柴犬のハーネスの選び方は?おすすめのハーネスは?

柴犬のお散歩用にハーネスの購入を考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。普通の首輪とどちらにするか悩んでしまいますよね。

この記事ではハーネスを利用するメリットやデメリット、ハーネスの選び方などをまとめています。

 

柴犬のハーネスのメリットとデメリットは?

柴犬

柴犬にハーネスをする一番のメリットは、「首や気管にかかる負担が減る」ことです。

首輪の場合、引っ張る力がすべて首にかかってしまい気管を痛めてしまうこともあるのですが、ハーネスは胴体につけるので力が分散されます。また、ハーネスは前脚を通して装着するので首輪に比べて「抜けにくい」という利点もあります。

デメリットは、首輪に比べて「犬をコントロールしにくい」ことです。ハーネスは首輪より苦しさを感じにくいので、散歩中にはどんどん飼い主さんのことを引っ張ることができてしまいます。

リードを通して飼い主からの指示も伝わりにくいので、しつけには向かないといえます。

 

柴犬に合うハーネスの素材は?

shutterstock_591596588

柴犬のハーネスには様々な素材のものが販売されています。ここでは一般的な、革とナイロンについてそれぞれの特徴をご紹介します。

ハーネスの素材

  • ナイロン

首輪同様、革製のハーネスは丈夫で耐久性があるのでおすすめです。しっかりした作りの革製のものを購入すれば、力の強い柴犬でも問題なく、長く使うことができます。

高級感やおしゃれ感もあり、使えば使うほど体に馴染んできます。ただし、使い始めは固いので、肌が弱い子の場合はトラブルが起こる場合もあります。

また、水に濡れると傷みやすいので、雨の日の散歩や水遊びには向いていませんよ。

 

ナイロン

ナイロン製のハーネスの良いところは、軽くて丈夫で、ケアがしやすいことです。カラーやデザインが豊富なので、飼い主さんの好みに合ったものが選べますよ。

革と違って水濡れも大丈夫なので、雨の日やレジャーにも使用できます。汚れても洗ったり拭き取ったりして、簡単に落とすことができます。

 

柴犬に合うハーネスのサイズは?

新柴犬

サイズはメーカーによっても違うので、愛犬の大きさに合わせて選ぶことができますよ。

ハーネスを購入するときには、胴回りの大きさを測っておきます。表記されているサイズが一番近いものを選び、ピッタリになるように調整してくださいね。

 

柴犬に合うハーネスの種類は?

柴犬
ハーネスと言っても様々なタイプがあります。それぞれ違った特徴があるので、愛犬に合ったものを選びましょう。

ハーネスの種類

  • 3Dハーネス
  • 2Bハーネス
  • ベスト型ハーネス

3Dハーネス

3Dハーネスは立体型で首周りから胴回りにかけてを立体的に巻くハーネスです。首への負担が少なく、引っ張りの強い子にもおすすめの形ですよ。

 

2Bハーネス

2Bハーネスとは2バックル式のことで、8の字型とも呼ばれます。それぞれにバックルのついた首と胴の輪っかを繋いだ形です。首や足を通す必要がないので、ハーネスを嫌がる犬にも着脱しやすくなっています。

ただし、つなぎ部分が1本で不安定なため、首への負担はほかの形よりも大きくなります。引っ張りの少ない子や小型犬向きです。

 

ベスト型ハーネス

足を通して着るベスト型のハーネスです。幅の狭いテープタイプと違って、広い面で接するので負担が分散されやすくなります。

着るタイプなので脱げにくいのも良いところです。デザイン豊富なので、洋服感覚でおしゃれも楽しめますよ。

 

柴犬のハーネスの買い替え時期は?

柴犬

ハーネスは安全のためにも、傷んできたら買い替えが必要です。バックルなどの金具の破損、素材の摩耗や縫い目のほつれ、ひどい汚れなどが見られたら買い替え時です。

使用頻度や素材にもよりますが、購入後3~6か月を目安にするといいですよ。

 

柴犬に合うおすすめのハーネスは?

柴犬

柴犬には、首への負担が少ない3Dハーネスがおすすめです。素材はしっかりした革もいいですが、頻繁に買い替えるならナイロンの方が安価でおすすめです。

足を通したり服を着ることに抵抗のないわんちゃんならベスト型もおすすめですね。柔らかめで、クール素材など機能付きのものもあります。デザインも多いので選ぶ楽しみがありますね。

 

柴犬にハーネスを付ける方法は?

柴犬

ハーネスをつけるときには、犬が嫌がらないようにすることが大切です。

まず、ハーネスに損傷がないかチェックします。できるだけ恐怖心や警戒心を与えないよう犬の横にしゃがんだら、落ち着いて首や前足に通します。胴の後ろのバックルを最後までカチッと留めてください。ハーネスと胴の間の余裕は「指2本入るくらい」が目安になります。

きつすぎてもいけませんが、緩すぎると抜けてしまうおそれがあるので、装着時にはきちんと調節してあげてくださいね。

 

愛犬にピッタリのハーネスを

柴犬

首への負担が少ないことから、お散歩にはハーネスを使用する柴犬の飼い主さんが増えています。ハーネスのタイプによって機能や特徴が違っているので、愛犬の性格などを考慮して選んであげてくださいね。