柴犬のリードの選び方は?オススメのリードは?

首輪やハーネスと並んで、愛犬とのお散歩に欠かせないのがリードですね。

お散歩が大好きな柴犬にはどんなリードを選んであげればよいか悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか。

この記事では、リードの選び方、おすすめのリードについてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

柴犬に合うリードの素材は?

shutterstock_281482361

リードの素材には、「革」「ナイロン」「ロープ」「チェーン」などがあります。ここでは、柴犬の飼い主さんがよく使用されている革とナイロンについての特徴をご紹介します。

shutterstock_236623771

革製のリードは丈夫で高級感のあるデザインから、多くの飼い主さんの間で人気です。

使い始めは少し固く感じますが、使うにつれてに手になじんでいきます。耐久性があるので長く使って、色の変化を楽しめるのも良いところですね。

力の強い柴犬におすすめの素材といえます。ただし、水に濡れると伸びたり傷みやすくなるので、雨の日や水辺での使用にはあまり向いていませんよ。

 

ナイロン

リード

ナイロン製のリードは「軽さ」と「丈夫さ」を併せ持ちます。水や汚れにも強いので、雨の日のお散歩や水遊びなどでも活躍してくれる万能品です。

革製に比べて安価なものが多いので、噛み癖がある柴犬や、まだ子犬期の柴犬にはナイロン製がおすすめです。

 

柴犬に合うリードのサイズは?

柴犬

リードを選ぶときに大切なのは「適正体重」です。柴犬の場合は小型犬から中型犬用の体重に当てはまりますので、長さ100〜120cmのリードがおすすめですよ

これ以上長いと余ったリードが手に収まりきらず扱いにくくなってしまうからです。リードの「耐荷重」を確認して、柴犬の体重に耐えられるリードを選んであげてくださいね。

3mを超えるようなロングリードも販売されていますが、普段の散歩ではあまり実用性がありませんね。ドッグランや公園など広い場所での使用に向いていますよ。

利用する機会のある人は通常の散歩用とは別で用意しておくと、リードの楽しみ方が広がりますね。

 

柴犬のリードの買い替え時期は?

柴犬

リードは傷んできたり壊れたりしたタイミングで買い替えてください。

柴犬のリードの買い替えの目安としては、引っ張る力の強い柴犬に毎日使用した場合で「3〜6ヶ月」です。毎日使用しない場合は半年〜1年ほどです

愛犬の柴犬が引っ張り癖の強い性格だと特に摩耗(まもう)が早いので、事前に何本か用意しておく飼い主さんもいます。

リードは外出時の愛犬の命づなといえます。もしも散歩中に壊れて愛犬が自由気ままに路上を走り回ってしまったら大変ですよね。定期的な買い替えを行ってくださいね。

 

リードを使ってお散歩を楽しく!

柴犬

リードはおしゃれなものから機能的なものまでたくさんの種類があって、購入するときに迷ってしまう飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

リード選びはデザインだけでなく安全性が高いことも大切ですから、使用前には毎回摩耗のチェックを忘れず行ってくださいね。

愛犬にぴったりのリードを選んで、一緒にお散歩を楽しんでください。