サモエドは抜け毛が多い?日々のお手入れ方法まとめ!

白くてふわふわした毛が特徴的なサモエド。

可愛い笑顔や穏やかで人懐こい性格をしているのでペットとしても大人気ですが、お手入れが意外と大変なことはあまり知られていません。

この記事では、サモエドの日々のお手入れ方法についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

サモエドは抜け毛が多い?

サモエド

サモエドの被毛は、厳しい寒さから身を守るために二重構造のダブルコートになっています。

普段の抜け毛の量も中型犬の中ではトップクラスですが、春と秋の換毛期には内側に密集する柔らかいアンダーコートが大量に抜けるので1回のブラッシングで抜け毛がごっそり取れますよ。

 

サモエドのお手入れ方法は?

サモエド

お手入れ方法

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • トリミング
  • 爪切り
  • 暑さ対策

サモエドのお手入れ方法には「ブラッシング」「シャンプー」「トリミング」「爪切り」「暑さ対策」の5つがあります。

サモエドの飼育に必要なグッズ、費用についてはこちら。

 

ブラッシング

ブラッシングの頻度

  • 毎日

サモエドは抜け毛が多いので、抜け毛対策や皮膚の健康を保つためにも定期的なブラッシングが欠かせません。ブラッシングは毎日、換毛期であれば1日2回がおすすめですよ。

スリッカーブラシとコームを用意して、スリッカーで余分なアンダーコートを根元から取り除いた後にコームを使って細かい部分や残った毛をケアしてあげてくださいね。

抜け毛は取っても取っても出てくるので、かなり時間がかかります。全身ブラシをかけ終わるまでにどうしても飽きてしまうようなら、毎日パーツを変えて行うのもおすすめですよ。

 

シャンプー

シャンプーの頻度

  • 1~2か月に1回程度

シャンプーは皮膚炎を予防するだけでなく部屋の抜け毛対策にも効果的なので、1~2ヶ月に1回を目安に行います。

ブラッシングが不十分なままでシャンプーをするとアンダーコートが絡まって固まってしまったりするので、出来るだけ余計な抜け毛を取り除いておくようにしてください。また、オーバーコートは水をはじきやすいので、水やシャンプーが地肌までしっかり届いているかのチェックも忘れないようにします。

洗い終わったら、シャンプーを残さないよう丁寧にすすぎを行って、しっかり乾かしてあげてくださいね。

 

トリミング

トリミングの頻度

  • 不定期

定期的にトリミングをする必要はありません。

サモエドの被毛は外の熱に対する断熱効果や紫外線を防ぐ効果もあるので、夏場でもしっかりとブラッシングやシャンプーをしておけば十分ですよ。

ただ、あまりにも毛が多くてケアが大変な場合や熱中症になりやすいような場合はサロンでトリミングしてもらってくださいね。また、お尻周りや足回りの毛を定期的にカットしておくことで清潔に保てるというメリットもありますよ。

 

爪切り

爪切りの頻度

  • 月1回程度

爪は散歩中にある程度削れるので、爪切りは月1回程度で大丈夫です。

ただ、散歩の頻度や爪の伸びる長さには個体差があるので、フローリングなどを歩くときに爪の当たる音が聞こえたら爪を切るようにしてください。爪が伸びすぎた状態が長く続くと中の血管も伸びてきてしまい、短くするのが難しくなりますよ。

爪切りの際は、血管を傷つけないように先のほうから少しずつ切ること、パウダータイプの止血剤を用意しておくことも忘れないでくださいね。

もし、爪切りを嫌がる場合は無理をせず、動物病院やペットサロンにお願いするのもおすすめですよ。

 

暑さ対策

寒冷地原産のサモエドは暑さに弱いので、暑さ対策は万全にしておくようにしてください。

室内飼いを徹底し、夏場はエアコンの効いた室内で過ごさせるようにします。冷却マットなどの冷却グッズを使う時は、エアコンや扇風機と一緒に使用すると効果をさらに高めることができますよ。

また、いつでも水分補給できるように新鮮な飲み水を常備しておくことや、散歩は暑い日中を避け早朝や夜に行くようにする事も大切です。

 

可愛いだけじゃないんです!

サモエド

サモエドはフサフサの被毛が可愛らしい犬種ですが、普段の手入れが欠かせません。また、暑さ対策を怠ると命に関わることも少なくないです。

メディアで取り上げられ人気を博していますが、ただ可愛いからというだけで飼うのは難しい犬種なので、きちんと責任と思いやりをもって飼うようにしてくださいね。