柴犬のサークルの選び方は?飼い方は?

飼い主さんに従順で元気がよく、活発的な柴犬。

室内飼育をするためにサークルの購入を検討する飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、柴犬のサークルの選び方と、設置場所や飼い方についてまとめました。

 

柴犬をサークルで飼うメリット・デメリットは?

柴犬

サークルを上手に使えば、柴犬との共同生活をより快適に彩ることができます。ここでは、サークルのメリット・デメリットをご紹介します。

 

サークルで飼うメリットは?

サークルで飼う一番のメリットは、柴犬にとって落ち着ける場所を用意できることです。

周りを囲まれた自分だけの空間は、かつて柴犬の先祖が暮らしていた「巣穴」と同じ環境で、本能的に柴犬がリラックスしてくれるのです。

またサークルによってリラックス空間を作ることができれば、しつけの覚えも早くなります。

留守中や来客時などにはサークルの中でおとなしくしてくれるようになるので、飼い主さんとしても安心ですよね。

 

サークルで飼うデメリットは?

サークルに閉じこもって、運動不足になってしまうケースがあります。サークル内で食事と睡眠をするようになり、散歩を嫌がるようになった柴犬も実際にいます。

毎日散歩をきちんと行っていれば問題ありませんよ。柴犬の散歩に関してはこちらの記事を参考にしてくださいね。

また、サークルは常に締め切っているのではなく、たまに開放することも大切です。

 

サークルで飼うときトイレはどうする?

素材 疑問

トイレはトイレ用のサークルを別で用意するべきです。

小型犬では一つのサークルの中にトイレを一緒に設置することもありますが、柴犬には少し狭いです。

また柴犬はキレイ好きな子が多いので、トイレの臭いを嫌がってストレスになるケースも多いです。普段過ごす場所とトイレが近すぎると、ゆっくりと落ちつくことができないのです。

 

サークルはどこに設置したらいい?

素材

柴犬が落ち着くためのサークル。

置き場所はやはり静かな場所が良いです。飼い主さんが普段テレビを見たり食事をしたりする居間に設置してあげると飼い主さんが近くにいる安心感がありますよね。

ただ来客が多かったり洗濯機が近くにあったりと、居間の静かさを担保できないおうちの場合は居間以外の場所にサークルを置くことがおすすめです。

また「日当たり」も大切です。日差しが強すぎる場所では熱中症の危険があるので、程よく日当たりがあり、風通しの良い場所が一番良いですね。

 

柴犬のサークルの選び方は?

柴犬

ここでは柴犬に適したサークルの「大きさと高さ」「素材」「屋根」を紹介しています。

 

大きさと高さは?

柴犬用のサークルは狭い方がよいですが、サークル内でお留守番をしたりご飯を食べたりすることを考えるとある程度の広さは必要です。

一般的な大きさでもある「60×90cm」のサイズがおすすめです。中で自由に動くことができますし、食器やおもちゃを入れることもできます。

高さは飛び超えられないように60〜80cmは必要です。

 

 

素材は?

木製か金属製の丈夫なサークルがおすすめです。

木製は重さがあるのでよいですが、かじり癖のある柴犬だとすぐにサークルが傷んでしまいます。

金属製のサークルはかじられても壊れにくいのでその点は安心ですね。

大きさを自由に変えられる組み立て式のタイプはあまり丈夫とはいえません。柴犬は骨太な体型で力が強いので、あまり向きません。上下に枠のあるしっかりしたタイプを選ぶのがおすすめですよ。

 

屋根は?

屋根はあってもなくても構いませんが、無い方がおすすめです。

屋根があると日中でも暗がりが確保できるので、よりリラックス効果が期待できます。ただ日の光にあたらなくなる可能性があるのでサークルの置き場所を考慮する必要がありますね。

屋根があるとサークル内の掃除がしにくいことも難点です。

ある程度の高さでも飛び出してしまうような活発な柴犬の場合のみ、屋根付きのサークルがおすすめといえます。

 

柴犬に快適な空間を!

お手をする柴犬

柴犬を飼う場合サークルはとても役に立ちますよ。

大きさや設置場所、素材などにが適したサークルで居場所を作ってあげることで、お互い快適に過ごせるはずですよ。これから柴犬を飼う方もぜひ参考にしてみてくださいね。