ネズミの仲間!チンチラ、値段は?購入の注意点まとめ

ネズミの仲間であるチンチラの購入を考えた場合、まずは値段を調べますよね。もちろん値段も大切ですが、それ以上に、購入にあたっての注意点がたくさんあります。今回はチンチラの値段や購入方法、購入するときの注意点をご紹介します。

 

チンチラの値段、目安は5万円

チンチラ_20160709_2

チンチラの値段相場は、販売先によってかなり開きがあります。同じ種類でも生後何ヶ月かで異なりますし、ブリーダーが多く飼育している種類という理由で安い個体もいます。以下はチンチラの種類とその相場です。参考にしてくださいね。

●スタンダードグレー
20,000~35,000円
●シナモン
35,000~50,000円
●ブラックベルベット
40,000~55,000円
●ブラックエボニー
50,000~65,000円
●ホワイト
60,000~80,000円
●パイド
65,000~80,000円
●バイオレット
65,000~80,000円

ホワイトやパイドは白地に銀色の模様が入っており、配色によって金額も大きく変わります。バイオレットは青紫色の希少な毛なので、高めに設定されている場合が多いですよ。

チンチラの購入、注意点1「毛の色」

チンチラ
まずは、飼いたいチンチラの色を決めましょう。チンチラは一般的にスタンダードグレーと呼ばれる灰色の個体が一般的です。しかし、品種改良された白やベージュのような薄い色や、黒や紫がかかった高価な毛並みの個体もいます。自分が飼いたいのはどのタイプのチンチラなのかをまず決めましょう。

 

チンチラの購入、注意点2「性別」

チンチラ (3)

オスとメスで性格が違うので、どちらを飼うかも検討が必要です。オスはメスに比べて気性が穏やかな個体が多く、飼いやすいのですが、ケージの中では暴れます。一方メスは、気性が荒い傾向があり、ストレスが溜まるとおしっこを飛ばすこともあります。ただ、ケージの中では比較的大人しいので、オスとメスは一長一短といえますね。

 

チンチラの購入、注意点3「健康」

チンチラ_6

最も重要なことが、健康体であるかどうかの見極めです。まず、肌にハゲがなく、毛並みがきれいかを確認しましょう。これはストレスがなく、砂浴びをしている証拠です。次に、お尻が汚れていないかを確認してください。お尻の汚れは、飼育環境が劣悪、肥満、病気などの可能性があります。最後に、生後3ヶ月未満ではないことを確認します。初心者が生後間もない個体を飼うにはリスクが大きいので避けましょう。

 

チンチラの購入方法、おすすめは直売

美女と動物1

チンチラの購入方法としては、里親かブリーダー、ペットショップからの直接会って引き取ることです。実際に見て触って、話しを聞いて購入するのが健康状態の把握ができます。チンチラの購入方法の1つにネットショップがあり、お店によっては郵送でチンチラを送ってくれるのでとても便利です。ただ、郵送は便利ですが健康状態が見えづらく、トラブルの原因にもなりやすいので、あまりおすすめはしません。もし直接購入するのが難しいようであれば、口コミで信頼できるペットショップを探して、電話やメールでしっかりと会話をするようにしましょう。

購入前の注意点はかならずチェック

チェックする人

耳が切れているチンチラや毛がぼそぼそで、飼育状態が悪いチンチラを破格の値段で販売したいるペットショップもあります。長い間、悪環境で育つと気性が荒くなり、なかなか懐いてくれません。チンチラの値段にはばらつきがありますが、慎重に選ぶようにしてくださいね。