トイプードルの色ごと(アプリコット・シルバー他)性格・特徴まとめ

今や不動の人気を誇るトイプードルは、愛らしいだけではなく、賢くて飼いやすい犬種として知られています。今回の記事では、そんなトイプードルのカラーごとの性格や特徴の違いをご紹介します。どのカラーのトイプードルを飼おうか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

トイプードルの被毛カラー

  • レッド・アプリコット
  • シルバー
  • ブラック
  • ホワイト
  • ブラウン

 

トイプードルの被毛カラー、レッド・アプリコットの性格や特徴は?

プードル レッド

 

レッド・アプリコットの性格

  • 陽気で元気がある
  • 多頭飼いには向かない

特徴

  • スリムで足が長い

レッドはトイプードルのカラーの中で最も人気があり、テディベアを思わせる外見がかわいいですよね。レッドに似た、濃いオレンジ色のアプリコットも人気色です。

レッドやアプリコットは陽気で元気な性格が多く、愛犬と一緒に思いっきり遊びたい飼い主さんにはぴったりですよ。元気な性格な反面、協調性に欠ける部分があるので、他のペットとの同居や多頭飼いには向かない子が多いです。

レッド、アプリコットの毛色は中間色でまだ歴史が浅いです。遺伝子が安定していないため、毛色が年々薄くなる傾向があるといわれています。

特に子犬の時に毛の根元が白っぽい場合は、大人になるころまでには殆どクリームのような淡い色になってしまいます。

毛質や毛量も他のカラーと比べてやや劣るので小まめなブラッシングが必要ですよ。

 

トイプードルの被毛カラー、シルバーの性格や特徴は?

プードル シルバー

 

シルバーの性格タイプ

  • 協調性がなく独立心が旺盛
  • 温厚に他の犬たちの調和を重視

特徴

  • マズルが長い

シルバーのトイプードルは毛の濃淡のグラデーションが美しいです。飼い主に従順な性格ですが、アプリコット同様、中間色なので性格が二分化する傾向があります。

「協調性がなく独立心が旺盛なタイプ」と「温厚に他の犬たちの調和を重視するタイプ」に分かれるといわれています。生まれたばかりのときは全身黒に近い毛色なのが特徴的です。成長とともに生後1ヶ月を過ぎた頃からシルバーへと変色していきます。

普段の手入れは毛質が繊細で細いので、まめなブラッシングが必要になります。

 

トイプードルの被毛カラー、ブラックの性格や特徴は?

プードル 黒

 

ブラックの性格

  • 控えめで落ち着きがある
  • 服従心が強い

特徴

  • 被毛は丈夫で硬い
  • 毛量多い

ブラックの毛色のトイプードルは、全ての毛色のなかでも賢くしつけがしやすいのが特徴です。控えめで落ち着いており服従心が強い性格なので、初めて犬を飼う方や多頭飼いする方にもおすすめです。

ブラックは中間色ではなくトイプードルの基本カラーなので、遺伝子が安定しており遺伝子疾患を持つ子が少ないです。運動能力も高く、骨もしっかりした子が多いです。

成犬になっても真っ黒の毛色のままですが、ブラック以外の毛色の遺伝子が混ざっている場合は成長するに連れて色が薄くなる傾向があります。

 

トイプードルの被毛カラー、ホワイトの性格や特徴は?

プードル 白

 

ホワイトの性格

  • 従順で甘えん坊

特徴

  • 個体によって若干カラーが違う
  • 毛量は少ない

ホワイトのトイプードルはブラックと同じく性格が安定しており、他の犬とも友好的に接することができます。ホワイトのほうが飼い主に甘える傾向が強いとされています。

ホワイトという毛色は純白から薄いクリームまで幅広いカラーを指しています。こだわりがある場合は購入前に必ず確認するようにしてくださいね。

健康なホワイトのトイプードル選びでは「鼻」「目ぶち」「唇」が真っ黒な個体を選ぶとよいとされています。ホワイトは汚れが目立ちやすいので、小まめに手入れをする必要があります。

毛量は他のカラーに比べて少ないです。

 

トイプードルの被毛カラー、ブラウンの性格や特徴は?

トイプードル_散歩2

性格

  • 穏やかでマイペース

特徴

  • 毛質が硬い

ブラウンのトイプードルは穏やかでマイペースな性格をしているので、飼い主に依存しすぎず一定の距離を保つことができます。

人見知りで協調性に欠ける傾向があるので、しつけは根気が必要です。ブラウンもトイプードルの基本カラーのひとつで、落ち着いた色合いの美しい毛色と瞳が人気があります。

ただ、ブラックから派生した中間色なので、年齢と共に毛はクリーム系に近づく傾向があります。色素が薄いため、他のトイプードルにはない独特の表情がありますよ。

運動能力は比較的高いのですが、しつけなどはブラックやホワイトから比べるとやや劣るところはあるので、根気が必要です。

 

トイプードルの値段、カラーによって変わる?

トイプードル_多頭飼い

価格相場

  • 約30万円

トイプードルの一般的な相場は30万円程度といわれていますが、毛色によって若干の違いがあります。

基本カラーであるブラックやホワイトは相場通りの価格で販売されていることが多いのですが、人気色のレッドやアプリコットは相場よりも3~5万円程度高くなるといわれています。

基本カラーですが比較的個体数が少ないブラウンも、相場より価格が高い傾向にあるようですね。

逆に「ミスカラー」と呼ばれる基本の毛色に500円玉大の白い毛が混じる個体は、ミスカラーの部位によっては高い値がつくこともありますが、相場よりも2~5万円ほど安く販売されることが多いです。

特に胸や足先に白いミスカラーがある場合は、値段が半値になることもあるそうです。

 

高価な被毛カラー

「レッド」や「アプリコット」「ブルー」は人気カラーなので、他のカラーに比べて3~5万円ほど高い相場になることが多いです。比較的個体数が少ないブラウンも相場より価格が高い傾向にあります。

「ブルー」と濃い色の「レッド」は希少価値が高いため、高い値段が付くことがあります。

 

トイプードルのカラー別性格・価格一覧

被毛カラー性格価格
レッド・アプリコット陽気で元気がある25~30万円
シルバー独立心が旺盛、協調性がある20~25万円
ブラック落ち着きがあり服従心が強い20~25万円
ホワイト従順で甘えん坊20~25万円
ブラウン穏やかでマイペース20~25万円

 

トイプードルの性格はカラーだけではなく個体差が大きい

shutterstock_174350315
トイプードルの毛色による特徴はあくまでも傾向なので、個体やしつけによって大きく変わります。

トイプードルはいずれのカラーも利口な犬種なので、しつけをしっかりすれば、素直で飼いやすい家族になっていくはずです。

どのカラーのトイプードルを飼ったとしても、愛情を注ぐとともに、きちんとしつけを行って大切に育ててあげてくださいね。