犬の心臓病、原因と症状まとめ。食事、薬、寿命は?咳は末期?

犬の心臓病は先天性の心臓病である「心室中隔欠損症」や「大動脈狭窄症」、心筋の異常による「心筋症」、感染症が原因である「フィラリア症」などがありますが、最も多く見られるのが弁膜症の一つである「僧房弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」です。

今回は犬の心臓病として代表的な僧房弁閉鎖不全症について、原因や症状、治療法や手術関連情報についてまとめました。なお、僧帽弁逆流や心臓弁膜症も僧房弁閉鎖不全症とほぼ同じ病気を指します。

 

 

犬の心臓病、原因は?

老犬2

犬の心臓病である僧房弁閉鎖不全症は、心臓の中にある「僧房弁」という弁がうまく閉まらなくなり、血液が逆流することで心臓に負担がかかり、心不全や肺水腫などを引き起こします。急死することもある怖い病気ですが、この病気の原因はまだはっきりとしていません。加齢とともに増える傾向にあり、歯周病菌が心臓にまわることが原因だという説もありますが、現在の獣医学では解明されていません。

 

犬の心臓病、症状は?

答え 疑問

初期症状はほとんどなく、多くは健康診断で心雑音が見つかり、検査の結果病気が発見されます。初期症状は、元気がない、疲れやすい、食が細くなった、など加齢による変化と見分けがつきづらいのです。進行すると代表的な症状である「響くような咳」が出るようになります。また、散歩を嫌がる、体を横にして寝るのが苦しくなり胸を下にして寝るようになる、意識が鈍くなる、お腹が膨らんでくる、失神、チアノーゼ(舌の色が紫色になる)などの症状もみられます。

 

犬の心臓病、治療法は?どんな薬?

老人と犬

進行性の病気なので完全に治すことはできませんが、投薬療法、食事療法、運動制限などで症状を軽減し、病気の進行を遅らせることができます。投薬療法ではACE阻害薬という薬が使われることが多いです。血液が逆流するようになると血流効率が悪くなるので、心臓はいつもより頑張って血液を送り出そうとします。がんばり過ぎの心臓を休める効果があるのがこの薬の特徴です。

 

犬の心臓病、食事療法は?

食事療法としては、塩分を摂取し過ぎないように、栄養バランスを考えて食事を与えるように指導されます。塩分を摂り過ぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血液量も増すため、心臓に負担がかかってしまうのです。また、食事療法中は人が食べる食事を与えたり、偏った栄養のフードばかりを与えたりしないように気をつけてくださいね。

 

犬が心臓病にかかったら寿命は?

症状の進行度合いや犬種にもよるため、個体差は大きいですが、早期発見・早期治療できれば、10歳以上まで生きることもできますよ。

 

犬の心臓病、手術もできる?費用は?

また、まだあまり一般的ではありませんが、犬の心臓病は手術ができるようになってきました。機能が弱まった僧帽弁を縫って締まりをよくしたり、人工弁に置きかえたりする手術方法です。ただ、心臓を止めて行う大掛かりな手術なので、命の危険が伴います。

病院による差はありますが、手術費用は入院費用も合わせて100万円ほどを見ておきましょう。高額ですが、人間の心臓手術と比べると格段に安く済みます。まだ一般的な手術ではないので、できる病院はごく一部に限られています。

 

犬の心臓病、術後の注意点は?

老犬

心臓に負担をかけないようにするため、激しい運動や過度な塩分摂取を避けましょう。大切なことは、飼い主自身が明るく前向きに日々を過ごし、犬にストレスをかけないことです。愛犬が心臓病になったショックや不安から、運動や食事に対して過度に敏感になり、かえって犬にストレスを与えてしまう飼い主さんも多いようです。落ち込んでしまうのは仕方ありませんが、できるだけ明るく前向きに振る舞うことが、犬にストレスをかけないことに繋がりますよ。

 

日々の変化に注意をして、年に1回は健康診断を

メガネ犬

犬の心臓病は老犬や小型犬がかかりやすいといわれていますが、全ての犬にかかる可能性がある病気です。早期に発見できれば治療により症状の進行を遅らせ、寿命を延ばすこともできます。そのためには、愛犬の日々の変化を注意深くみてあげることが重要ですね。また年に1回は健康診断を受けておくと、早期発見・早期治療ができますよ。