ポメラニアンの散歩はどうしたらいい?

ポメラニアンを飼い始めた人にとって、愛犬とのお散歩は楽しみの一つではないでしょうか。

今回の記事では、ポメラニアンと良い関係を築きながら、楽しく散歩をするために知っておきたいことをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ポメラニアンの散歩のときに用意したい散歩グッズと必要な理由は?

犬 ポメラニアン 素材

散歩グッズ

  • ハーネス
  • リード
  • ビニール袋・マナーポーチ
  • 水・おやつ

 

ポメラニアンとの散歩に最低限必要なものは、ハーネス、リード、ビニール袋、水です。お散歩用のバッグを作って、必要なものをまとめておくと便利ですよ。

ハーネス

shutterstock_34677049

ハーネスを使用するメリットは引っ張ったときの負担が分散されることです。首輪でのお散歩は首だけに負担がかかってしまい、強く引っ張る子の場合、首への強い衝撃で気管や脊椎を傷めたり呼吸困難になることもあります。

それに比べてハーネスは胴につけていて接する面が多いため衝撃が分散されやすくなります。また、ハーネスは足を通しているので、首輪に比べて抜けにくいという点でもおすすめですよ。

 

リード

shutterstock_84534418

外に出るときは必ずリードをつけてくださいね。犬が苦手な人もいるので、公共の場でリードをつけるのは飼い主としてのマナーですよ。

どんなに大人しい子でも大きな音にびっくりしたり、何かの拍子に飛び出してしまうということも考えられます。そんな時もリードがあれば飼い主がすぐに止めることができます。

リードはトラブルや交通事故などから愛犬を守るためにお散歩の必需品ですよ。

 

ビニール袋・マナーポーチ

shutterstock_421773028 (1)

外でウンチをする子も多いので、ビニール袋を用意して、必ず持ち帰るようにしてくださいね。袋の中にあらかじめトイレットペーパーを入れておくと、帰ってからペーパーごとトイレに流せるので便利です。ビニール袋に流せる紙袋がセットされた専用の袋も販売されているのでそちらを利用するのもおすすめですよ。

ビニール袋だけでは臭いが出てしまうので、マナーポーチがあると臭いを気にせず持ち帰ることができます。マナーポーチは車でのお出かけにも役立ちますよ。

 

水・おやつ

shutterstock_518895130

お散歩中に水分補給できるように水を持って行くといいですよ。特に夏場は熱中症にならないためにもこまめに水分補給をしましょう。

犬が道でおしっこをしてしまった時、流すのに役立ちますよ。

 

ポメラニアンのリードの選び方は?

shutterstock_267743405

ポメラニアンのお散歩には1.5-2m程度の長さのリードがおすすめです。この長さなら、お散歩中にも距離が空き過ぎずコミュニケーションがとりやすくなります。

両手で持つことで長さを調整できるので、狭い道や人とすれ違う時には短く持つようにすると安心です。

 

ポメラニアンのハーネスの選び方は?

shutterstock_588491108

ハーネスは体重を参考に、体に合ったサイズのものを選びます。大きすぎるとお散歩中に抜けてしまうことがあるので、指1本程度の余裕を持たせてぴったりなサイズを探してください。体に当たる部分はソフトな素材のものがおすすめですよ。

 

ポメラニアンとの散歩の仕方は?

shutterstock_590551067

飼育に必要なグッズ

  • 同じ時間帯とルートは?
  • 散歩中のリードの長さは?
  • 反対方向に行こうとしたら?
  • 散歩中に動かなくなったら?
  • 散歩中に犬が吠えたら?
  • 臭いを嗅ぐのはいいの?

 

同じ時間帯とルートは?

犬は時間感覚を持っているので、いつも同じ時間に散歩に行っていると、散歩の時間を覚えてしまいます。そして、その時間に散歩に行かないと催促するようになります。なので散歩の時間は決めずに、日によって1-2時間ずらしていくといいですよ。

ルートも決めてしまうと単調になって飽きやすいので、少しずつ変えると毎日の散歩が新鮮で楽しいものになります。

 

散歩中のリードの長さは?

散歩中の愛犬との距離は、短すぎても長すぎてもいけません。短すぎると犬が歩きにくくなったり、首が苦しい状態になってしまします。しかし、長すぎると勝手に歩き回って他人に迷惑をかけたり、車や自転車などにぶつかる危険もあります。

リードは愛犬の横に立った状態で、伸ばした手からハーネス(または首輪)までの間に少しゆとりを持たせる程度が丁度いい長さになります。リードの先端の輪になった部分を親指か手首に通し、少しずつ折りたたみながら握って長さを調節してください。両手で持つ場合は愛犬と逆側の手に端の輪をかけて、愛犬側の手で丁度いい長さになるように持つといいですよ。

 

反対方向に行こうとしたら?

散歩中に犬が反対方向に行こうとした場合、リードを引いて進む方向に向かせてあげてくださいね。散歩コースを犬の勝手にさせず飼い主が決めることで、良い関係を築くのに役立ちます。

常にリードを張った状態では引いたときに、犬の方も逆に引っ張ることがあるので、少しゆとりを持たせた状態から修正したい方向に引くと効果的です。

 

散歩中に動かなくなったら?

犬が散歩中に座り込んで動かなくなることがあるかもしれません。そんな時抱っこをして連れ帰るという人もいますが、一度そういう風にしてしまうと、散歩中に抱っこしてほしくなったら座り込むというのが癖になってしまうかもしれません。

なので、すぐに抱っこする癖をつけずに、歩くよう促してあげてくださいね。おやつを使うのがおすすめですよ。しかし、よほど体調が悪そうなときは無理に歩かせるのも良くないので、抱っこして連れ帰るようにしてくださいね。

 

散歩中に犬が吠えたら?

犬が散歩中に吠えるときは何か原因があります。ほとんどの場合は警戒や興奮から吠えていることが多いです。興奮して吠える場合は、吠える対象に犬が気付いて吠え始める前にお座りなどの指示を出してこちらに気を引くようにします。おもちゃやおやつで気を引くのも一つの方法です。

恐怖心や警戒心から吠える場合は、少しずつ慣らしていきます。対象に対してある程度の距離で吠えなければよく褒めてあげて、少しずつ距離を縮めていってくださいね。飼い主を信頼できれば恐怖心も起こりづらくなるので、しっかりと信頼関係を築いてリーダーシップを示すことも大切ですよ。

 

臭いを嗅ぐのはいいの?

犬が散歩中に臭いを嗅ぐことは情報収集のためだと言われています。しかし、道には何が落ちているか分かりません。拾って食べてしまうことも考えられますし、他の犬や猫の排泄物から感染症にかからないとも限りません。

飼い主さんのリーダーシップがしっかりしていれば、犬は臭いを嗅いだりマーキングをしなくても、楽しく散歩が出来るはずです。臭いを嗅ごうとする時は、少しリードを引いて気をそらせるようにしてあげてくださいね。

 

ドッグランのメリット、デメリットは?

ポメラニアン_散歩

ドッグランのメリットは、車などのない安全な環境で走らせてあげられることです。道路ではノーリードにすることはできませんが、ドッグランの中では自由に走って遊ぶことができます。他の犬や飼い主さんと仲良くなることも出来るかもしれません。

デメリットとしては、犬同士での喧嘩やノミダニなどの感染が起こる可能性があることです。愛犬がストレスを感じるようなら無理に利用する必要はありません。

ドッグランに行くにあたっては、犬から絶対目を離さないこと、予防接種を済ませておくこと、排泄物を持ち帰ること、しつけをきちんとしておくことなど、マナーを守って利用するようにしてくださいね。

 

ポメラニアンの散歩、天候が悪いときは?

shutterstock_421092781 (1)

天気が悪い時は無理に散歩に連れて行かなくても大丈夫です。ポメラニアンは悪天候でも散歩しなければならないほど運動量が必要というわけでもありません。

そういう時は家の中でできる遊びを取り入れてあげるのも良い方法と言えます。どうしても散歩に行きたい場合は、レインコートを利用すれば被毛が濡れて汚れるのを防ぐことができますよ。

 

ポメラニアンの子犬はいつから散歩していい?

ポメラニアン 

子犬のうちから散歩をしてたくさん外の世界に触れさせることは大切です。社会化が上手くできると、誰とでも仲良くでき、恐がったり吠えたりすることの少ない、しつけのしやすい犬になります。

子犬のお散歩デビューは、2回目のワクチンが完了する頃が適当だと言われています。初めて外に出るときは抱っこで一回りして外の環境に慣れさせてくださいね。お散歩の距離は少しずつ増やしていくといいですよ。

 

高齢になってもポメラニアンは散歩が必要?

shutterstock_473620840

高齢になっても散歩には行った方がいいです。歩くことが体力や健康の維持に役立ちます。また、犬のストレス発散やリフレッシュ、飼い主さんとのコミュニケーションにも散歩は大切なことです。

ただし、高齢になると無理をさせてはいけません。歩くスピードを犬に合わせてゆっくりにしたり、行きたがらない日は無理に連れ出さないなど、犬の様子を見ながら行うといいですよ。

 

散歩が楽しい犬種ポメラニアン

shutterstock_466160963

犬を飼う人にとって散歩は大切なコミュニケーション手段です。犬の運動不足解消やストレス発散、リフレッシュにも役立ちますし、一緒に歩くことで犬との絆も深まりますよ。

正しい散歩の仕方を知って、ポメラニアンとの散歩を楽しんでくださいね。

 

ポメラニアンのブリーダーさんをお探しの方へ

ポメラニアン_pepy

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のポメラニアンのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のポメラニアンの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ポメラニアンは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ポメラニアンの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。