キャットフード「コンボ」の原材料を徹底評価!

「コンボ」は日本ペットフードが提供するキャットフードです。

この記事では「コンボ キャット 毛玉対応 かつお味・かつおチップ・小魚添え」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。

 

キャットフード「コンボ」を評価

コンボ キャットフード

コンボの総合得点

  • 39点(100点中)
内訳得点/配点
子猫成猫
主原材料 評価0/30点0/30点
その他原材料 評価24/40点24/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用0/10点0/10点
タンパク質量
5/5点/55点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点39/100点39/100点

 

キャットフード「コンボ」の得点の内訳は?

猫 かわいい

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源ではない「穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)」を使用しているため、0点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「チキンミール」「牛肉粉」「豚肉粉」「フィッシュミール」「フィッシュパウダー」「動物性油脂」「脱脂大豆」を使用しているため24点となります。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表は「コンボの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「ミックストコフェロール」「ローズマリー抽出物」が使われています。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、「pH調整剤」「着色料(アナト-色素、紅麹色素、二酸化チタン、食用赤色102号、食用黄色5号、食用青色1号)」「調味料」が使用されているので0点となります。

これらのほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子猫:30.0%以上
  • 成猫:26.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「35.2%以上」と子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子猫:9.0%以上
  • 成猫:9.0%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「13.2%以上」と、子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

キャットフード「コンボ」の基本情報は?

素材 疑問
赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名コンボ毛玉対応 かつお味・かつおチップ・小魚添え
分類総合栄養食
定価718円(税込)
内容量700g
カロリー350kcal/100g
賞味期限開封前:1年
開封後:1ヶ月
生産国日本
販売元日本ペットフード
対応年齢成猫(1~6歳)
メイン食材穀類(トウモロコシ)
穀物穀類(トウモロコシ)
酸化防止剤不使用
人工添加物pH調整剤着色料(アナト-色素紅麹色素二酸化チタン食用赤色102号食用黄色5号食用青色1号)調味料
粒の大きさ直径7~10mm
問合せ先03-6711-3601

1kgあたりの価格は1026円とかなり安いキャットフードです。
キャットフードの安さの秘密や、コスパの良い食品の見抜き方はこちらの記事にまとめています。

 

キャットフード「コンボ」の詳しい原材料と成分一覧は?

素材

コンボの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

主原料穀類(トウモロコシコーングルテンミール小麦粉パン粉
その他
原材料
肉類(チキンミール牛肉粉豚肉粉)、魚介類(小魚、フィッシュミールフィッシュパウダー、マグロ節粉、カツオエキス、マグロエキス、小魚粉末、シラスパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、γーリノレン酸)、かつおチップ、脱脂大豆、オリゴ糖、ハーブ(タイム、ディル、フェンネル)、野菜類(トマト、ニンジン、ホウレンソウ)、クランベリーパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、銅、亜鉛、ヨウ素)、pH調整剤、酵母細胞壁(食物繊維源)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、着色料(アナト-色素紅麹色素二酸化チタン食用赤色102号食用黄色5号食用青色1号)、調味料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン

「オリゴ糖」には便秘を解消する効果が期待されています。愛猫の便臭が気になる方にもおすすめですよ。

うんちが柔らかい愛猫には嬉しい「食物繊維」が含まれています。軟便にオススメのキャットフードとその選び方はこちらの記事で紹介していますよ。

便秘対策のキャットフードについてはこちらの記事、便臭対策のキャットフードについてはこちらの記事で詳しく確認頂けます。

クランベリーには「キナ酸」という成分が豊富に含まれており、膀胱炎の予防に効果が期待されている食材です。避妊後の愛猫にもおすすめされていますよ。膀胱炎におすすめのキャットフードはこちらの記事、避妊後のおすすめキャットフードはこちらの記事にまとめています。

コンボの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質32%以上35.2%以上
粗脂肪分12%以上13.2%以上
粗繊維1.5%以下1.6%以下
粗灰分6.5%以下7.1%以下
水分9%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

粗脂肪量は12%と控えめなキャットフードです。おすすめの低カロリーキャットフードはこちらの記事、ダイエット用キャットフードはこちらの記事にまとめています。

 

キャットフード「コンボ」の賞味期限は?

shutterstock_677503417

賞味期限

  • 開封前:1.5年
  • 開封後:1ヶ月

キャットフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

キャットフード「コンボ」の保管方法は?

キャットフード 猫
キャットフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

キャットフード「コンボ」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

猫 かわいい 素材
体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg26g42円
2kg44g70円
3kg60g95円
4kg74g118円
5kg88g139円
6kg100g160円
7kg113g179円
8kg125g198円
9kg136g216円
10kg147g234円
15kg200g317円
20kg248g393円
30kg336g533円
40kg417g661円
50kg493g781円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成猫のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

キャットフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛猫に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

猫 かわいい

主原料に穀類が使用されており、副原料の動物性タンパク源も「ミール」「肉粉」「パウダー」「動物性油脂」と品質が不透明な原材料なので、おすすめできないキャットフードです

穀類を使用せず新鮮で良質な動物性タンパク質のみを使用するとなると、どうしても販売価格が高くなるものです。

愛猫の主食として与えるのであれば、穀類を使用していないキャットフードが理想ですよ。

pepy編集部おすすめのグレインフリーのキャットフードはこちらの記事から確認いただけます。

コンボが安価なのは上記の原材料で製造コストを抑えていることが理由です。

愛猫の健康を第一に考えたプレミアムキャットフードはこちらの記事で紹介しています。全額返金保証を行っているフードもあるので、是非主食としてお試しください。

コンボはリンを含んでいます。リンの効果やメリット、おすすめの商品はこちらの記事で紹介しています。

コンボ以外の国産のキャットフードはこちらの記事から確認できます。

キャットフードの選び方 メニュー