犬のサプリメント、カルシウムの作用やおすすめは?

愛犬の体の成長を見守るなかで骨や筋肉の成長・健康が気になりますよね。そんな骨や筋肉の成長に関わる栄養素といえばカルシウム。

カルシウムがなぜ必要なのか、カルシウム不足にならないためサプリメントを与えたほうがよいのか。
ここでは犬のカルシウムサプリメントの役割やおすすめについてまとめました。


 

カルシウムの作用は?

犬 素材

カルシウムの99%がリンと結合して、骨を結成しています。 残り1%の役割も大変重要で、神経細胞膜のナトリウム透過性をコントロールする役目、また筋肉の収縮に必要な役目を果たしています。

心臓の筋肉の収縮にもカルシウムが関連しているので、「生きていく為にはカルシウムの摂取が必要不可欠である」と過剰かもしれませんが、いえてしまう事がわかります。

 

カルシウムを含むサプリメント、犬にはなぜ必要?

犬 かわいい

特に小型犬は、足の骨が小さいので身軽に見えて少し高いところから降りただけで骨折してしまう可能性があります。大型犬も体がしっかり大きく見えますが、足は細めですので、もちろん骨折の可能性があります。

仔犬のときに、母乳からカルシウムを含む成長に必要不可欠な栄養素を摂取できます。しかし、何らかの原因で十分にカルシウムが摂取できなかった場合、成長してから骨の弱い犬に育ってしまうかもしれません。

犬に必要なカルシウムの摂取量はヒトの14倍といわれています、プレミアムフードなどのカルシウムを多く含む食事を摂取していれば安心かもしれませんが、普段からカルシウム不足とならないようにサプリメントで補う方法もとっていくと安心ですよ。

 

愛犬の体内のカルシウム量が減るとどうなるの?

ペット 素材

血液の中でカルシウムが不足すると喉部分にある分泌腺から骨に貯蔵されているカルシウムが血液に流れ出てしまいます。継続的に行われると慢性的にカルシウム不足になってしまいますよ。

代表的な症状として低カルシウム血症といって血中のカルシウム濃度が低下した状態です。濃度が低下すると、骨がもろくなるため、骨折をしやすくなるだけではなく神経細胞膜のナトリウム透過が増加するため、異常な興奮状態となります。

この興奮が筋肉に伝わることで、痙攣を引き起こす「テタニー」とよばれる状態になることがあります。そのほかにも「意識を失う」「筋肉の硬直」「呼吸が荒くなる」「部分痙攣」「白内障」「食欲不振」となってしまう場合もあります。

カルシウム不足だけではなく、食事の際に摂取する肉類にはリンが多く含まれているので、カルシウムとの摂取バランスが悪いとカルシウム欠乏症や骨密度低下・骨粗しょう症などになる場合があります。
カルシウム1.2~1.4:リン1の割合で摂取することがおすすめですよ。

犬におすすめのカルシウムのサプリメント!

素材 疑問

おすすめサプリメント

  • カルシウム・プラス

犬のためのカルシウムサプリメントです。タブレット型で普段のご飯に混ぜてあげると簡単に食べてくれますよ。老犬や妊娠中の犬にぜひおすすめのサプリメントです。生産が日本で行われているので安心ですよね。

愛犬の健康にサプリメントを!

素材 鳥

愛犬との生活の中で切っても切れない必要不可欠な栄養素ですね。筋肉や骨に関わるので、元気でも骨折してしまい不足すると大変です。

愛犬の健康のために一度フードの見直しやサプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。