犬の妊娠期間や症状、兆候まとめ。交配や年齢、食事のコツは?

Pet Clinicは愛玩動物の専門相談所。アニはAnimate(生命)、Animation、(命をあたえる)など生命との関わり。さらに、ホスは、Hospitality(親切なもてなし)、Hospitable(手厚くもてなす)といった意味が込められ、一貫したコンセプト"命に対する真剣な対話"と"心のこもったふれあいを"を意味しています。

犬の妊娠期間は交配日から数えて約63日(9週間)といわれています。体のサイズに関係なく、大型犬でも小型犬でもこの妊娠期間は変わりません。

この記事では、犬の妊娠を「交配」「初期」「中期」「後期」の4つの期間にわけ、それぞれの特徴をまとめました。人間の妊娠とは違うので、正しい知識を身につけた上で妊娠に臨んでくださいね。

 


犬の交配、タイミング、年齢、パートナーは?

IMG_0511

犬の交配のタイミングは排卵後の4、5日間です。

生理による出血し始めてから9日後ほどで排卵期に入ります。

注意したいのは、メス犬を交配させる年齢です。1歳半~6歳頃までが良いとされています。年齢が若すぎると自分の成長に使う栄養を子供に取られてしまいますし、6歳を越えると筋力が衰え、母体への影響が大きく難産になりやすいからです。

またメス犬よりも体が大きいオス犬との交配の場合、お腹の赤ちゃんも大きくなり、難産になることが多いです。交配の相手はメス犬より小柄なオス犬を選ぶようにしてくださいね。

 

犬の妊娠初期期間、兆候や注意点は?

注意

交配から約21日間は妊娠初期に分類され、受精卵が子宮に着床をするかどうかの大事な時期です。交配をしたからといって必ず妊娠をするわけではありませんが、過度な運動は避けてくださいね。シャンプーも避けた方がよいですよ。

妊娠している場合、味覚が変わる、食欲がなくなる、嘔吐するといった、人間でいう「つわり」のような症状が稀に見られます。この症状は1週間ほど続きますが、自然とおさまるので心配はいりません。

 

犬の妊娠中期、食事の内容がポイント!

IMG_0536

妊娠初期後の次の約21日間は妊娠中期で、受精卵が子宮に着床し、安定期に入る時期です。適度な運動をしても問題ありません。シャンプーもこの時期に一度してあげて下さい。

ポイントは食事の変更の仕方です。普段与えているフードから妊娠授乳期用のフードにするのがこの時期です。妊娠授乳期用のフードはカロリーが高いので、最初は普段のフードに混ぜ、徐々に切り替えてあげてくださいね。

受胎の有無は、交配後約3週間後からエコー検査を受けられます。胎嚢、および、心拍の確認ができ、妊娠していることがわかります。

 

 

犬の妊娠後期、食事の量がポイント!

犬 食事

妊娠中期後の次の約21日間は妊娠後期です。この時期は階段や段差があるところは危険ですので、近づけないようにしてあげてください。

食欲は旺盛になりますが、稀に胃が子宮に圧迫されて一度に食べられる量は減りますので、食事の回数を1日4、5回に分けてあげるのがよいですよ。

予定日の4、5日前になったら、レントゲン検査で、胎児の数や大きさの確認をすることができます。生まれてくる子犬の数は小型犬だと1~3匹、大型犬だと多い傾向にあり5匹ほどが一般的ですよ。

 

犬が妊娠したらすぐに動物病院へ

IMG_0558

妊娠後期が終われば、いよいよ出産です。出産間近になると体温が低下するので、必ず予定日の数日前から朝晩2回、体温を測るようにしてあげてください。

出産は帝王切開以外、ほとんど自宅で産みます。専門家のアドバイスは必須ですので、動物病院へ相談し、指示を仰ぎながら進めてくださいね。