ゴールデンレトリバーのサマーカットはキケン?なぜ?

夏はさっぱりするので、サマーカットをするという飼い主さんは多いですよね。ですが、犬の毛を刈り取ってしまうことは、実は危険だといわれているのをご存知ですか?

この記事では、犬の被毛の役割やサマーカットの注意点をまとめています。

 

なぜサマーカットしようとする?

ゴールデンレトリバー

サマーカットをする理由として、多いのは「暑そうで可哀想」です。1年中毛皮のコートを羽織っているようで、暑苦しく見えてしまいますよね。

長毛種の犬は寒い地域に生息していたため暑さに弱いことが多いです。人が夏になると薄着になるように、愛犬もサマーカットをして涼しくしてあげたいと思いますよね。

また、被毛が長いと絡まったり、抜け毛が落ちたりして大変という理由で、切ってしまう飼い主さんも多いです。

見た目は涼しげで、お手入れも楽になるのでメリットは多いように感じてしまいますよね。

 

そもそも被毛の役割は?

ゴールデンレトリバー

毛の役割

  • 体温調節
  • 細菌・寄生虫・病原菌の攻撃を受けやすい
  • 保温・断熱材としての効果
  • 直射日光や紫外線など外的刺激から皮膚を守る

 

体温調節

環境により進化してきたため、人には暑そうに見えても夏には夏の、冬には冬の被毛の役割があります。無理になくしてしまったり短くしすぎたりすることで、体温調節の機能を損なう恐れがありますよ。

 

細菌・寄生虫・病原菌の攻撃を受けやすい

被毛は、細菌や寄生虫・病原菌などの感染を防ぐ役割を持っています。被毛があることで、外部から侵入することを難しくさせているのです。

 

保温・断熱材としての効果

被毛には、断熱材のような役割があります。被毛の間に空気の層をつくり、内側にある体を守っていますよ。冬には毛皮のコートのような保温効果があり、夏にはクーラーボックスのような保冷効果があります。

 

直射日光や紫外線など外敵刺激から皮膚を守る

常に被毛に覆われた長毛種の犬は、皮膚が弱いことが多いです。守っている被毛をなくしてしまうことで、皮膚は無防備な状態になります。怪我もしやすくなってしまいますよね。

 

もしカットしたい場合は?

ゴールデンレトリバー

はさみやバリカンを使って丸刈りにすると、毛質が変わってしまいます。具体的には「毛色が変わる」「毛質が悪くなる」「長さにムラが出る」などです。

サマーカットすることで犬にも悪影響が出て、さらに伸びてきたときに見た目も悪くなるのは残念ですよね。どうしてもサマーカットしたい時は短くしすぎないように注意してください。

長さはほとんど変えず、全体的に量を減らすと効果的です。

ただ、足や股、脇の間などを部分的にカットするのは問題ありません。股やお尻周りなどは排泄時に汚れがついて細菌が発生する原因にもなるので、常に短くしておいた方が良いですよ。