シベリアンハスキーの特徴、性格、値段、飼い方まとめ!

雪原にたたずむシベリアンハスキーの姿は、神秘的な美しさがありますね。オオカミに似た魅力にひかれ、飼いたいと考える方も多いですよ。

この記事ではシベリアンハスキーの特徴、性格、値段、飼い方などの情報をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

シベリアンハスキーの歴史

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーの原産地は、シベリア北東部のツンドラ地帯です。

北極点を中心とした高緯度に生息する「エスキモー犬」の一種ですね。アラスカンマラミュートやサモエドと近く、先祖はスピッツと同系統とされますよ。

何百年も昔からシベリア北東部で生活していたチュクチ族に飼われていて、「犬ぞりの牽引」や「狩猟犬」として活躍していましたよ。1900年代にはアラスカに輸入されました。

1925年にアラスカのノーム市でジフテリアが大流行したとき、猛吹雪の中、1100㎞もの距離を犬ぞりで血清を運んだ話は映画化されるほど有名ですよね。1930年にはアメリカで犬種として認められましたよ。

シベリアンハスキーの歴史について、詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの性別・年齢別の体重・大きさは?

犬_シベリアンハスキー

シベリアンハスキーの子犬の体重は約4kg、体高は約20㎝です。成犬の体重は15~30kgで、体高は50~60㎝ですよ。

オスとメスでは体の大きさが異なります。オスの成犬の体重は20~27kg、体高は54~60㎝です。メスの成犬の体重は16~23kg、体高は51~56㎝ですよ。

シベリアンハスキーの年齢ごとの大きさや体重について詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの外見の特徴は?

犬 シベリアンハスキー 素材

目の特徴

シベリアンハスキーの目の色は「黒」「青」「茶」「黃」のほかに、左右で色が異なる「オッドアイ」など様々な種類があります。

代表的なカラーとも言えるブルーアイは、日光照射が少ない地域で生まれたために目のメラニンが少ないことによるものです。

また、オッドアイというと病気のイメージがあるかもしれませんが、シベリアンハスキーの場合は虹彩異常症が原因ではないので寿命は他の犬種と変わりません。

オッドアイの魅力に惹かれてシベリアンハスキーを飼う人も多いですよ。

 

オスメスの違い

オスとメスでは体の大きさこそ違いますが、外見に大きな違いはありません。

 

シベリアンハスキーの被毛・毛色は?

犬_シベリアンハスキー

シベリアンハスキーの被毛は、長いオーバーコートと、保温効果の高い密集したアンダーコートからなるダブルコートです。

毛色はブラックアンドホワイトが一般的ですが、グレイアンドホワイト・カッパーレッド・ホワイトなどのカラーも認められていますよ。

 

アラスカンマラミュートと似ている?

どちらもオオカミのような外見をしておりそっくりですが、似て非なる犬種です。

歴史的背景はもちろん、大きさ・耳の位置・目の色・しっぽなど明確な違いがありますよ。

シベリアンハスキーとアラスカンマラミュートの違いについて、詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの性格は?

シベリアンハスキー_人間_子供_犬

シベリアンハスキーは、オオカミのような見た目とは逆に穏やかな性質の犬種です。

神経質な犬種や臆病な犬種とは異なり、本気の威嚇や噛みつきはめったにありませんよ。飼い主さんに従順で仲間意識も強いため、散歩やブラッシングといった日々のコミュニケーションでさらに絆を深めることができます。

シベリアンハスキーの性格について、詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーはイタズラ好き?

犬_シベリアンハスキー

シベリアンハスキーは活発で好奇心旺盛な犬種です。

家の中を元気に走り回って物を壊してしまうこともありますし、何でも口の中に入れてしまうので注意が必要ですね。

飼い主さんにかまってほしくて、イタズラをすることもありますよ。壊されたくないものは隠しておき、誤飲しないようにオモチャの破片などはすぐに捨てるように気を配ると事故を起こしにくいです。

 

シベリアンハスキーは頭が悪い?バカ犬なの?

犬_シベリアンハスキー

「シベリアンハスキーは頭が悪い犬」というレッテルは、犬種の性質を理解しないままブームに乗って無責任に飼い始めた人間側に非があります。

どの犬種でも、適切な環境で飼育しなければ問題行動を起こす犬になってしまいますよ。シベリアンハスキーは賢い犬ということをもっと多くの人が知ってくれると嬉しいですね。

シベリアンハスキーがバカ犬といわれるようになった由来について、詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの寿命は長い?

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーの平均寿命は12年で、大型犬の中では長めです。

栄養価の高いドッグフード・室内飼育・ペット医療の進歩といった理由から飼い犬全体の平均寿命も伸びていますが、夏の暑さに注意して健康を意識したドッグフードを選んであげると元気で長生きしてくれますよ。

シベリアンハスキーの寿命について詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの選び方・かかりやすい病気は?

犬_シベリアンハスキー

親犬が遺伝疾患を抱えていると子犬も発症する可能性があります。

完治が難しく長生きできない場合もあるので、購入する際は親犬の健康状態も確認して選ぶといいですよ。

シベリアンハスキーが気をつけたい病気は「骨肉腫」「甲状腺機能低下症」「進行性網膜萎縮」「緑内障」で、中には治療法がなく大きな苦痛を伴う病気もあります。

健康な子犬の選び方、気をつけたい病気について詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーの入手方法は?

犬_シベリアンハスキー

現在、シベリアンハスキーの子犬は、ブリーダーからの購入が一般的です。

親犬がチャンピオン犬の血統が良い子犬を、ペットショップよりも安く入手することも可能ですよ。

現在は小型犬の販売が主流のため、ペットショップでの入手は難しいですね。シベリアンハスキーの子犬はすぐに大きくなるのが特徴です。大きさにあまりこだわりがなく成犬から飼うのでも良ければ、里親制度を利用してみてもいいですね。

シベリアンハスキーの入手方法、それぞれのメリット・デメリットについてはこちら

 

シベリアンハスキーの値段相場、販売価格は?

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーの子犬の値段は、10~30万円です。

親犬がチャンピオン犬の場合、30万円以上で販売されることもありますよ。

ドッグフード・オヤツ・サプリメントの内容にもよりますが、年間の餌代は7万円ほどかかりますね。シベリアンハスキーを飼育すると、生涯にかかる費用は170~200万円ほどですよ。

シベリアンハスキーの値段相場や餌代についてはこちら

 

シベリアンハスキーの飼い方、散歩が重要?

シベリアンハスキー 

犬にとって最大のストレス発散方法は「お散歩」です。

シベリアンハスキーは犬ぞりをしていたので、ドッグランで走り回ることも大好きですよ。

また、シベリアンハスキーには家族(群れ)をまとめるリーダーが必要です。飼い主さんがお散歩や運動を管理してあげると、愛犬との信頼関係を築きやすいですよ。

シベリアンハスキーの散歩について詳しく知りたい方はこちら

 

シベリアンハスキーは抜け毛が多い?

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーは、毛の長いダブルコートです。

被毛はふわふわしたアンダーコートと硬くて長いオーバーコートからなっており、春と秋の「換毛期」には大量の毛が抜けますよ。

 

シベリアンハスキーの人気のミックス犬は?

犬 シベリアンハスキー 素材

シベリアンハスキーは人気の犬種なので、シベリアンハスキーと他犬種をかけ合せたミックス犬もたくさんいます。

ポメラニアンとのミックスである「ポンスキー」を筆頭に、柴犬とのミックス、ゴールデンレトリバーとのミックス、ボーダーコリーとのミックスなど新犬種が続々と登場していますよ。

 

狼のような凛々しい犬種

シベリアンハスキー アイ

シベリアンハスキーは北米周辺に生息しているシンリンオオカミに似ています。

日本では北海道の「円山動物園」で見ることができますよ。「どれくらい似ているのかな」と、興味のある方は足を運んでみてくださいね。