グレートピレニーズの毎日のお手入れ方法まとめ!抜け毛は多い?

犬の衛生面や精神面をケアすることはとても大切です。ケアを怠ってしまうと、皮膚病やストレスに繋がってしまいますよ。犬のお手入れをすることは衛生面を整えるのと同時に、飼い主さんとのスキンシップによる精神面のケアも期待できます。

この記事では、グレートピレニーズの毎日のお手入れ方法や抜け毛の量についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

グレートピレニーズは抜け毛が多い?

グレートピレニーズ

グレートピレニーズは、酷寒の雪山育ちの犬種なので、もふもふの被毛を持っています。身体の熱を外に逃がさぬよう、分厚く密集した下毛と長い剛毛の上毛からなるダブルコート構造をしていますよ。

それだけ多くの被毛を持っているため、抜け毛は大型犬の中でも極めて多いです。ある調査によると、抜け毛の多さはシベリアンハスキーに次いで第2位となっていますよ。

 

グレートピレニーズの日々のお手入れ方法は?

グレートピレニーズ

お手入れ方法

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • 爪切り
  • トリミング
  • 暑さ対策

ブラッシング

頻度

  • 週1回

犬のブラッシングは抜け毛の除去だけでなく、血行促進やコミュニケーションをはかる目的もありますよ。できれば毎日、少なくとも1週間に1回は行ってくださいね。

抜け毛を取り除かないことで皮膚病になることもあるので、こまめにケアしてあげる必要があります。生え換わりの時期は特に大変な犬種ですが、しっかりとブラッシングしてあげてください。

剛毛で長毛種であるグレートピレニーズには、ピンブラシやラバーブラシが適しています。特に大変な換毛期には、スリッカーブラシがおすすめですよ。

 

シャンプー

頻度

  • 月1回

シャンプーは皮膚炎のケアをするだけでなく部屋の抜け毛対策にもなります。月に1回程度、丁寧にシャンプーしてくださいね。換毛期は2~3週間に1回行うのが望ましいです。

必ず犬用のシャンプーを使用してください。シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かしてあげてください。これを怠ると皮膚病の原因になるので、温風と冷風を切り替えながら水気がなくなるまで時間をかけて乾かしてくださいね。

 

爪切り

頻度

  • 月1~2回

グレートピレニーズの指は、前足に4本、後足に5本あります。狼爪と呼ばれる後足5本目の爪は足首辺りにあるため削れず引っかかりやすいので、定期的な爪切りは必須ですよ。ブラッシング時などに爪が伸びていないか確認し、月1~2回を目安に行ってくださいね。

家庭でやる場合は、血管を傷つけないように先のほうから少しずつ切ります。パウダータイプの止血剤を用意しておくと良いですよ。自信がない場合は獣医さんにお願いすることもおすすめです。

 

トリミング

頻度

  • 月1回程度

グレートピレニーズは暑さに弱いので、定期的にトリミングで被毛をスッキリさせてあげてください。一般的には月1回程度サロンでトリミングしてもらうのがベストです。

しかし、大型犬なのでシャンプーとドライだけでも2万円前後かかってしまいます。シャンプーは自宅で行い、夏場のカットはサロンに任せるなど必要に応じて行くのもいいかもしれませんね。

ただし、本種は超大型犬で長毛種なので、トリミングサロンで断られる場合があります。あらかじめ大型犬も扱ってくれるお店かどうか確認しておくことをおすすめしますよ。

 

暑さ対策

室温

  • 15~21度

グレートピレニーズは寒さには強いですが反対に暑さはとても苦手なので、エアコンなどで温度管理のできる室内で飼育してください。室温は15~21度を保ち、夏場の散歩は早朝や夕方の涼しい時間に行うなど熱中症対策を心がけてくださいね。

身体の熱を逃がさない被毛を持っていますから、特に夏は抜け毛をこまめに除去し、できる限り涼しい環境づくりを提供してあげてくださいね。

 

こまめなお手入れが重要な犬種

グレートピレニーズ

グレートピレニーズは、勇敢で縄張り意識が強く護衛犬に向いており、温厚な性格なので子供のいる家庭でも安心して飼えます。乱暴はしませんが、力強く頑固な面もあるので、飼い主にも体力が必要ですね。

我が家に迎える前に、責任と愛情を持って最期まで育てられる覚悟を決めておいてくださいね。大型犬の中では飼いやすさ上位にランクインする犬種ですから、仲良く素敵な家庭を目指せると思いますよ。