キャットフード「ワイソン」の原材料を徹底評価!

「ワイソン」は愛猫の健康を真剣に考えたキャットフードです。

この記事では「ワイソン・バイタリティ(成猫用)」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子猫(離乳~1歳)」と「成猫(1歳以上)」に分けて、それぞれ100点満点にて行っています。

 

キャットフード「ワイソン」を評価

1d20215eb636f4055cdbd47c25ef28f9-e1495737705815

ワイソンの総合得点

  • 87点(100点中)
内訳得点/配点
子猫成猫
主原材料 評価30/30点30/30点
その他原材料 評価29/40点29/40点
合成酸化防止剤不使用10/10点10/10点
人工添加物不使用10/10点10/10点
タンパク質量
5/5点5/5点
粗脂肪量5/5点5/5点
合計得点89/100点89/100点

 

キャットフード「ワイソン」の得点の内訳は?

猫

主原材料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源である「鶏」を使用しているため、30点となります。

 

その他原材料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「チキンミール」「フィッシュミール」「玄米」「ビートパルプ」「ミネラル塩」「有機大麦若葉」「塩化カリウム」を使用しているため29点となります。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表は「ワイソンの詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛猫の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「ミックストコフェロール」「ローズマリーエキス」が使われています。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

猫はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると猫の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子猫:30.0%以上
  • 成猫:26.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、「40.0%以上」と子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子猫:9.0%以上
  • 成猫:9.0%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合「17.8%以上」と、子猫・成猫の各基準を満たしているため、どちらも5点満点となります。

 

キャットフード「ワイソン」の基本情報は?

猫 素材

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名ワイソン・バイタリティ(成猫用)
分類総合栄養食
定価4890円(税込)
内容量2.27kg
カロリー386kcal/100g
賞味期限開封前:製造から18ヶ月
開封後:1ヶ月
生産国アメリカ
販売元株式会社エスエスアイ
対応年齢11カ月~8歳
メイン食材
穀物玄米
酸化防止剤不使用
人工添加物不使用
粒の大きさ7mm
問合せ先0465-43-9452
配達までの期間1週間前後(Amazon)

キャットフード「ワイソン」の詳しい原材料と成分一覧は?

猫 素材

ワイソンの原材料

赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

主原材料
その他原材料チキンミールフィッシュミール、ターキーミール、玄米えんどう豆、えんどう豆プロテイン、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、亜麻仁、ビートパルプ、卵、モンモリロナイトクレイ、カニ肉粉、セサミシード、チキン・フィッシュのナチュラルフレーバー、乳清、ミネラル塩、炭酸カルシウム、トマトポマス、カルシウム・プロピオン酸塩、タウリン、塩化コリン、有機大麦若葉、ブルーベリー、海草、ヨーグルト、クエン酸,アップルペクチン、フィッシュオイル、イースト抽出物、ミックストコフェロール、ローズマリーエキス、チコリ根、植物繊維、イースト培養物、にんじん、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれんそう、ミネラル類(塩化カリウム、鉄蛋白化合物、亜鉛蛋白化合物、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸マンガン、マンガン蛋白化合物、硫酸銅、銅蛋白化合物、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム.)、ビタミン類(アスコルビン酸(ビタミンC源)、ナイアシン、ビタミンE、ビタミンA、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、パントテン酸カルシウム、リボフラビン、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸)、乾燥バチルス・リケニフォルミス発酵産物、乾燥麹菌発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥発フェシウム乳酸菌発酵産物、乾燥乳酸桿菌発酵産物、乾燥アシドフィルス乳酸菌発酵産物,乾燥枯草菌発酵産物,乾燥乳酸菌プランタラム発酵産物、乾燥ラクティス乳酸菌発酵産物、ペッパー

ビタミンCは尿路結石の予防に効果があると期待されている成分です。尿路結石におすすめなキャットフードについてはこちらの記事で解説しています。

ワイソンの成分分析値

成分名成分含有率乾燥重量比
粗タンパク質36.0%以上40.0%以上
粗脂肪分16.0%以上17.8%以上
粗繊維5.5%以下6.1%以下
粗灰分10.0%以下11.1%以下
水分10.0%以下
乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

粗脂肪量は16%と控えめなキャットフードです。おすすめの低カロリーキャットフードはこちらの記事、ダイエット用キャットフードはこちらの記事にまとめています。

 

キャットフード「ワイソン」の賞味期限は?

猫

賞味期限

  • 開封前:製造から18ヶ月
  • 開封後:1ヶ月

キャットフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

キャットフード「ワイソン」の保管方法は?

shutterstock_84418426

キャットフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

キャットフード「ワイソン」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

猫
体重目安給餌量1日あたりの価格
1kg25g55円
2kg43g92円
3kg58g125円
4kg72g155円
5kg85g183円
6kg97g210円
7kg109g236円
8kg121g261円
9kg132g285円
10kg143g308円
15kg194g417円
20kg240g518円
30kg325g702円
40kg404g870円
50kg477g1029円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成猫のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

キャットフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛猫に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

catfood

主原料に鶏を中心に「タンパク質量」「脂質」ともに理想的なキャットフードですが、一部品質の悪い原材料も混ざっています

動物性タンパク質に関しては「チキンミール」と「フィッシュミール」の品質が疑わしいです。

含有量は少ないので愛猫の体への影響は少ないと思われますが、気にしておいたほうが良いです。

主食として与えることもおすすめできる良質なキャットフードですが、愛猫の体に異変が起きたらすぐに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

穀物や人工添加物は愛猫の目ヤニや涙やけの原因にもなります。詳しい理由はこちらの記事から確認できます。

当サイトがおすすめするキャットフードはこちらの記事にまとめています。どれも本フードと同じ採点基準で高得点を獲得したキャットフードですよ。

ワイソン以外のアメリカ産のキャットフードはこちらの記事から確認できます。

 

商品購入ページへ

1d20215eb636f4055cdbd47c25ef28f9-e1495737705815

本キャットフードよりも点数が低いキャットフードは数多く存在します。

まずは今与えているキャットフードの点数と本キャットフードの点数を比較してみることをおすすめします。

キャットフードの選び方 メニュー