犬の血管年齢にサプリメントは役立つ?おすすめは?

人間では若さの指標として血管年齢が重要視されていますが、犬にも血管年齢があります。血管年齢は見た目の問題だけでなく全身の健康状態にも関わりがありますので、若さを保ってあげる事が大切ですよ。

この記事では犬の血管年齢のためのサプリメントについて作用やおすすめをまとめました。

 

犬の血管年齢が高いと危険なの?

犬 素材

血管年齢とは、弾力を目安に血管の状態を年齢として表したものです。弾力は年齢とともになくなり脳梗塞、心筋梗塞などの病気のリスクが高まる原因になります。

血管年齢が若いうちは血管がしなやかに動き栄養や酸素の運搬・老廃物の排出がスムーズに行われますが、血管年齢が高くなると血管は硬化しスムーズに活動する事ができません。

血管は内膜と中膜、外膜の3層から構造されていますが、この内膜部分にある内皮細胞が血管の収縮や拡張の調整を行っています。内皮細胞は血液中に流れる余分なコレステロールや活性酸素の攻撃により傷つく事で硬化していきます。

血管の硬化には、ストレスによる一時的な硬化と、加齢や生活習慣による永続的なものとに分けられます。

 

特定の疾患の発症リスクが高まる

血管が硬化すると血液の流れが悪くなり脳梗塞、心筋梗塞の発症頻度が高まります。

脳梗塞は脳の血管が詰まることで先に栄養が届かずに脳の細胞が死んでしまう病気で、心筋梗塞は心筋(心臓を動かす筋肉)に血液を運ぶ動脈の血液が詰まることで心臓の動きが止まったり弱まったりする病気です。

血管年齢が高いという事は血管が上手く動かない事ですので、血管の詰まりへと導きます。

 

血管破裂のリスクが高まる

血管が硬化すると血液の流れが悪くなり、血液に含まれるコレステロールや活性酸素の攻撃を受けやすくなります。

血管が攻撃される事により、体の中の免疫機能であるマクロファージが動き出します。マクロファージはコレステロールや活性酸素を取り込む事により、泡沫細胞と呼ばれるドロドロとした塊になります。血管の壁にへばり付くと血管の硬化を悪化させてしまいますよ。

血管は硬化する事によりもろくなり、血圧の急上昇などで組織が壊れると、その傷を修復するために血栓ができます。

コレステロールや活性酸素は食事内容により増えますので、生活習慣を見直すことが大切ですよ。

 

犬の血管年齢対策に役立つ成分は?

素材

血管年齢の正常化に役立つ成分には、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、コエンザイムQ10などがあります。これらの成分には活性酸素を抑える「抗酸化作用」があり、柔らかい血管作りをサポートします。

血管年齢は血管の弾力により判断されるため、血管年齢が高まるのを防いでくれます。血管硬化により発症する脳梗塞、心筋梗塞などの病気の対策にも期待ができますよ。

 

犬の血管年齢におすすめのサプリメント!

素材 疑問

おすすめサプリメント

  • エファリン

エファリン

エファリン

特殊なミミズからとれたエキスを配合しています。血栓を溶解する酵素を含んでいますよ。1日に2粒を目安に与えてくださいね。

 

血管年齢を若く保つ!

素材 歴史

血管年齢を若く保つ事により、健康で長生きすることができます。血管硬化による病気は最悪の場合、死につながる可能性があるため、できるだけ防いであげる必要があります。

普段の食事内容や、サプリメントを使用して健康を維持してくださいね。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。