柴犬の犬小屋の選び方は?飼い方は?

最近では犬の屋内飼育がほとんどですが、広い庭付き一軒家の家庭ではまだ屋外飼育しているところもありますね。日本の犬種である柴犬は、日本の気候に適しているため屋外飼育ができますよ。

この記事では、柴犬に適した犬小屋の選び方や、犬小屋での飼育方法をまとめました。

 

犬小屋で飼うメリットは?

柴犬

柴犬を犬小屋で屋外飼育するメリットは、家の中で飼うよりも掃除が楽という点です。抜け毛の多い犬種なので、室内での飼育では、どうしても部屋が汚れやすいですよね。

爪で床や畳に傷がつくこともありませんし、家の中が犬臭くなることもありませんよ。お留守番の時に、いたずらされる心配もありませんね。

 

犬小屋で飼うデメリットは?

柴犬

犬はグループを作って行動する動物です。飼い主さん達が家の中にいて、自分だけが外にいるのはストレスになります。寂しいと、攻撃的な性質や不安定な性質になり、無駄吠え・食糞・自分の毛をむしるといった問題行動に発展してしまう場合がありますよ。

柴犬は比較的丈夫な犬種ですが、近年の異常気象により体にこたえる暑さ寒さも増えました。異常な気温は愛犬の寿命を縮めるといっても過言ではありませんね。体力のない子犬やシニア犬ほど過酷に感じますよ。

屋外飼育では愛犬の体調不良に気づきにくく、知らないうちに病気を発症し、重症化していることがあります。中には死ぬまで病気に気がついてもらえない可哀想な犬もいますよ。

柴犬は警戒心が強いので、吠えることが多く、近隣トラブルになることがあります。隣家との距離が近いと、ウンチやオシッコのニオイも悪臭となって迷惑をかけてしまいますよ。

避妊や去勢をしていないと、脱走した(脱走して)他の犬と交尾をしてしまい、望まない妊娠をする(させてしまう)こともあります。

災害時につながれたままだと、愛犬は逃げることができません。過去に日本を襲った大地震でも、つながれたままの犬たちはガレキの下敷きになり、あるいは津波から逃げることができませんでしたね。

 

犬小屋で飼う時トイレはどうする?

柴犬

屋外飼育では、トイレは寝床以外の好きな場所にしてしまいます。室内飼育のようにトイレの場所を決めて教えることも可能ですが、目が行き届かないのでしつけるのは時間がかかりますね。

ウンチだけは散歩のときにして飼い主さんが回収し、オシッコだけ庭でするケースもありますね。オシッコは定期的に水で流すようにすると、ニオイもあまり気にならなくなり、衛生的ですよ。

 

犬小屋はどこに設置したらいい?

白柴犬

犬小屋は、できるだけ愛犬のストレスにならない場所に設置します。

「地面のある場所」「太陽の当たらない場所」「風通しの良い場所」、そして、通りに面していない「静かな場所」や「大きな物音がしない場所」ですね。

 

柴犬のケージの選び方は?

柴犬

柴犬の犬小屋の大きさは?高さは?

犬小屋の大きさは、成犬になってからサイズを測って選ぶことをおすすめします。犬は背中がどこかに触れていると落ち着いて眠れます。横に寝転んだとき、背中が壁に接するサイズが良いですね。狭くて夏は寝苦しそうですが、暑いときにはちゃんと風通しの良い外で寝るので大丈夫ですよ。

手作りの犬小屋を作るときは、高さに注意してください。高すぎると冬の寒い時期、暖かい空気が上のほうに逃げてしまいますよ。

体力のない子犬期に屋外飼育することは避けるべきですが、それでも子犬を家の中にいれたくない場合は、一般的な中型犬用の犬小屋を用意します。冬は
寒いので、中に毛布を敷き、小屋の入り口にはのれんのような布をかけておくと防寒できますよ。

 

柴犬の犬小屋の素材は?

犬小屋の素材としては、プラスチック・木・スチールなどが挙げられますね。

プラステック製は劣化しやすい反面、安価なので気軽に買い替えができます。

木製は犬にとってリラックスできる反面、安価なものを選ぶときちんと塗装してないことがありカビや湿気が問題になってきますよ。

スチール製は劣化しにくくカビや湿気の問題も解決できますが、値段がやや高価です。重いため女性が一人で組み立てるには時間がかかりますね。

 

柴犬の犬小屋に屋根は必要?

雨や雪、紫外線から愛犬を守るために、犬小屋に屋根は必要ですね。雨や雪が体温を奪うのはもちろん、被毛のなかに湿気がこもり皮膚炎の原因にもなりますよ。紫外線を浴び続けると、犬も老化が進みますし、皮膚がんのリスクも高まりますね。

 

屋外飼育でも、触れ合うことが大切

shutterstock_215647093

愛犬の屋外飼育にはメリットだけでなく、デメリットも多いことを理解しておく必要があります。愛犬のために犬小屋を選んであげたら、あとは毎日散歩に連れいったり、ブラッシングしてあげたりしてくださいね。接する時間が増えると、健康状態をきちんとチェックすることができますよ。病気やケガは早期発見・早期治療することで、愛犬の体への負担が少なくて済みます。