ゴールデンレトリバーの春夏秋冬ごとの季節ケアまとめ

ゴールデンレトリバーは、小型犬ブームで日本の家庭での飼育は減りましたが、世界中で大型犬ペットとして定番ですね。飼育が楽とはいえ、日ごろのケアはちゃんとしてあげなければなりません。

この記事では、ゴールデンレトリバーの季節ごとのケアに着目した飼い方についてまとめました。

 

ゴールデンレトリバーの春のケア

ゴールデンレトリバー
  • 予防接種
  • 気温変化
  • 換毛期
  • ノミ・ダニ

予防接種

自治体に犬を登録しておくと、春に予防接種の通知が来ます。犬や猫を飼い始めた際は、登録しておくのがおすすめです。狂犬病予防は生後3か月から法律で義務付けられていますよ。

また、ノミ・ダニ予防と一緒に混合ワクチンやフィラリア症の予防接種もするといいですよ。犬にとっても悩ましい花粉症予防もあります。

 

気温変化

ゴールデンレトリバーは気温の変化に強い犬種です。春は犬にとっても過ごしやすい季節なので、体調を崩すことはあまりありません。

仔犬や高齢犬は免疫力が低いため注意が必要です。朝晩の冷え込みに備えて、毛布を用意しておくといいですよ。

 

換毛期

寒さが和らぐと換毛期に入り、夏毛に生え変わりますよ。早いと3月ごろから抜け始め、1か月かけて全て入れ替わります。抜け毛が始まると不衛生になり、皮膚病を招く恐れがあります。特にこの時期は、毎日のブラッシングが肝になりますよ。

ゴールデンレトリバーのようなダブルコートの長毛種には、スリッカーブラシがおすすめです。また、コームやピンブラシをプラスして、使い分けると完璧ですね。

 

ノミ・ダニ

春はノミ・ダニが発生しやすい季節です。通気性の悪い室内では増殖しやすいので注意してくださいね。かゆがったり、地面に体をこすりつけたり、足でしきりに掻いたりすると、ノミ・ダニが増えている可能性があります。皮膚や被毛のチェックがおすすめです。

予防策としては、草むらのような寄生虫がいる場所に行った後の、丁寧なブラッシングです。飲み薬やノミ取りシャンプー、スプレー、適下剤といった方法で予防することができますよ。春先になったら、かかりつけの動物病院に相談してみるのが良いですね。

 

ゴールデンレトリバーの夏のケア

ゴールデンレトリバー
  • 暑さ対策
  • 湿気
  • 食中毒
  • 肥満
  • エアコン

暑さ対策

ゴールデンレトリバーは、毛質ゆえに夏の暑さはとても苦手です。気温・直射日光・湿度に加え、アスファルトからの熱と日光の照り返しで厳しい季節なのです。

犬は体の位置が低いため、熱くなった地面の影響を受けやすいです。夏のアスファルトは50℃になるともいわれていますよ。そのため、散歩時間には注意する必要がありますね。

早朝や夕方の比較的涼しい時間帯を選んで散歩すると良いですよ。

 

湿気対策

ゴールデンレトリバーの毛質は寒さに強いダブルコートです。湿気が高いと被毛に湿気を取り込んでしまい、雑菌や害虫、ダニなど、皮膚トラブルの原因になりますよ。

特に梅雨のジメジメした時期には、皮膚に炎症を起こしていないか、こまめにチェックしてあげてくださいね。湿度が高いと熱中症の危険もありますから、室内では換気や除湿器をかけるなどの対策が必要です。

 

食中毒

ジメジメした夏は、食べ物が悪くなりやすい季節ですね。犬の餌や水の管理も大事です。気温や湿度が高いために菌が繁殖しやすく、食中毒になってしまうことがあります。食べ残しはきちんと捨て、水もこまめに交換してくださいね。

食べ残しだけでなく、保存している餌にも注意します。冷蔵庫に入れていたとしても、夏場は早めに使い切るように心がけ、購入する餌の容量を工夫する必要があります。

 

肥満

ゴールデンレトリバーはよく食べますよね。夏は運動不足になりがちで、太りやすいので、気をつけてくださいね。

成長期を過ぎた3~7才は、体重維持期です。成犬の標準体重である、オス30~35kg、メス25~32kgを保てるよう食事管理をしてくださいね。

夏が苦手な食いしん坊ですから、この時期は餌の量を調節することが大切です。

 

エアコン

ゴールデンレトリバーは、ダブルコートなので暑いのは苦手です。熱中症などの危険性もあるので、エアコンや扇風機などでの室温調節は大切ですよ。

ただ、エアコンの寒さには注意が必要ですよ。犬は人より低い場所にいるため、体感温度に違いがあります。毛布を用意してあげると良いですよ。

外と室内の温度差が激しくても体調を崩してしまいます。特に高齢犬や仔犬は要注意です。夏場は、ゴールデンレトリバーに適した25℃前後の室温を保つよう心がけてくださいね。

 

ゴールデンレトリバーの秋のケア

ゴールデンレトリバー
秋は夏の暑さで低下した体力を回復させる期間です。運動量を徐々に戻し、筋力をアップさせます。また冬に向けてエネルギーを蓄える時期でもあるので、食欲が増して肥満になりがちです。食べ過ぎないように餌の調節が必要ですよ。

換毛期は年に2回あります。11月ごろは冬毛にチェンジする換毛期に入ります。毛玉ができてしまうと取り除くことが困難なので、毛が溜まらないようこまめにブラッシングしてあげてくださいね。スリッカーで丁寧にブラッシングして抜け毛を取り除いた後、優しくコームをかけてあげると良いですよ。

 

ゴールデンレトリバーの冬のケア

ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバーは寒さに強く、雪の中でも活動できます。寒暖差には注意が必要で、急に家から外に出ると体調を崩すことがあります。子犬や老犬は免疫力が低いので注意が必要です。

こたつや電気毛布、パネルヒーターは、長時間使っていると火傷をしてしまうことがあります。直接機器に触れないよう気をつけてくださいね。床暖房やホットカーペットは、逃げ場所を確保しクールダウンできるようにしてあげてくださいね。

この時期は乾燥にも注意が必要です。湿度は40~60%程度が最適ですよ。

 

適したブラシを使おう!

犬 ブラッシング

3月と11月の換毛期でなくても、ゴールデンレトリバーは抜け毛が多い犬種です。最低でも週1回のペースでブラッシングしてあげてくださいね。

ブラッシングのし過ぎや間違ったブラシを使うことで皮膚を傷つけてしまい、逆に皮膚病の原因になることもあるので、注意が必要ですよ。

ダブルコートの長毛種には、スリッカーブラシがおすすめです。もしくは、抜け毛がごっそり取れるという「ファーミネーター」という商品もありますよ。

 

ゴールデンレトリバーのブリーダーさんをお探しの方へ

ゴールデンレトリバー

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のゴールデンレトリバーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。ゴールデンレトリバーは特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在ゴールデンレトリバーの飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。