カブトムシの幼虫の飼育方法まとめ。クワガタとの違い、飼育環境は?

カブトムシの幼虫は、夏になると目にする機会が増えますよね。普段見かけるのは日本のカブトムシの幼虫ですが、外国産のカブトムシも飼育方法は変わりません。今回はカブトムシの幼虫の飼育方法や、クワガタとの育て方の違い、飼育環境についてまとめました。

 

カブトムシとクワガタの飼育方法の違いは?

はてな 子供
カブトムシとクワガタは飼育方法が同じだと思われることもありますが、育て方には違いがあります。クワガタとカブトムシでは寿命が違うからです。クワガタの幼虫はクヌギマットを変えることで、2年間ほど幼虫のままでいることもありますが、カブトムシは冬を越さずに寿命をむかえます。クワガタの育て方でカブトムシを育てないように注意してくださいね。

 

カブトムシの幼虫の飼育環境は?

温度計
カブトムシの幼虫を育てるためには、マットと呼ばれるクヌギの床材と透明のプラスチックケースを用意してください。最初にマットを発酵させますが、マットの発酵によって温度が上がるので、幼虫を入れないでくださいね。発酵の方法は、マットに霧吹きをして3日間放置します。放置をしていると自然と発酵しますが、ケースの蓋を閉めて発酵させてください。マットは湿気と内部の温度が、コバエや菌の温床になりやすいからです。通気口に、小さく空けたビニールなどを挟んでからフタをするのがオススメです。3日後、マット内の温度が高くなければ準備完了です。ケースはおよそ25℃に保てる場所に置いてくださいね。マットの中央に穴を掘り、幼虫を置くと、マットの中に潜っていきますよ。

 

カブトムシの幼虫の飼育方法は?

幼虫 さなぎ
毎日、エサの補充とマットの交換、水分量の確認をしてください。幼虫はマットを食べるので、ケースのマットが段々と減っていきます。マット内で排泄するので、「マットのかさが減った」「幼虫の排泄が増えた」と感じたら、マットを交換してくださいね。マットではない塊がケース内に増えたら、新しいマットに交換するタイミングです。幼虫がさなぎになるまで、3ヶ月に1回はマットを交換してください。さなぎになると、じっとして動かなくなります。ケースを揺すったり振ったりしないで、静かに見守ってあげてください。さなぎの期間を過ぎると、成虫になることができます。

 

カブトムシの幼虫をこまめに観察しよう

子供 観察
世話にかかる時間が、カブトムシの幼虫はほとんどかかりませんが、ほったらかしにすると幼虫からのサインを見逃してしまうこともあります。こまめにカブトムシの幼虫を観察してあげることがポイントですよ。立派なカブトムシに育ててあげてくださいね。