猫アレルギーの原因、症状、治療法、克服方法まとめ

猫を飼っている方やこれから猫を飼いたい方と思っている方にとって、自分や家族が猫アレルギーを発症することがないか不安になりますよね。猫アレルギーはいつ発症するかわかりませんし、猫を飼っていても突然発症してしまう可能性があります。

この記事では、猫アレルギーの原因、症状、治療法、克服方法についてまとめました。

猫アレルギーの原因は?

猫

猫アレルギーの主な原因は、猫のフケ、毛、唾液、尿に含まれる「アレルゲン」と呼ばれるアレルギー誘発物質です。

アレルゲンは、アレルギー体質の人の体内に入ると「異物」や「危険物」と認識されます。異物に対して抵抗するために過剰に免疫反応が出ることによりアレルギーが発症します。アレルギーが現在出ていない人でも、アレルギー体質の人はいるため、今後アレルギーが出てくる可能性はあります。

 

猫アレルギーの症状は?目のかゆみ、くしゃみ、咳?

猫アレルギー

猫アレルギーは花粉症と似ていて、目のかゆみや充血、くしゃみ、鼻づまり、咳などの症状がみられます。風邪の症状ともよく似ているといわれます。ひどい場合は喘息になってしまうリスクもあります。

猫アレルギーは比較的わかりやすく、同じ空間に猫がいたり猫と接触したりするとすぐに反応が出始めます。疑わしい症状が出てきたらまずは病院に行き、内科で診察を受けてください。

 

猫アレルギーは治療可能?薬を飲む?

shutterstock_118522072

現状では、猫アレルギー症状が一度現れると、治療によって根治することは難しいとされています。

治療方法としては、病院を診察し、処方された薬を服用することで猫アレルギーの症状を緩和できます。花粉症で薬を服用することと同様ですが、症状がある程度緩和されますよ。

完全に克服することは難しいですが、症状を緩和させるためには「アレルゲンが発生しづらい環境をつくる」ことが大切です。

 

猫アレルギーの克服方法は?

猫_人

猫アレルギーを克服するには、アレルゲンへの接触量を減らすことが最も効果的な方法です。また、猫アレルギーがまだ発症していない方にとっても、効果的な予防方法ですから、ぜひ習慣づけてください。

忙しい方にとって全てを行うのは難しいですが、ご自身の症状の重さを考慮しながら、無理のない程度で行えるといいですね。

●部屋の中を頻繁に掃除する
●週に2~3回はブラッシングを行う
●月に1~2回は猫をシャンプーする
●ブラッシングやシャンプーの際は、マスクをつけながら行う
●ブラッシングやシャンプーの後は、洗剤でしっかりと手と腕を洗う
●起毛しているカーペットやラグはできるだけ使わないようにする(フローリングがおすすめ)
●カーテンや毛布、布団をこまめに洗濯する
●加湿機能付きの空気清浄器を利用する(空中を舞っているアレルゲンを沈める効果)
●ペット用化粧水「AVANCE(アヴァンス)」を使用する

 

猫アレルギーに効果的!AVANCEとは?

アヴァンスAVANCE

AVANCE(アヴァンス)は天然温泉成分を配合したペット用化粧水で、多くの飼い主さんから支持されている話題の商品です。

特許取得済の「RG92」という緑藻エキスと、世界毛髪会議にて最優秀賞を受賞した「温泉酵母」が含まれており、それぞれ抗炎症作用と細胞活性効果が期待できます。

天然成分のみでつくられた化粧水なので、薬とは違い副作用の心配はありません。添加物・アルコールなどを一切含まない「完全無添加」で、患部にもしみることなくお使いいただけます。

アトピーや皮膚炎にも効果的なので、猫のアレルギー治療・予防には特におすすめしたい商品です。今ならお試しセット30mlが1,000円(税込・送料無料)なので非常にお買い得ですよ。

内容量通常サイズ(300ml)
お試しミニボトル(30ml)
価格通常サイズ:4,320円
お試しミニボトル:1,000円

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

睡眠も猫アレルギーの克服方法になる?

猫 かわいい

睡眠不足は、人間にもともと備わっているアレルギー反応を抑制する機能の働きを低下させます。また、睡眠不足は免疫力の低下にもつながり、アレルギー反応が出やすくなる可能性があります。睡眠は充分に取り、日ごろから体調を気にする習慣をつけましょう。

 

猫アレルギーが心配な方は、まず検査を

猫 かわいい

いかがでしたか?猫アレルギーの症状が出た場合やこれから猫を飼うに当たって心配な方は、一度病院を受診し、猫アレルギーの検査を受けてみてくださいね。

猫アレルギーの克服方法は自分自身のためだけではなく、愛猫が快適に生活するための生活習慣でもあります。楽しいペットライフを過ごすためにも、掃除やブラッシング、シャンプーは忘れずに行うようにしてください。