猫風邪の原因、症状、自然治癒、治し方まとめ。風邪薬や治療費は?

「普段は元気な愛猫が、最近なんだか食欲がなくて熱っぽくて、元気がない。もしかして風邪かも?」と悩んでいる方はいませんか?愛猫の症状を病気と疑うことはなんともつらい気持ちになりますよね。

この記事では猫風邪について、原因や症状、治し方などをまとめました。気になる症状が一つでもあって続くようであれば、動物病院を受診してくださいね。

 

猫風邪の原因は?どうやって感染するの?

shutterstock_210845281

猫風邪といっても、原因になるウイルスは様々で治療法も異なります。猫風邪は飛沫感染するので、野良猫が集団でいる場合、集団内のほとんど猫が猫風邪を発症しているといえます。

猫風邪を引き起こす原因となるウイルスは「ヘルペスウイルス」「カリシウイルス」「クラミジア」の3種類です。特にこれらのウイルスは生後2~3ヶ月の子猫によく見られます。

 

猫風邪の症状は?兆候を見抜くコツ

本 ルーペ

ウイルスの種類によって、猫風邪の症状は異なります。

 

ヘルペスウイルスによる猫風邪

「鼻汁」「くしゃみ」「食欲不振」「角膜炎」「結膜炎」「発熱」などの症状がみられます。目が開かなくなるほどの大量の目やにが目元にこびりついていることも症状の1例として多いです。

 

カリシウイルスによる猫風邪

「鼻汁」「くしゃみ」「食欲不振」「発熱」などの症状の他に、口腔内に水疱や潰瘍ができる「口内炎」や「舌の炎症」がよく現れます。口臭がきつくなったり、痛みからよだれが多くなったりするネコちゃんも多いです。

 

クラミジアによる猫風邪

「鼻汁」「くしゃみ」「食欲不振」「角膜炎」「結膜炎」「発熱」に加えて「口内炎」「肺炎」「多発性関節炎」などの症状も見られます。

特に子猫は免疫力が低いため、重症化すると「脱水症状」が起きて激しく衰弱してしまいます。また、呼吸器官があまり発達していないため、「肺炎」につながる確率が高いですよ。

ご自宅の子猫に思い当たる症状がある場合は、すぐに動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

 

猫風邪、治し方は?自然治癒できる?

病院のねこ

猫風邪の治し方

  • カリシウイルス:インターフェロン注射
  • ヘルペスウイルス:抗ウイルス剤
  • クラミジア:抗生物質

カリシウイルスは「インターフェロン注射」、ヘルペスウイルスは「抗ウイルス剤」、クラミジアは「抗生物質」での投薬治療が基本となります。まずは動物病院でウイルスの特定をして、ウイルスにあった薬を処方してもらってください。

結膜炎や鼻汁が多いときは、点眼薬や点鼻薬を処方されることもありますよ。クラミジアなどで衰弱しきった子猫の場合は、「輸液」や「栄養補給」などを点滴する場合もあります。

子猫や老猫は特に免疫力が低いため風邪が重症化しやすいです。自然治癒はあまり望めませんので、放置しておくだけでは症状は悪化するばかりです。早めに病院で投薬治療を行い、家では保温や保湿をしてあげてください。通常であれば治療を始めてから約2週間ほどで回復しますよ。

 

猫風邪、治療費は?

素材
診察料数1000円
1週間分の薬代5000~1万円
入院費5000円✕日数
血液検査1万円
初診料数1000~1万円

「猫風邪の種類」「重症度」「病院」によって値段は異なりますが、診察料で数1000円、1週間分のお薬代で5000~1万円ほどかかります。

また、入院となった場合は入院費が1日5000円、血液検査が必要となった場合はさらに1万円ほどかかることを想定しておいてください。

初診の場合は初診料も数1000円~1万円かかります。動物病院でかかる費用は決して安くありません。最近では治療費を見越して「ペット保険」に加入する飼い主さんも増えてきています。

 

猫風邪は人間に感染するの?

猫 病気

猫風邪が人間にうつることは非常に稀ですが、「クラミジア」だけは人間にも感染する「人獣共通感染症」として知られています。

また、ウイルスに感染した猫の目ヤニや鼻汁がついた手を口に入れたり目をこすったりすると「結膜炎」などを引き起こす可能性があるため注意してください。

 

猫風邪は予防できる病気

素材

猫風邪は予防できる病気です。子猫のうちにワクチン接種をしてあげてください。

多頭飼いの場合、1匹が猫風邪に感染するとすぐにまわりも感染してしまいます。猫風邪を引いてしまった猫やウイルスを持った猫からうつされたりしないよう、成猫になってからでも定期的なワクチン接種は心がけたいですね。

また、猫風邪にかかってしまった猫は、かわいそうですが、完治するまでは他の猫と接触しないように隔離してあげることがおすすめです。