フレンチブルドッグを飼いたい!ペットショップ?ブリーダー?里親?

フレンチブルドッグは、人懐っこく無駄吠えの少ない性格です。初心者でも飼育しやすく、人気の高い犬種ですよ。
入手する方法は主に、ペットショップやブリーダー、里親です。

この記事では、フレンチブルドッグの入手方法についてまとめました。

 

ペットショップから購入する?

フレンチブルドッグ

値段は?

フレンチブルドッグのペットショップ価格は15~30万程度と、他の犬種に比べて高いのが特徴です。難産が多く、ブリーダーの数が少ないため流通量が少ないのが理由です。

 

メリットは?

ペットショップで購入するメリットは、手軽に購入できるという点です。ブリーダーを探して、見学に行って、などの手間がないため利用する人が多いですよ。

 

デメリットは?

ペットショップで購入するデメリットは、子犬がどのような環境で育ったかがわからないという点です。悪質なブリーダーに育てられた子は、生活環境の悪さから病気にかかりやすい、体の弱い子に育つ傾向にあります。

ペットショップ自体の環境が悪い場合はもちろん、生まれた環境がわからないと遺伝疾患の有無も不明になってしまいます。

また、希望のカラーや性別の子を探しにくいこともデメリットといえます。ペットショップでフレンチブルドッグを引き取ることはあまりおすすめできません

 

注意点

ペットショップでは手軽に購入することができるため、衝動買いをしやすいですよね。飼育してからのことをあまり考えずに飼い始めると、思わぬ問題が生じる可能性があります。

環境面やコスト面、家族全員が飼育に協力的であるか、責任を持って飼育できるのか、など真剣に考えてみてくださいね。犬種について正しい知識を身につけておくことが大切です

かかりつけの動物病院を決めたり、問題が起こった時に相談できる相手を見つけておくことも大切ですね。

 

フレンチブルドッグ、ブリーダーから購入する?

フレンチブルドッグ

値段は?

ブリーダーから購入する場合、20~40万程度の費用がかかります。

 

メリットは?

ブリーダーから購入するメリットは、悩みがあったら手軽に相談ができるという点です。特に初めて子犬を飼う場合、ちょっとした事で不安になってしまいますよね。アフターフォローをしてくれるブリーダーを探すのがポイントです。

ブリーダーはかなりおすすめな販路ですよ。

 

デメリットは?

ブリーダーから購入するデメリットは、遠方まで出向く必要があることです。対面での引渡しが法律で定められており、犬舎まで迎えにいくかブリーダーの方に届けてもらう必要がありますよ。

 

注意点

ブリーダーの中には悪質な業者が存在することも確かです。そのようなブリーダーさんの飼育環境は悪く、病気にかかりやすい子が多いのが特徴です。

悪質ブリーダーを見極めるには、犬舎を見学するのが一番です。購入前に1度は犬舎へ足を運んでくださいね。見学を断られた場合は、悪質なブリーダーである可能性が高いと考えられますよ。

 

良いブリーダーの見極め方は?

犬 フレンチブルドッグ 素材
良いブリーダーの見極め方

  • 犬舎を見学させてもらえる
  • 両親犬に会わせてもらえる
  • 生後間もない子犬を譲っていない
  • 購入後のケアが充実している
  • 過去の販売実績や口コミ

犬舎を見学させてもらえる

動物愛護管理法で、子犬の現物確認と対面説明が義務付けられています。

正当な理由で見学を拒否していることもありますが、悪質なブリーダーは不衛生な環境で飼育しているなどの理由で断っている可能性が高いです。

 

両親犬に会わせてもらえる

良いブリーダーは親犬の管理もしっかり行い、計画的な繁殖を行っています。

出産後のホルモンバランスの変化で見せてもらえない場合もありますが、正当な理由がなく会わせてもらえないことはないですよ。

 

生後間もない子犬を譲っていない

45日齢以下の子犬の販売は、法律で制限されています。

生後間もない時期を親や兄弟と過ごすことが出来なかった子犬は社会性を身につけられないため、後に問題行動を起こすことも少なくないです。

生まれてきた子犬を我が子のように大切にしているブリーダーであれば、最も大切な時期の子犬を譲るようなことは絶対にしません。

 

購入後のケアが充実している

ブリーダーさんの願いは、譲り渡した子犬が新しい家族のもとで生涯幸せに暮らしてくれることです。

質問や連絡を一切受け付けないようなブリーダーではなく、飼育に関する相談に親身に答えてくれるブリーダーを選ぶようにしてくださいね。

 

過去の販売実績や口コミ

過去の販売実績や、口コミも良いブリーダーを選ぶ際の参考になります。

販売実績が多い=良いブリーダーとは言いきれませんが、「購入前・後の相談に快く応じてくれた」などの口コミと併せて総合的に判断することが大切ですよ。

良いブリーダーの見極め方について、詳しく知りたい方はこちら

 

フレンチブルドッグ、里親になって引き取る?

フレンチブルドッグ

値段は?

里親になって引き受けるのは、基本的に料金がかかりません。ただ、別途で医療費がかかることがありますよ。

 

メリットは?

里親になって引き取るメリットは、成犬の状態で引き取れるという点です。飼育できなくなった子を譲り受けるので、成犬になった子がほとんどです。

性格や習性がある程度分かった状態で飼育することができます。活発な子や大人しい子など、その子の特徴が教えてもらってから譲り受ける事ができますよ。

 

デメリットは?

里親制度で引き取るデメリットには、希望の子に出会える可能性が低いという点があります。里親を探している人は少なく、フレンチブルドッグを限定して見つけるのは大変です。

 

注意点

家族全員の許可があるか、飼育環境が整っているか、コスト面でも余裕があるかなどしっかりと考えてから引き受けてくださいね。

 

フレンチブルドッグの販路はブリーダーがおすすめ!

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの入手には、さまざまな方法があります。ご家庭にあった入手方法を選ぶ事が大切で、元気で楽しい生活を送るためにも飼育環境もしっかり整えてあげてくださいね。

なにより愛情を持って育ててあげる事が大切です。

 

 

フレンチブルドッグのブリーダーさんをお探しの方へ

フレンチブルドック (4)

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のフレンチブルドッグのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。フレンチブルドッグは特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在フレンチブルドッグの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。