豆柴の正しい選び方!悪徳ブリーダー?偽の血統書?

近頃は海外でも日本犬の人気が高まってきています。忠実で頭が良く、国内でも昔から大人気の日本犬ですが、その中でも一番人気は柴犬です。

室内で飼育したい人が増えていたり、マンションなどの集合住宅でも飼いやすいという理由から、小さい柴犬である豆柴が注目されていますよ。

この記事では、豆柴について悪徳なブリーダーや偽の血統書についてまとめました。

 

豆柴は柴犬と同じ?

shutterstock_401055829

豆柴は小さめの柴犬同士を掛け合わせてできた犬種です。犬種といってもJKC(ジャパンケネルクラブ)などでは公式な犬種として認められていません。公式な区別のある犬種ではありませんが、「豆柴」として広く知られていますよ。

 

豆柴の悪徳ブリーダーとは?

shutterstock_507547243

豆柴専門のブリーダーは多数存在しますが、中には悪徳ブリーダーと呼ばれるような業者も存在します。

利益ばかりを追及し、無理な近親交配で生まれた体の弱い子を販売したり、ポメラニアンと掛け合わせたミックス犬を豆柴と偽り販売する業者までいるのです。

他にも食餌量を制限して大きくさせない、虐待のようなことを平気でしている業者もいるのが実状です。

 

豆柴の血統書!偽物に注意

先ほどご紹介したように、「豆柴」は公式な犬種として認められていないので「柴犬」の血統書になります。ただ、KCジャパン(日本社会福祉愛犬協会)でのみ、2008年から血統書の発行を始めています。

「豆柴」という血統書はKCジャパン以外はすべて偽物なので注意してくださいね。

 

豆柴の選び方、犬舎号を確認する

shutterstock_512998627

豆柴を選ぶときには犬舎号を確認することが重要です。正式な区別のない豆柴は、成長して大きくなりすぎたなどのトラブルが頻発しています。

理想の大きさ・姿の犬を作るには長い年月が必要だといわれています。犬舎の歴史が古いところを選ぶとトラブルの確率は下がりますよ。

豆柴の犬舎では初めて豆柴の研究を始めた「樽井荘」、その樽井荘から受け継いで50年以上経つ「宝山荘」の流れを組んでいる犬を選ぶのがおすすめです。

ほとんどのブリーダーは犬舎号を掲載していますので、必ず確認してくださいね。掲載が見当たらない場合は注意が必要です。

 

信頼できるブリーダーの見つけ方

shutterstock_571495510

良い豆柴のブリーダーを見つけるには、本当に信頼できるのかを見極めるスキルが必要になります。良いブリーダーは、豆柴が公式な犬種として認められてはいないこと・豆柴とは小さな柴犬だということをしっかり説明してくれますよ。

また、きちんとしたブリーダーはサイズや色・顔つきなどにこだわりがあり、掛け合わせた親犬を公開してくれます。健康な犬を生み出すために「無理な交配をしていない」「3代以上前の血統を公開している」ことがとても大切なポイントです。

そして、疑問に思ったことはすべて質問し、解決するまでしっかり説明してくれるところは信頼できるブリーダーといえますね。

利益優先の悪徳なブリーダーや繁殖業者は、隠し事があったり不信に感じたりするところが必ずあります。焦らず、本当に信頼できると判断してから購入するようにしてくださいね。

 

豆柴のブリーダーさんをお探しの方へ

豆柴

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の豆柴のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。
各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。豆柴は特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在豆柴の飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

値段では決まらない?

shutterstock_435844264

公式な犬種として認められていない豆柴は、値段の相場が定まりにくいという特徴があります。小ささがポイントの豆柴は、小さければ小さいほど高価になることがあります。被毛の色や、健康状態、しつけ有無によっても値段は変わります。

しかし、高いから良いというわけでは決してありません。豆柴の健康面や、購入先は信頼できるのかなど様々な側面から見極めてくださいね。

大きくなるトラブル頻発!

shutterstock_571499389

「豆柴を購入したのに成長とともに大きくなってしまった」「普通の柴犬ほどの大きさになってしまった」というトラブルが頻発しています。

安さに飛びつき悪徳ブリーダーにつかまってしまったり、豆柴やブリーダーについてよく調べずに購入してしまうとトラブルに遭うことがあります。

特に悪徳ブリーダーは無理に成長をストップさせたり、生まれてすぐの子犬を「豆柴」として販売していることがあります。購入時、一見豆柴に見えても子犬だから小さいというだけで成長とともに大きくなってしまいます。

食餌量を制限して成長をストップさせている場合は、迎え入れたあと通常の食餌量に戻すことにより急成長してしまいます。

大きくなっても、愛犬の可愛いさには変わりありません。ただ、豆柴サイズなら飼育できたが、大きくなってしまうと飼育できないという家庭もあるかと思います。大きさにはこだわらないというのであれば問題はありませんが、悪徳ブリーダーは健康面でも管理が雑であることが多いので注意してくださいね。

 

悪徳ブリーダーを見極める!

shutterstock_568219144

公式認定犬種でなくても人気の豆柴からこそ、悪徳ブリーダーがはびこっているのが事実です。どのようなブリーダーが悪徳と呼ばれるのかをしっかり勉強することが購入のポイントです。

良いブリーダーは上記で紹介した他にも、病気やしつけなどに関するアフターケアがしっかりしています。「こちらとのコミュニケーションを面倒そうにしている」「質問や相談に対する受け答えが冷たい」「犬に対する愛情が感じられない」などおかしなところがあれば、その場で購入するのはやめて、じっくりと検討してみてください。

犬舎の見学を申し入れ、臭いや衛生面についても確認することが大切です。良いブリーダーは管理がしっかりしているので、明らかに臭い・汚い場合は信頼できない可能性が高いですよ。

長く一緒に暮らしていく愛犬ですから、スタートである購入時のトラブルを避けるためにもブリーダー選びが重要ですよ。