ミックス犬「ペキプー」とは?性格、大きさや寿命の特徴、販売場所、値段まとめ

ペキニーズとトイプードルのミックス犬である「ペキプー」は、ミックス犬のなかでも人気のある犬種の一つです。

小さな獅子のような貫禄のあるペキニーズは、猫のような性格をした犬といわれていますよ。一方トイプードルは日本一の人気犬種といわれており、飼育のしやすさから飼育数も多く、登録件数の約1/4を占めています。

この記事では「ペキニーズ」と「プードル」を両親にもつ「ペキプー」についてまとめました。

ペキプーってどんな犬?性格は?

ペキニーズ_ホワイト

ペキプーは、ペキニーズとプードルのミックス犬です。見た目はペキニーズよりで毛質に関してはプードルよりの子が多いようです。

ペキニーズのようにマズルが短く鼻ぺちゃ(短頭種)の子は呼吸困難に気をつける必要がありますよ。

ペキニーズは猫みたいな性格と評されるほどプライドの高い犬種で、中国の宮廷では皇族たちの袖に入っていたため抱かれるのを嫌がります。

一方、プードルは頭がよく運動能力の高い優等生のような犬種で、好奇心旺盛な性格です。家族以外の人や他の犬とも上手に接する事が出来ますよ。

ペキプーはそんな2匹の性格を引き継いでいると考えられます。ペキプーはプードルに似て甘えん坊で表情豊かな性格が多いようですが、ペキニーズのプライドの高さも引継ぎ頑固な子もいます。

どの犬種もそうですが性格は特に個々の問題になりますので、愛情をこめてしっかり育ててあげる事が大切ですよ。

 

ペキプーの大きさや寿命の特徴は?

shutterstock_313520390

ペキニーズは体高20cm前後、体重5kg程の小型犬で、トイプードルは体高24~28cm、体重4~7kgの小型犬です。そのためペキプーの大きさは体長約20~30cm、体重約4~7kgだといわれていますよ。

どちらも小型の犬種ですので、極端にサイズが大きくなる事はないとされています。毛質がふっくらとしているためボリューム感があり実際より大きく見えますよ。

平均的な寿命は10~13年とされており、小型犬では平均的な寿命です。ミックス犬は両親がかかりやすい病気を引き継ぐ傾向にありますので、健康診断に定期的に行くのがおすすめですよ。ちなみに、ペキニーズは心臓病が、プードルは骨折が発症しやすい傾向にあります。

 

ペキプーは日本で販売してる?値段は?

素材

ペキプーはミックス犬のため専門のブリーダーはありませんが、ペットショップでたまに販売されているようです。

ミックス犬は値段の差が激しいですが、だいたい15万円程度の子が多いようです。ちなみにペキニーズの平均価格は15~25万円前後、プードルは20~30万円前後です。

トイプードルが混じったミックス犬は他の犬種より出回る事が多いのですが、やはり出会える確率は低いためどうしても気になる方はミックス犬専門のブリーダーに問い合わせてみるのがおすすめですよ。

 

ペキプーにおすすめのドッグフードは?

極 kiwami

ペキプーには、「極 kiwami」がおすすめです。

「極 kiwami」には、動物性タンパク質を豊富に含むほか、脂肪燃焼を助けるビタミンB1・B2などを多く含むアヒル肉が主原料として使用され、皮膚や被毛の美しさを保つ「サーモンオイル」「亜麻に油」も含んでいます。

人工添加物や穀物も使用していないので、安心して愛犬に与えることができますね。

ペキプーにおすすめな最高級ドッグフードはこちらの記事からも確認できます。

 

おすすめのミックス犬!

shutterstock_392216074

トイプードルのミックス犬ではトイプードルの見た目を引き継ぐことが多いようですが、ペキプーではペキニーズの見た目が引き継がれることが多いようですよ。

ペキニーズは飼いたいけど抜け毛が気になる、なんて方に大人気の犬種です。ペキプーはまだまだ未発見のことがたくさんありますので、それを発見するのも楽しいですよ。

プードルの種類まとめについての詳しい記事はこちらです。