豆柴ってどんな犬?海外でも人気?どう選ぶ?

豆柴は、柴犬の一回り小さい種類です。「豆柴」という公式の犬種はなく、柴犬の一種ですよ。

豆柴よりさらに小柄な「小豆柴」なんて種類も存在しますよ。日本犬の飼い主さんへの誠実さと小柄ゆえの飼いやすさから、日本のみならず海外でも人気が高まっています。

この記事では、豆柴について海外での人気や選び方などをまとめました。

 

豆柴ってどんな犬?

豆柴

「豆柴」は非公認の呼び名で、正確な犬種は「柴犬」ですよ。豆柴は、柴犬の英語名である「Shiba Inu」や「Shiba」「Japanese Shiba Inu」と表されますが、そのまま「Mameshiba」といわれることもあります。

スタンダードな柴犬より一回り小さなサイズが豆柴と呼ばれます。成犬になっても小柄で、可愛らしさがより際立っているのが魅力ですね。

 

豆柴の基本情報

小柄な柴犬同士を交配させて生まれたのが豆柴です。そのため、血統書には「柴犬」と表記されますよ。柴犬は日本犬のルーツであり、従順で忠実なイメージの火付け役といえますね。

柴犬の体高は35~40cm程ですが、豆柴は28~34cm程しかありません。

豆柴のもっと詳しい情報はこちらの記事です。

 

豆柴の歴史

柴犬は日本犬のルーツといわれています。日本では縄文時代から、猟犬が人と共に暮らしていました。縄文犬は45cm程度の中型犬でしたよ。その後、徐々に小型化していき、縄文中期では40cm程になります。

柴犬は戦時中に個体数を減らしてしまいました。しかし、戦後は保存活動に力を入れた結果、現在の繁栄に至っていますよ。豆柴は、1955年(昭和30年)に京都で交配・繁殖された柴犬の血統だといわれています。

愛玩用として誕生した小型の柴犬である豆柴は公認犬でない分、売買取引においてトラブルが多発しています。豆柴のつもりで購入した子犬が、いつの間にか大きく成長してしまうというケースは少なくありませんよ。

豆柴は成犬になっても小さいとは限りません。飼育を考えている方は、犬種は柴犬であることを念頭に置いておくことをおすすめします。

 

豆柴の寿命は?

豆柴

 

柴犬は、近年長寿傾向にあり、15~20才まで生きる個体も見られるようになりました。一方、豆柴は体が小さいからか、寿命は12年前後と短いですよ。

柴犬の仲間は、皮膚疾患の多い犬種として知られています。「アトピー性皮膚炎」には注意が必要です。その他、「椎間板ヘルニア」や「緑内障」、小型犬の代表的な病気である「膝蓋骨脱臼」にかかりやすいですよ。予防できるものは、日頃からケアをきちんと行ってあげてくださいね。

豆柴の病気や寿命について詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴の見た目の特徴、大きさや被毛の種類は?

豆柴

豆柴の特徴は、小さく可愛らしいところですよね。柴犬はやや胴が長めなのですが、豆柴はぬいぐるみのようにコロコロとしています。

その一方で、柴犬のガッシリ体系も兼ね備えていますよ。逆三角形の輪郭や三角形のピンと立った耳をしている典型的な日本犬顔です。クルンと巻いたしっぽも可愛らしいですよね。

 

大きさは?

柴犬と豆柴の体高

  • 柴犬 オス:38~41cm
  • 柴犬 メス:35~38cm
  • 豆柴 オス:30~34cm
  • 豆柴 メス:28~32cm

柴犬の体高は、オスが38~41cmほど、メスが35~38cmで、体重は7~10kgが標準です。

一方、豆柴の体高は、オスでも30~34cm、メスが28~32cmほどにしか成長しません。柴犬のメスと豆柴のオスが同じくらいの大きさと考えるとわかりやすいかもしれませんね。体重も4~6kgが標準値です。4kgというと、平均的な猫と同じくらいといえます。

豆柴の大きさについて詳しくはこちらの記事です。

 

毛質や毛色は?

柴犬の毛質は、コシがありゴワゴワしたような感触ですね。これは「ダブルコート」といって、二層構造になっているからです。

「アンダーコート」といわれる下の毛は、細かく柔らかい毛質になっており、防寒機能があります。

「オーバーコート」といわれる上の毛は、長くゴワゴワした毛質で衝撃から身を守りますよ。換毛期には、柔らかいアンダーコートが全て生え変わるので、柴犬は抜け毛の多い犬種といえますね。

豆柴の毛色には、茶色、黒、胡麻、白があります。9割以上が茶色いですが、中には茶色に白が混ざった裏白という個体もいますね。胡麻は、差し毛のことですよ。

豆柴の毛色について詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴は体が弱い?

豆柴

豆柴はブリーダーによって作出されたので、スタンダードな柴犬よりもストレスを溜めやすく、病気になりやすいことがあります。

また、悪徳ブリーダーによる無理な近親交配で、生まれつき体の弱い個体や生命力が弱いことがあります。誕生後すぐに死んでしまうことが頻繁に起こっていた時期もありました。

豆柴の悪徳ブリーダーについて詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴の性格は?

豆柴

豆柴は、柴犬の従順な性格を受け継いでおり、飼い主以外には少々気難しいですよ。特に警戒心が強いのが特徴的ですね。日本犬ならではの性格で、ヨーロッパを中心に海外でも人気が急上昇している理由です。

臆病で縄張り意識の強い犬種ですが、仔犬の頃からたくさんの人や犬と触れ合うことで社交的な性格になりやすいですよ。

中には初対面からフレンドリーな子もいますが、嫌いなことをされると噛んだり、鳴き叫ぶことがあります。そんな少々わがままな一面も愛嬌がありますね。

豆柴の性格について詳しくはこちらの記事です。

 

豆柴の仔犬の選び方

豆柴

豆柴が成長して、普通の柴犬サイズになってしまったというケースは少なくありません。信頼できるブリーダーからの購入をおすすめしますよ。

豆柴の親を育て、出産も見てきたブリーダーさんと直接会うことが大切です。成犬の大きさや兄弟たちも見せてもらえることが多いので、とても参考になりますよね。

兄弟たちと遊んでいる風景を見たりブリーダーに相談することで、我が家にぴったりの愛犬を見つけられるはずです。

家に迎えた後の飼い方についても相談にのってくれるブリーダーさんもいるので安心ですね。

 

あくまで柴犬であることを忘れずに!

豆柴

いくら信頼できるブリーダーから豆柴を購入したといっても、通常の柴犬サイズに成長してしまうことがあります。血統が柴犬なので起こりうることなのです。

悪徳ブリーダーの場合、普通の柴犬の仔犬を豆柴といって販売していることがあるので注意が必要ですよ。信頼できるブリーダーさんを見つけ、仮に大きくなってしまっても飼育できる環境を整えてあげてくださいね。

我が家に迎えたら、どんなことがあろうと犬に責任はありません。最期まで大切に愛情を注いで育ててあげてくださいね。

豆柴のブリーダーの上手な見分け方についてはこちらの記事です。

豆柴の購入方法であるペットショップ、ブリーダー、里親制度と選び方について詳しくはこちらの記事です。

豆柴のブリーダーさんをお探しの方へ

豆柴

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の豆柴のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。豆柴は特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在豆柴の飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

飼いやすい小型犬人気ランキング60選はこちら