柴犬の抱っこ紐のメリットやデメリット、選び方は?

犬を抱っこしてお出かけするときに便利なのが、「ドッグスリング」とも呼ばれる抱っこ紐です。小型犬だけでなく、柴犬の飼い主さんにも利用する人が増えています。

この記事では柴犬の抱っこ紐の選び方や買い換える時期についてまとめています。

 

柴犬の抱っこ紐とは?

犬 素材

抱っこ紐はいわゆる「スリング」と呼ばれるものです。赤ちゃんを抱っこするときに使用されていた抱っこ紐をもとにして、犬を抱っこするときに使えるようアレンジして作られました。

小型犬や中型犬の飼い主さんに利用者が多く、柴犬を抱っこする時にも使えますよ。素材や形など様々なものが販売されていますし、中には自分で手作りして使っている人もいます。抱っこ紐を使うと安定して抱っこすることができるのでとても便利ですよ。

 

柴犬の抱っこ紐のメリットとデメリットは?

柴犬

小型犬でもそうですが、7~8㎏以上になる柴犬をずっと抱っこしていると腕が疲れてしまいますよね。抱っこ紐のメリットは、肩から支えるので腕の負担が少なくなることです。

また、抱っこしているにもかかわらず、片手もしくは両手を自由に使えるので傘をさすこともできますよ。

普通に抱っこするより安定感があり、飼い主さんに密着しているので抱っこの苦手な柴犬でも安心してくれるはずです。コンパクトにたためるものなら、高齢犬が散歩の途中で歩かなくなった時にも便利ですし、蓋つきなら電車やバスなどの交通機関を利用する場合にも使用できますよ。

デメリットは、斜め掛けになるので片方の肩に負担がかかることですが、これは手で支えることで軽減できます。他には、「犬は包み込まれるので身動きがとりづらくなること」「足腰への負担になること」で長時間の使用には向きません。

また、キャリーバッグのように犬を入れたまま床に置いておくことはできません。

 

柴犬に合う抱っこ紐のサイズは?

柴犬

柴犬の抱っこ紐を選ぶ場合は、中型犬用のものがおすすめです。一般的に販売されている抱っこ紐は何㎏までというように耐荷重の目安が表示されています。中型犬用であれば10~15㎏程度まで対応しているものが多いので柴犬にも使えますよ。

小型犬~中型犬用でも10㎏程度まで大丈夫なのですが、深さが浅めになっていることがあります。大きめの柴犬であれは少し狭く感じることがありますよ。

購入する際には愛犬の体重や大きさを参考に選ぶのがおすすめです。肩紐の長さは飼い主さんの身長に合ったもの(抱っこ紐の形にもよりますが、抱っこした時におへそより少し上に重心がくるくらい)が使いやすいですよ。

 

柴犬の抱っこ紐の買い替え時期は?

新柴犬

抱っこ紐は使用していくうちに傷んできます。買い替え時期は素材や使用頻度によっても変わってきますが、摩耗や縫い目の開きが見られたら、買い替えが得策です。

使用中の事故やケガを防ぐためにも使用前には破損がないかチェックして使用してくださいね。

 

抱っこひもは便利な移動ツール

柴犬

いかがでしたか?柴犬は小型犬に比べて抱っこする機会は限られるかもしれませんが、通院やちょっとしたお出かけなどに抱っこ紐をひとつ持っているととても便利ですよ。

蓋を閉じられるタイプなら、交通機関によりますが乗車可能になることが多いので、一緒にお出かけできる範囲が広がりますね。