アビシニアンの性格まとめ!甘えん坊?頭がいい?神経質?

アビシニアンの性格は犬みたいだといわれますね。

甘えん坊な反面、凶暴になるともされますが、実際はどうなのでしょうか。この記事では、アビシニアンの性格についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

アビシニアンは甘えん坊!

アビシニアン
猫といえば「ツンデレ」といわれるようになかなか甘えてこないものですが、アビシニアンといえば「甘えん坊王子」「甘えん坊姫」と呼ばれるほど飼い主さんにべったりですよね。

かまってもらいたくて、広げた新聞紙の上に座ったかと思えば、今度は横になって寝てしまい、「全然新聞が読めないよー」と飼い主さんを困らせます。パソコンのキーボードに乗ってしまうのも、スマホを操作している腕にアゴを乗せてしまうのも、飼い主さんを困らせるけど嬉しい「あるある」ですよね。

飼い主さんが家にいるときは、いつでもそばにいたいらしく、後ろをくっついて歩く姿も愛しいですね。抱っこをすれば腕に体を擦りつけてきて、飼い主さんをメロメロにしますよ。寒くなると布団の中にも入ってきますね。

 

アビシニアンは頭がいい!

アビシニアン 
アビシニアンは頭が良いといわれますが、犬のようにコミュニケーションが取れることと、物覚えが良いことが主な理由です。

飼い主さんの行動をよく観察しているので言葉の理解力も高く、ボール投げといった遊びや、教えればお座りもできるようになりますよ。犬のようにリードでのお散歩することもできます。

物覚えも良いので、トイレや爪とぎのしつけもしやすいですよ。ただ、困ったことに引き出しや扉を開けることができる知恵を持っているので、食べ物やゴミを漁ってしまうこともあります。飼い主さんが帰宅すると、玄関までお出迎えをしてご飯の催促をするほどですよ。

忠誠心があるので、名前を呼ぶと反応するだけでなく、きれいな声で返事をすることもあります。また飼い主さんと同じ動きをしようとすることもありますよ。賢いので、他のペットとの生活や、お留守番も上手です。

しかし、大きな声を出す・叩くなどして厳しくしつけてしまうと、その恐怖を一生忘れません。トラウマになってしまい、ストレスになるだけでなく、飼い主さんにも懐かなってしまいますよ。

 

アビシニアンは神経質?

アビシニアン 
アビシニアンには神経質な一面がありますね。小さい物音や、ふいに動く物といった細かいところにまで気が付きます。未知の物事にも敏感に反応するので、窓の外に野良猫が歩いていただけでもパニックになることもありますよ。知らない人が家に入ってくるとビクッとして逃げてしまいますね。

神経質な性格でストレスを溜めやすい一面もあるので、おもちゃで遊んであげるなどストレスを発散させてくださいね。お留守番が多い家庭では、背の高いキャットタワーを用意すると良いですね。

性格には個体差もあります。また神経質な親同士をかけ合わせて子供を産ませると、どうしても似た性質のアビシニアンになることもありますね。子猫を選ぶときにはどのような親猫なのかを知ることも大切ですよ。

 

飼いやすさが人気の秘訣!

アビシニアン 
アビシニアンは、外見の美しさだけでなく、飼いやすい性格をしていることから人気がある猫種です。

ただ、人気であるがゆえに無責任に気性の荒い親同士で繁殖した場合、産まれてくる子猫の性質にも問題が出てきてしまいます。「アビシニアンは凶暴」というレッテルを貼る前に、私たち人間側が適切なブリーダーを選び、迎え入れることが大切ですよ。