつけは、ある種心を鬼にして行ってくださいね。

 

ティーカッププードルの選び方!見極めポイントは?

shutterstock_92810734

 

選ぶ際のポイント

  • マズルや顔全体のパーツ
  • 首や足
  • 親犬のサイズ

ティーカッププードルを選ぶときは、できるだけ複数の子犬を見てから選ぶようにしてください。外見的特徴は、マズルや顔全体のパーツが小さく、首や足も短い子犬を選ぶのがよいといわれています。

子犬だけではなく親犬両方のサイズや、可能であれば兄弟犬のサイズも確認するとサイズの予想がつきやすいですよ。

 

ティーカッププードルのブリーダーさんをお探しの方へ

ティーカッププードル
日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のティーカッププードルのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

子犬のティーカッププードルの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ティーカッププードルは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ティーカッププードルの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

ブリーダーワンのみの限定特典
特典1お祝金1万円プレゼント
特典2健康保証サービス
(引渡後30日間)
特典3獣医師によるメールでの健康相談
(子犬購入後30日間)
得点4生体保証

 

ティーカッププードルは里親からも引き取れる?

ティーカッププードル3

ティーカッププードルは人気犬種なので、里親募集もたくさん行われています。

里親募集の情報はインターネットなどで提供されているため、インターネットを使用すれば日本全国で里親を募集している犬を見つけることが出来ますよ。里親募集のサイトやレスキュー隊などのサイトを見てみてくださいね。

ティーカッププードルの里親募集について、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

ティーカッププードルにおすすめのドッグフードは?

モグワンドッグフード

ティーカッププードルには、「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンには、膝蓋骨脱臼の予防に効果的な「コンドロイチン」「グルコサミン」被毛の健康維持に欠かせない「オメガ3脂肪酸」が豊富に含有されています。

人工添加物や穀物も不使用なので、涙やけの予防や改善も期待できますよ。

モグワンドッグフードには、チキンやサーモン由来の良質な「動物性タンパク質」が全体の50%以上を占めているので、良質なタンパク質を効率よく摂取できますよ。

 

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 初回50%OFF! 
 モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

ティーカッププードルにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

健康で社交性のあるティーカッププードルを

ティーカッププードル

健康で飼いやすい子犬を選ぶために、一番気をつけることは体重ではなく健全性です。大きさや顔つきだけではなく、皮膚や毛並み、体のバランスはしっかりみてくださいね。

抱っこやなでた時に、噛みついたり怯えたりしない社交性を持っているかも大切なポイントですよ。

プードルの種類まとめについての詳しい記事はこちらです。