チワワのしつけ方!トイレや無駄吠え、噛み癖はどうする?

チワワは甘え上手で、ついつい甘やかしてしまいしつけに挫折してしまう飼い主さんが多い犬種です。特に、トイレや無駄吠え、噛み癖は基本的なことですが、難しいですよね。

この記事では、チワワのしつけの方のコツについてまとめています。

 

チワワのしつけ方のコツ

チワワ

しつけ方のコツ

  • 飼い主さんが最優先
  • 甘やかさない
  • 掛け声を統一する

チワワのしつけ方のコツは、飼い主さんがしっかりリーダーシップをとり、甘やかさずに毅然とした態度で行うことです。

上下関係をしっかり教え、誰がリーダーなのかを理解させます。そうすることで、どんなしつけでも楽に成功させることができますよ。

 

飼い主さんが最優先

チワワのしつけで肝心なのは「飼い主さんがいつでも優先」だということをはっきり認識させることです。散歩の時は飼い主さんより前を歩かない、ごはんは飼い主さんが先、など上下関係を覚えさせるようにしてくださいね。

関係性を明らかにすることは、正しくしつけを進めていく上で大切なポイントです。

 

甘やかさない

いくら愛犬のチワワが可愛いからといって、甘やかすことは良くありません。好奇心が旺盛で活発ですが、勝気で賢く少し臆病な性格の持ち主です。甘やかしすぎるとでワガママで攻撃的になってしまいやすいですよ。

攻撃的な犬は、散歩中に他の犬や人に噛みついてしまったり、トラブルを起こす確率が高くなります。しつけが完了するまでは心を鬼にして、甘やかしたい気持ちをグッとこらえてくださいね。

 

掛け声を統一する

しつけを始める前に、掛け声を統一するよう考える必要があります。家族でしつける場合、みんなであらかじめ話し合っておくことが大切です。

バラバラの掛け声を聞くことでチワワが混乱してしまうのを防ぐためです。例えば、止まってほしいときも人や状況により「ストップ!」「止まれ!」と掛け声が変わってしまうと分からなくなってしまいます。

同じ行動に対して同じ言葉で指示をすることで、しつけがしやすくなります。「指示をする時」「叱る時」「褒める時」など、声のトーンにも気をつけてくださいね。

 

トイレのしつけはどうすればいい?いつから?

チワワ

トイレのしつけ

  • 早い時期からトイレトレーニング
  • 根気強く
  • うまく出来たら褒める
  • トイレのタイミングを作る

早い時期からトイレトレーニング

トイレのトレーニングは早い時期から始めることが重要です。できればチワワを迎える前に環境を整え、飼育する初日からトレーニングを始めてくださいね。トイレの場所さえ理解することができれば、トレーニングはスムーズに進めることができますよ。

購入前に暮らしていた場所のトイレを再現してみるのもおすすめです。うまくトイレができていたのであれば、その環境に近づけることによって抵抗をなくしてあげることができます。

 

根気強く

始めのうちは失敗することもありますが、強く怒らずに根気強く対応することが大切です。粗相を厳しく叱ってしまうと排泄自体を叱られたと勘違いし、部屋の隅で見つからないように隠れてするようになってしまいます。

ついつい叱ってしまいそうになりますが、静かに掃除してあげてくださいね。臭いが残っていると、また同じところでしてしまう習性があります。ペット用の消臭スプレーが身体に優しくおすすめです。

 

うまくできたら褒める

トイレのトレーニングでは、叱るのは厳禁です。失敗を強く攻めるのはいけませんが、うまくできたときは思い切り褒めてあげてくださいね。素早く褒めて、できればおしっこの最中にも声と表情で表現してあげます。

ここでも掛け声は統一しておきます。ハイテンションで、楽しそうな雰囲気で褒めてあげてくださいね。

 

トイレのタイミングを作る

トイレのトレーニングをする上で、もうひとつ大切なのはタイミングを作ることです。始めのうちは、飼い主さんが手助けしてあげることも必要です。

食事後、遊んだ後、起きた時など、トイレに行くタイミングで連れてってあげてくださいね。まだトイレのタイミングができていなくても、こちらで決めたタイミングで連れて行ってあげることでその時間にするようにもなりますよ。

 

チワワの無駄吠え、どうしつける?

チワワ

しつけ方

  • 興奮が冷めたら叱る
  • 途中であきらめない
  • 我慢できたら褒める
  • 気を逸らす

興奮が冷めたら叱る

吠えている時に叱っても聞きませんので、興奮がおさまるのを待って声をかけるようにしてくださいね。この時も掛け声は統一するようにして、吠えたら怒られるという流れを作りそれを覚えさせることで吠えないようになっていきます。

 

叱っても吠え続ける!どうすればいい?

叱っていてもなかなか吠えるのをやめてくれないことは多いと思います。チワワが、叱られることを「かまってくれている」と勘違いしている可能性があります。

飼い主さんが今まで気にせず用事をしていたのに、吠えるとこっちを向いてくれると思っているのかもしれません。この悪循環から抜け出すためには「吠える」こと自体を止めさせるばかりではなく、環境を考えることも必要です。

よく吠えるのは、ストレスが原因の場合もあります。散歩の時間が足りない、いつもケージに入れられている、遊びが少なくて不満がある、留守番が多いなどの日常的なストレスが溜まって、小さなことでも吠えてしまうことがあります。ストレスを解消しながら、叱るしつけも続けてみてください。

 

途中であきらめない

しつけをしているからといってすぐに効果が出るとは限りません。長期間続けることになる場合がほとんどですよ。

ついつい途中で投げ出して、しつけが中途半端になってしまっては、ここまでの苦労が水の泡です。そんなときは、悩まずにプロの力を借りてみるのもひとつの方法です。犬のしつけを専門に行ってくれるトレーナーさんがいますので、自宅の近所でも探してみてくださいね。

 

我慢できたら褒める

叱って吠えるのをやめたらすぐに褒める、大げさに言葉と表情で褒めるのがポイントです。おやつをあげるのもおすすめですよ。

「吠えるのをやめたらいいこと・嬉しいことが起こる」とチワワに認識させることで徐々に吠え癖を直していきます。

ですが、この方法はやりすぎると要求吠えに繋がることがありますのでどうしてもというときの作戦としてとっておきましょうね。

 

気を逸らす

ベルに反応して吠える場合は飼い主さんも無視するというトレーニングが効果的です。ご家族と協力してしつけのときにわざと鳴らしてもかまいません。

必要なのはベルが鳴った音を無視するということです。ベルが鳴っても誰も入ってこない、何も起こらないと学習すれば吠えることも減っていきます。

 

チワワの要求吠え、どうしつける?

チワワ

要求吠えに対して、応えること良くありません。

犬は人間の言葉を話せないので吠えることで要求を伝えようとしています。それが要求吠えの正体なので、可哀想だと思ってしまう気持ちもありますが無視してしまいます。

要求吠えに反応してしまうと、犬は要求に応えてくれると思うようになります。かまって欲しいときに吠えれば遊んでくれる、ごはんが欲しいときに吠えればご飯がもらえると勘違いしてしまいます。

癖がついてしまうと矯正するのは大変難しいので、始めから「吠えても要求には応えない」という強い気持ちを持つことが肝心ですよ。

 

チワワの防衛吠え、どうしつける?

チワワ

チワワが防衛吠えをしてしまう原因は、主に2つあります。ひとつは主従関係がしっかり出来上がっていないことです。防衛のために吠えてしまうのは、「群れのリーダーである自分が仲間(飼い主)を守らないといけない」という心理にあります。

チワワが自分よりも飼い主さんを下に見ているので、守ってくれようとしているのです。これは、いつでも飼い主さんがリーダーである・リーダーがいるから縄張りは安心だと感じさせることで軽減することができます。

もうひとつは社会性が不足していることです。人見知りや犬見知りをしてしまっているので不安な気持ちで吠えています。子犬の頃から、たくさん人や他の犬と触れ合う時間を持つようにすることで社会性は養われます。自宅以外の場所は自分の縄張り外として認識していると、恐怖や不安な気持ちが大きくなってしまいます。ちょっとしたことでも吠える原因になってしまいますよ。

社会性を養う一環としてなるべく外へ連れ出す、ドッグカフェに行ってみることがおすすめです。積極的に知らない場所へ行き、他の犬とも顔を合わせるようにして徐々に慣らしていきます。知らない場所へ行くことでチワワがストレスを感じてしまうこともありますので、様子をしっかり見ながら「吠えるのを我慢できたら褒める」を実行してくださいね。

 

チワワの噛み癖!どうしつける?

チワワ

チワワのかみ癖も多い悩みのひとつですね。理由は多数あり、「歯の生え替わりで痒い時」「支配したい時」「恐怖を感じている時」「要求する時」などです。どれも、始めに許してしまうことでクセがついてしまいます。

かみ癖をつけないためには、甘噛みであっても許さないことです。少しでも噛まれたら、ケージに閉じ込める、大きな音を立てるといった「嫌なことが起こる」と認識させましょう。

噛むと嫌なことが起こることを学習すれば、噛み癖がなくなっていきますよ。可哀想に思い途中で諦めてしまいそうにもなりますが、ここでも心を鬼にしてしつけることが大切です。

また、噛み癖を直すためのスプレーが市販されていますので、利用してみるのも手です。噛んではいけないものにスプレーしておくと、嫌な味がするので噛むことをやめさせるという方法です。

支配したいときに噛む場合は「噛むことで相手を服従させよう」という思考です。「痛がる」「言うことを聞いてしまう」「パニックになる」「怖がる」といった行動を飼い主さんがしてしまうと、噛めば思い通りになる弱い相手と学習させてしまうことになります。

毅然とした態度、表情、低い声で思い通りにならないと理解させます。

噛み癖には、ストレスや歯肉炎・歯周病などの病気が原因になっていることがあります。散歩や遊びでストレスを溜めないようにするのはもちろん、定期的に獣医師さんの診察を受けて病気の予防・発見も心がけてくださいね。

 

成犬になったチワワのしつけは?

チワワが成犬になってからしつけを始める時は、それまでの習慣を変えなければいけないので、子犬の時期に始めるしつけよりも時間がかかります。あせらずにチワワの体に負担がかからない程度にゆっくりとしつけていくことが必要です。

成犬は環境適応能力がすでにある程度備わっているので、飼い主にとって良くない行動も、実は現在の環境に適応するための行動である可能性があります。環境を見直すこともしつけのひとつになりますよ。

改めて、チワワいる環境がどのようになっているのか、犬からどう見えているのか考えてみることもオススメですよ。

 

チワワの散歩のしつけは?

チワワは華奢な体格なので、骨や関節の病気を予防するためにも健康維持が重要です。そして、健康維持のためには散歩がとても重要になってきます。

散歩の時に気をつけたいのが、他の散歩中の犬や人に対して攻撃的になることです。しつけとしては怖がるチワワをすぐに抱き寄せてしまうのではなく、少しずつ外の社会に慣れさせていくことが必要です。

また、リーダーウォークを覚えさせることも、事故や怪我を防ぐために役に立つしつけですよ。

 

しつけは毎日の積み重ね

チワワ

一度に多くのことを教えられてもかえって混乱してしまい、失敗する原因にもなります。上手に少しずつしつけて、無理のない程度に進めてくださいね。

「よくできたら褒める」「褒めるときと叱るときの声色やテンションはしっかり使い分ける」ことをいつも意識しておきましょう。

しつけは大変ですし可哀想に思うこともありますが、結果的にお互いのために必要なことです。ゆっくりでも確実に成功させてくださいね。

 

チワワのブリーダーさんをお探しの方へ

チワワ 

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のチワワのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のチワワの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。チワワは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在チワワの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。