柴犬のキャリーバッグの選び方は?オススメのキャリーバッグは?

キャリーバッグといえば「小型犬と移動するときに使うもの」といったイメージでしょうか。

しかし現在、旅行やショッピングへ一緒に行きたいという理由からキャリーバッグを探す柴犬の飼い主さんも多いです。

この記事では、柴犬用のキャリーバッグの選び方や、おすすめのアイテムを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

柴犬にキャリーバッグは必要?

柴犬

柴犬にキャリーバッグは100%必要というわけではありませんが、あると便利です。

最近ではペットの同伴OKや入店OKの飲食店、洋服屋さん、美容室が増えています。

飼い主さんの趣味にペットも連れていける時代になっているといえますが、「キャリーバッグに入れないと入店不可」というお店がまだ多いです。

柴犬は散歩がたくさん必要な犬種ですので、「散歩の休憩中に愛犬とカフェに入りたい」「ドッグランへ向かうために電車に乗らなければいけない」という想いは誰しも感じたことがあるのではないでしょうか。

こんなときにキャリーバッグがあると便利ですね。

 

柴犬に合うキャリーバッグのサイズは?

素材 疑問

柴犬に合うキャリーバッグのサイズは、寝転んだときにぴったりおさまるサイズを選ぶことがおすすめです。

あまりに大きすぎると中でトイレをしてしまう可能性がありますし、小さすぎるとかわいそうですよね。

たとえば柴犬を連れて電車移動するとき、JR東日本なら「長さが70㎝以内」「タテ・ヨコ・高さの合計が90㎝以内」「総重量10kg以内」の3つがキャリーバッグの条件となります。

平均的な体型の柴犬であれば十分乗車可能なので、キャリーバッグはお近くの交通機関の規定に合わせることもおすすめです

 

柴犬に合うキャリーバッグの種類は?

shutterstock_437149051

キャリーバッグの種類

  • トートキャリー
  • リュックキャリー
  • ボストンキャリー
  • ショルダーキャリー
  • 折りたたみキャリー
  • スリング
  • コンテナ
  • カート
  • ドライブボックス

ここではキャリーバッグの種類とそれぞれの特徴を紹介しています。柴犬におすすめの種類は「リュックキャリー」と「スリング」ですよ。

 

トートキャリー

トートバッグの形をしたキャリーバッグで、上のフタやサイド部分がメッシュになっているので暑い夏でも風通しが良いです。

愛犬の飛び出し防止のチェーン、ペットシーツが敷ける底板など工夫が多いことも特徴です。

「ご褒美のおやつ」や「ビニール袋」などが入るポケットもついているのでお出かけ時の機能性も高いですよ。

 

リュックキャリー

飼い主さんが背中に背負うことができるキャリーバッグで、柴犬の飼い主さんにおすすめです。

歩く時間が長い観光地や、災害時の避難用に選ぶ飼い主さんも多いです。

内部の通気性だけでなく、背負った時の飼い主さんの肩や背中への負担をやわらげる工夫がされてますよ。

 

ボストンキャリー

ボストンバッグタイプで、通気性に優れ、底が広くサイドがふくらんでいるが特徴的です。

愛犬が長時間ゆっくりとくつろげますがトートキャリーよりもやや場所を取ります。

 

ショルダーキャリー

ショルダーバッグタイプなので、上部の取っ手を持って移動できます。ショルダーストラップを使えば肩から下げて使うこともできますよ。

デザイン上、通気窓はサイド部分のみになります。また柴犬の体重によっては、ストラップが肩に食い込む可能性もあります。

 

折りたたみキャリー

バッグ本体がソフトタイプで、使わない時はコンパクトに折りたためることが最大の特徴です。

持ち手部分やショルダーストラップ部分はメーカーによってさまざまですので、愛犬の体重や用途によって選んであげることをおすすめしますよ。

 

スリング

スリングタイプは別名「抱っこ袋」です。ちょっとしたお出かけの際におすすめで、柴犬の飼い主さんにも利用者が多い種類です。

飛び出し防止用のリードが付いていますしバッグのようなデザインもあります。飼い主さんの肩への負担を軽くするように設計されているのも嬉しいですね。スリングについて詳しくはこちらです。

 

コンテナ

コンテナは、ソフトタイプのケージ(クレート・バリケン)というイメージです。

移動手段としてだけでなく、キャンプ地や災害時の避難先で愛犬が落ち着けるスペースを確保するためにも使えますよ。通気性もあり、折りたたむことができる便利さを兼ね備えています。

 

カート

カートはベビーカーの犬版ですね。電車やバスには乗車できませんが、歩きの移動が多い旅先やイベントに役立ちますよ。通気性はもちろん、日よけや飛び出し防止リードブレーキもついています。

多頭用があり、飼い主さんの荷物を載せるスペースもあって嬉しいですね。愛犬がシニアになったときのお散歩にも使えるので、1台あると便利ですね。

 

ドライブボックス

ドライブボックスは、自動車の助手席や後部座席に設置するボックスタイプのキャリーバッグです。シートにしっかり固定でき、飛び出し防止用のフックもついているので安心ですね。

ただ、ハードタイプのケージに入れて足元に置いておくときのような安全性はありません。また、愛犬を入れバッグのように持って移動することはできませんよ。

 

柴犬のキャリーバッグの買い替え時期は?

柴犬

子犬の時に小さいサイズを買った場合、生後1年ほどしたら買い替える必要があります。キャリーバッグは快適性やデザイン性も大切ですが、やはり「安全性」が第一です

入り口部分のファスナー、飛び出し防止用のリードをつなぐフック、ストラップの付け根部分の破損といった愛犬の安全につながる部分のダメージが見つかった場合、買い替えることをおすすめしますよ。

 

愛犬に適したものを!

shutterstock_215647102

飼い主さんの事情により、子犬のときからキャリーバッグを使いたいことがありますよね。その場合は、子犬が大きくなったらどこかに寄付をするか、知人にあげたりするつもりで小さいサイズを購入しても良いですね。

親犬の体のサイズがわかれば、そのサイズに合うキャリーバッグを購入して、子犬の間は中のすき間をバスタオルで埋めてジャストサイズにする方法もありますよ。ぜひ検討してみてくださいね。