ドッグフード「愛情物語 ビーフ味」の原材料を徹底評価!

「愛情物語」は、愛犬の健康維持と正しい育成に必要な全ての栄養素がバランス良く配合された理想的なドッグフードです。

この記事では「愛情物語 ビーフ味」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。

 

ドッグフード「愛情物語」を評価

愛情物語 ビーフ味

愛情物語の総合得点

  • 31点(100点中)

主原料評価

動物性タンパク質を使用している場合、満点(30点)と評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源ではない「穀類」を使用しているため、0点となります。

 

その他原料の評価

原材料表を参考に、全原材料のうち粗悪な原材料が含まれる割合を考慮し、減点しています。粗悪な原材料を1つも使用していない場合、満点(40点)と評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「グルテンフィード」「小麦ふすま」「米糠」「脱脂糠」「脱脂大豆」「乾燥おから」「フェザーミール」「チキンミール」「動物性油脂」「フィッシュエキス」「食塩」を使用しているため11点となります。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表は「愛情物語の詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ので10点となります。

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。

ここでは、代わりに天然の酸化防止剤である「乾燥ローズマリー」が使われています。

 

着色料、着香料、発色剤

不使用の場合、満点(10点)と評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていないので10点となります。

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

タンパク質

AAFCOが定めるタンパク質の最低基準「22.5%以上」を満たしている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、18.0%以上なので0点となります。

 

粗脂肪

AAFCOが定める粗脂肪の最低基準「8.5%」かつ、過剰摂取にならない「20%以下」の間におさまっている場合、満点(5点)と評価しています。

本フードの場合、5.5%以上なので0点となります。

 

ドッグフード「愛情物語」の基本情報は?

犬 素材
定価2192円(税込)
内容量6.5kg
カロリー305kcal/100g
生産国日本
販売元イースター株式会社

愛情物語 ビーフ味の基本情報は上の表のとおりです。

愛犬が1日で食べるドッグフードの量を150gとすると、1日あたりかかる価格は約49円となります。

 

ドッグフード「愛情物語」の詳しい原材料と成分一覧は?

犬 素材

愛情物語の原材料

主原料穀類(とうもろこし小麦粉)
その他原材料糟糠類(グルテンフィード小麦ふすま米糠脱脂糠)、豆類(脱脂大豆乾燥おから)、肉類(フェザーミールチキンミール)、油脂類(動物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源))、その他(酵母エキス、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、アルファルファミール、ウーロン茶抽出物)、魚介類(フィッシュエキス)、乳類(チーズパウダー)、野菜類(乾燥にんじん)、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B2、B12、D3、E、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、d-ビオチン)

赤字で示した部分がペットにとって「粗悪」といえる原料です。

 

愛情物語の成分分析値

成分名成分含有率
粗タンパク質18.0%以上
粗脂肪分5.5%以上
粗繊維5.5%以下
粗灰分7.5%以下
水分10.0%以下

編集部まとめ

犬 素材

犬の発育において不要である穀類が主原料なので、栄養素が不足しがちです。アレルギーをもつ愛犬もいるため、おすすめできないドッグフードです

「とうもろこし」「小麦粉」「大豆」が穀類に当てはまります。犬が栄養素として吸収できない食材なので、穀類はドッグフードの原材料としては本来不要な食材です。

愛犬のためにもグレインフリーのドッグフードを与えることをおすすめしますよ。

また、「フェザーミール」という原材料はかなり粗悪です。羽根を粉状にしたものなので食べ物ではありません。

このフードを与え続けると、愛犬の健康を害する恐れがあります。値段が安いので愛用している飼い主さんも多いですが、今後は別のドッグフードへ切り替えることをおすすめします。

同じ採点基準にて100点をつけたプレミアムドッグフードはコチラの記事にまとめていますよ。