カブトムシの産卵から孵化、蛹化、羽化のプロセスまとめ。注意点は?

カブトムシを卵から育てる場合、いくつかのポイントに気を付ければ成功率高く羽化させることができます。一般的な飼育は成虫からの状態になるので、卵から育てるのはとても貴重な体験になりますね。今回はカブトムシの成長を孵化(ふか)、蛹化(ようか)、羽化(うか)時の注意点とともにまとめました。

 

カブトムシの成長プロセスは?

shutterstock_57464056

カブトムシは成虫になるまでに、孵化、蛹化、羽化、の変化をします。卵から幼虫になり、さなぎになり、成虫へと成長します。カブトムシが卵からどのように成虫になるかの詳細を見ていきましょう。

 

カブトムシ、産卵時の注意点は?

shutterstock_244052731

はじめに、成長させるカブトムシの卵を入手します。親のカブトムシに産卵してもらうには、オスとメス一緒に飼育ケースに入れてください。メスに対してオスが多いと喧嘩が多くなってしまうので、オス1匹に対してメス2匹程度の割合がおすすめですよ。

卵を産み付ける土は、深めに用意してください。およそ15cm程度の深さが確保できるように、昆虫マットやくぬぎマットを敷き詰めます。土を入れる際は、2cm程度土を入れたら1回軽く霧吹きをかけてあげると良いですね。土を用意したら、その上に転倒防止の枯葉や登り木を設置してください。産卵環境は整いました。

 

カブトムシ、孵化時の注意点は?

shutterstock_76402009

産卵環境を整えた後で経過を観察すると、1週間ほどで交尾を経て、さらに1ヶ月程度で産卵します。産卵は一気にではなく、段階的に行われます。1週間ごとを目安に、産み付けられたカブトムシの卵を回収します。ビニールシートなどを敷いた上で作業するとやりやすいですよ。マットをスプーンで掘り返し、卵が傷つかないように気を付けながら回収してください。マットを少しずつ崩すようにするとうまくできますよ。

卵を回収したら、別の幼虫飼育環境に移します。100円ショップなどで売られている、プラスチックケースなどを利用して、発酵済みのマットに穴を空けて入れ、上から優しくマットをかぶせます。これで飼育環境のセットは完了です。
気温は23~25℃が望ましいので、直射日光が当たらず、気温の変化が激しくない静かな場所で温度を保ってください。産卵後、約1~2ヶ月で卵が孵化するので、それまでマットを掘り返したりしないように注意してください。マットにコバエや雑菌が入るのを防ぐため、ケースには通気孔を空けたビニールをかぶせてから蓋をするのがオススメです。

 

カブトムシ、蛹化時の注意点は?

shutterstock_87691165

無事に卵からかえった幼虫は、成長すると成虫になるための準備を始めます。1か所にじっとして動かなくなり、自分の周りに丸く空間を作ります。これを蛹化と呼び、成虫になるための大事な段階なので特にデリケートな扱いが必要です。
この時期に最も気を付けたいのは、ショックを与えることです。飼育ケースを揺らしたり、ぶつけたりするのは絶対にやめてください。観察はケースの外から行い、優しく扱うことを最優先にしてくださいね。

マットの底面で蛹化していたら、無事に成長できないことがあります。そっと取り出して、自作や市販されている人口蛹化ケースに入れてあげてください。底面で蛹化すると、羽化する時に余分な水分が邪魔して、きちんと成虫になれないリスクがあります。ケース側面から見える場所なら問題ありませんが、底面だった場合は速やかに人口蛹化ケースに移動してくださいね。

 

カブトムシ、羽化時の注意点は?

蛹化して1~2ヶ月経つと、カブトムシは成虫になるために、脱皮を始めます。この過程を「羽化」と呼びます。羽化したばかりの成虫はとてもデリケートです。体にまだ固さがなく、触ると柔らかいので傷つきやすいのです。羽化の時期になったら、触ったり掘り出したりせず、そっと様子を見るだけにしておいて下さい。3週間くらい経ってからなら掘り出しても問題なくなりますが、時期が来れば地上へと這い出してくるので、放っておくのがおすすめですよ。

羽化が始まってから這い出してくるまでの間も、急激な温度変化のない静かな場所で飼育します。3週間ほど経つと、立派なカブトムシの姿になりますよ。

 

羽化後のカブトムシの飼育方法は?注意点は?

カブトムシ

羽化したばかりのカブトムシはとてもデリケートなので、エサを食べ始めるまでは個別にケースに入れておきます。完全に体が硬くなるまでは、できるだけ触らないように見守ると良いですね。エサを食べ始めたら、成虫と同じように飼育方法で育てて問題ありません。

 

カブトムシを卵から育てるコツは、丁寧に成長過程を観察し、変化を見逃さない事です。本記事でご紹介したポイントを覚えておけば、立派な成虫の姿のカブトムシまで成長させることができますよ。