シベリアンハスキーの販路、ブリーダーと里親のメリットは?

凛々しい顔立ちが特徴のシベリアンハスキーですが、大型犬のためペットショップではなかなか見かけませんよね。

この記事では、購入方法はブリーダーが良いのか、犬の里親制度は利用できるのかといったシベリアンハスキーの入手方法をまとめました。値段・メリットと合わせて、ぜひ参考にしてくださいね。

 

シベリアンハスキーの販路、ペットショップは?

シベリアンハスキー

値段

  • 3~40万

現在の日本では小型犬が人気のため、大型犬のシベリアンハスキーをペットショップの店頭で見かける機会は少なくなりましたね。

ペットショップから購入するメリットは、血統書付きでかわいいペットタイプの子犬が入手できることです。通常ブリーダーから購入することが難しい幼犬も入手できますね。初心者の方だと幼犬の飼育に苦労しますが、成長に立ち会えますよ。

ペットショップでは成長に合わせてワクチン接種を行っています。良心的なペットショップでは、子犬がショップに来てからのかかりつけの病院を教えてくれることもありますよ。

 

シベリアンハスキーの販路、ブリーダーは?

子犬 たくさん シベリアンハスキー_犬

値段

  • 25万~

ブリーダーから購入するメリットは、良い犬を作ろうと努力しているブリーダーから、健康状態や性質(気質)の良い子犬を比較的安く入手できることです。ペットタイプでも親犬がチャンピオン犬だったり、高い血統の子犬はいますよ。ショータイプの子犬は高額ですが、売ってもらえることもあります。

また、実際に犬舎を訪問して親犬や兄弟犬を見ることもできますよ。親犬や飼育環境を見せない場合は悪質な素人ブリーダーの可能性があり、どんなに安い値段で子犬を売っていても注意したほうがいいですね。ハスキー専門ブリーダーでは、しつけや病気の相談にも乗ってくれますよ。

値段が高いほど良い子犬というわけではありませんし、ペットショップだと中間業者が入るために価格が上乗せされてしまいますよね。ブリーダーから直接買うことも一つの選択肢ですよ。

 

シベリアンハスキーの販路、里親制度は?

シベリアンハスキー アイ

里親は販売ではないので購入費用はかかりません。里親制度の利用には、主に3つのケースがありますよ。

個人や団体のボランティアから譲り受けるケースでは、基本的に医療費※1や活動支援金を3~4万円前後支払います。メリットは保健所や多頭飼育崩壊現場からレスキューされた犬を救えることです。ちなみに「初期費用が抑えられるから」といった理由では里親にはなれませんよ。

保健所から引き取るケースでは医療費はかかりません。メリットは、殺処分が目の前に迫った命を救えることですね。

病院やネットの掲示板で新しい飼い主さんを探しているケースもあり、成犬だけでなく子犬も募集しています。医療費がかからないことが多く、血統書付きの犬や、正確な生年月日がわかる犬を引き取れることもメリットです。里親では正確な生年月日が不明なことも多く、把握できると嬉しいですよね。

※1避妊去勢手術・ワクチン注射・マイクロチップの埋め込みなど

 

老齢犬も探せますよ!

犬_シベリアンハスキー

里親制度を利用してシニア犬を引き取る選択肢もありますよ。

シベリアンハスキーは大きくて力もあるので散歩にも時間がかかりますが、シニア犬なら穏やかな時間を過ごせます。介護や高齢による病気などの心配もありますが、ぜひ選択肢の一つに加えてみてくださいね。

シベリアンハスキーの値段相場や餌代などはこちら