ヨークシャテリアの購入!ペットショップ?ブリーダー?里親?

イギリス生まれで小さい体に長い毛を持ち、その姿が大変親しまれているヨークシャテリア。日本でもチワワ・ダックスフンドなどに並び小型犬10位以内に入る人気ぶりですね。

この記事では、ヨークシャテリアの入手方法や相場などの一緒に暮らすためのポイントについてまとめました。

 

ヨークシャテリアを飼う!入手方法は3つ

ヨークシャテリア

主な入手方法

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 里親

ヨークシャテリアは、とても人気の高い犬種です。ペットショップやブリーダー、里親のいずれの手段でも頭数がそろっていることが多いです。ブリーダーさんから直接引き取る販路がおすすめですよ

 

ヨークシャテリアをペットショップから購入する?

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアの入手先として最も身近で手軽なのがペットショップからの購入です。大きめなショッピングセンターなどにも展開されているので、気軽に寄ることができますよね。

 

値段は?

18~25万円ほどで販売されています。値段は生後1~2ヶ月を参考にしています。年齢によって値段は変動することがありますよ。

 

メリットは?

ペットショップは多くのブリーダーと契約をしているため、頭数が豊富にいます。

 

デメリットは?

早期に母犬と離されてしまうことが多く、母乳からの栄養や免疫が十分得ることができないことがあります。体が弱いことや社会性を身に付ける前に売られてしまうこともありますよ。また、ブリーダーなどの中間業者が間に入っているため、値段も高くなっています。

生体代の値段以外にワクチン代や保障など別途かかる場合も多いですよ。

ペットショップでの購入は。メリットよりもデメリットのほうが多い印象です

 

ヨークシャテリアをブリーダーから購入する?

ヨークシャテリア

血統や健康状態の良いヨークシャテリアを選びたい場合は、ブリーダさんから直接購入することがおすすめですよ。

 

値段は?

15~30万円ほどで購入することができます。値段は幅が広くブリーダーさんや犬の年齢などによって変動は多少あります。ワクチン接種などの費用が他にもかかりますよ。

 

メリットは?

親犬や兄弟も同時に見られるため、将来の姿をイメージしやすいですね。繁殖者から直接話が聞けるため、性格や特徴なども確認しやすいですよ。

母犬と長い時間過ごすことができるため、社会性や離乳期後のヨークシャテリアを入手できることが多いです。

 

デメリットは?

現在は、インターネットが普及しており、ヨークシャテリアのブリーダーは多く、比較的探しやすい環境となりましたが、ペットショップほど身近ではないため探すことが困難な場合があります。

 

ヨークシャテリアのブリーダーさんをお探しの方へ

犬_ヨークシャテリア

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のヨークシャテリアのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。

各子犬についての特徴や飼い主さん募集だけでなく、ブリーダーさんの思いや飼い主さんへ向けた引き取る際の注意事項、メッセージが掲載されているため、安心して引き取れると好評のサイトです。

紹介頭数は日々増減します。ヨークシャテリアは特に人気の犬種なため、日々多くの飼い主さんがブリーダーワンを訪れていますよ。現在ヨークシャテリアの飼育を検討されている方は、一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

ヨークシャテリア、里親になって引き取る?

ヨークシャテリア

血統へのこだわりがなければ、現在の飼い主さんが繁殖された仔犬ややむを得ず飼育ができなくなってしまった成犬を譲り受ける方法もありますよ。

 

値段は?

基本的には無料で引き受けられる場合が多いですよ。ただ別途でワクチン費用等がかかる場合があります。

 

メリットは?

動物病院やペットショップなどで告知されていることが多く、譲り受けた際、専門の医師などからワクチンや去勢・避妊などの適切な処置についてアドバイスを受けられることがあります。

 

デメリットは?

飼育困難な環境になってしまった、飼い主が亡くなってしまったなどで新しい飼い主を探すケースも多いため心のケアが必要な場合があります。特に保健所から引き取る場合は、虐待など受けていたケースもありますので注意が必要です。

 

動く宝石

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアは、美しい毛並みやその気品ある立ち姿から「動く宝石」とも呼ばれていますよ。幼少期は、大人のヨークシャテリアの姿からは想像できないくらい大変愛くるしい表情をみせてくれます。また、小型犬ですので、室内で飼うのにも適していますよ。

ヨークシャテリアを飼いたいと思われた方、これから飼おうとしている方はどのようなにお迎えしてあげるか考えてあげてくださいね。