犬も花粉症になる!症状と対策は?薬治療は必要?

犬が春や秋に、体を地面や壁にこすりつけていたら花粉症かもしれません。犬の花粉症の特徴と症状、対策方法について確認してみてください。

 

犬の花粉症、人との違いは?

犬_外耳炎_かゆい
花粉症は花粉にアレルギー反応を起こし発症するもので、人間と犬では症状に違いがあります。

人間の花粉症はくしゃみや鼻水などの症状がほとんどですが、犬の花粉症も同じ症状がみられます。犬の症状はそれに加えて、皮膚のかゆみや炎症、外耳炎などがありますよ。

放っておくと炎症が全身に広がります。かゆみを我慢できない犬が全身をかき続けると、皮膚が膿んだり、毛が抜けたりすることがあるので処置をしてあげてください。

 

犬の花粉症、診察と治療は?

犬_病気_病院
犬が継続してかゆがる場合は、動物病院に連れて行ってください。血液検査で原因を特定できます。花粉が原因であれば、症状を和らげる対症療法や、根本的に花粉症を治す治療が行われます。

 

症状が軽い場合の対症療法

症状が軽い場合、ステロイドや抗生剤などが処方されます。しかしステロイドは一時的に症状を抑えるだけで根本的な解決にはなりません。長期間にわたって使い続ければ副作用の心配もあるので注意が必要です。

 

症状が重い場合の治療

症状が重い場合、薬が効きづらいので、脱感作療法が行われます。花粉症の原因となる抗原(こうげん)を少しずつ体に投与し、徐々に抗原に慣れさせ、アレルギーが起こりにくい体質を作っていく治療です。時間と費用はかかりますが、根本的な解決が可能なのでおすすめです。

 

自宅でできる犬の花粉症対策

柴犬_撫でる_マッサージ

対策

  • 花粉が最も飛ぶ時間帯の散歩は避ける
  • 散歩から帰宅したら花粉を落とす

愛犬に花粉症の症状がみられるときは、花粉が最も飛んでいる昼の12時頃と夕方の6時頃の外出を控えてあげてください。

他の時間帯でも外にでる場合、帰ったら家に入る前に犬についた花粉を落としてあげます。濡れタオルで体を拭いてあげると簡単に花粉を落とせますよ。顔や脚には花粉が付きやすいので特に念入りに拭きとるようにしてくださいね。

忘れがちですが、飼い主さんの花粉も落としてから家に入ってください。花粉防止スプレーが犬用、人用共に販売されているので試してみてください。室内は、空気清浄機などで花粉を取り除くことをおすすめします。

 

人間の鼻炎・花粉症に「白井田七。茶」


花粉が飛ぶ時季の散歩はなかなか大変ですよね。

マスクや花粉対策メガネ、花粉アレルギー用目薬などで一時的な対策はできますが、毎年お金がかかってしまうのが難点です。金銭的な負担をかけないためにも、体の内側から花粉症に負けない体をつくることがベストです。

おすすめは「白井田七。茶」です。土づくりからこだわって丁寧に育てられた完全無農薬のお茶で、健康成分のカテキン・テアニン・ビタミンCなどが豊富に含まれています。

近年では、カテキンには抗アレルギー作用・抗酸化作用・発がん抑制作用・消臭作用などの効果があると論文で発表されています。花粉症などのアレルギーに根本からアプローチできるとともに、長寿にとっても良い効果ばかりを含んでいますよ。

さらに「白井田七。茶」には、漢方の王様と呼ばれる田七人参が配合されています。田七人参は強い生命力を持っており、心身の滋養強壮や病気・症状に負けない体づくりをサポートします。

漢方成分を含んだ、今までにないお茶です。初回限定で47%OFFの1,980円(税別)でご購入いただけますので、鼻炎や花粉症でお悩みの方はぜひお試しくださいね。

梱包量1袋30包入
通常価格
(毎月お届けコース)
3,728円(税別)
初回価格1,980円(税別)
送料無料

「白井田七。茶」を買ってみたい

 

犬がかゆがっている場合は病院へ

人間にも犬にもつらい花粉症の季節ですが、快適に過ごせるように日頃から工夫を心がけてあげてくださいね。

犬の花粉症は、症状が人間と違うため気づきづらいです。かゆがっている仕草が頻繁にみられたら病院へ連れて行ってあげてください。かゆがる理由は花粉症だけではなく、皮膚病も考えられます。いずれにせよ早期発見による治療が効果的ですよ。