【肝臓機能】猫のサプリメント、役割やおすすめは?

猫の肝臓は人間と同じように、解毒をはじめとした1,500もの役割を担う重要な臓器です。食品添加物など肝臓に負担となるものが多く、機能が低下していたり肝疾患を持ったりした猫も増えてきています。

今回は、肝臓機能をサポートするサプリメントについて、役割やおすすめをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫の肝臓機能はサプリメントでどうケアする?

猫 かわいい

肝臓は多くの役割を担う重要な臓器です。特に毒素の分解や栄養素の貯蔵といった役割は、生命を維持する上では欠かせません。「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓は痛覚を持たず、損傷や疾患が起こった場合でもある程度進行するまで気づかないということがあります。

肝臓機能の健康サポートを目的としたサプリメントはたくさん販売されています。肝臓の機能である「解毒をサポートするもの」「肝臓自体の回復をサポートするもの」など様々です。

特に子猫や老犬、薬を服用することが多い猫は、肝臓が弱りやすいので、サプリメントを使用して肝臓のケアをしておくことをおすすめします。

 

猫の肝臓機能に役立つサプリメント、成分は?

猫 かわいい

肝臓機能に役立つ成分

  • タウリン
  • マリアアザミ
  • BCAA

タウリン

タウリンは肝臓の解毒作用を助ける成分で、目や心臓の健康にも関わる重要な栄養素です。

猫は、人や犬と違って体内でタウリンを合成することができません。貝類をはじめとする魚介類を含んだ食事から補う必要がありますよ。

食事だけで十分なタウリンを摂取するのが難しい場合は、サプリメントの使用がおすすめです。特に子猫や老猫では吸収率が低くなるので積極的に与えると良いですよ。

胆汁の分泌を促す、細胞の再生を促進する、インスリンの分泌を促すなど肝臓の解毒作用促進に役立ちます。

 

マリアアザミ

マリアアザミは、「ミルクシスル」とも呼ばれるハーブで、肝臓の保護や再生に有効です。マリアアザミの種子に含まれるシリマリンという有効成分が「肝臓の再生」や「胆汁分泌作用」をサポートします。

肝臓の疾患のみならず、腎臓疾患や皮膚治療にも実力を発揮します。

ただし、過剰摂取は肝機能を弱らせることがあるので、推奨量を守って使用するようにしてくださいね。購入する際には花や茎ではなく種子であることを確認してください。

 

BCAA

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3つの必須アミノ酸の総称です。

肝臓機能を高める働きがあり、アンモニアの解毒にも役立ちます。細胞の新陳代謝を促すため肝臓の再生や回復にも役立ちますよ。AAA(芳香族アミノ酸)が肝臓で代謝されるのに対して、BCAAは筋肉で代謝されるので肝臓への負担も少なくなりますよ。

 

猫の肝臓機能、おすすめのサプリメントは?

素材 疑問

おすすめサプリメント

  • SPIRITa(スピリッタ)
  • ディーンズ ダンドリオンプラスパウダー
  • ベジタブルサポートドクタープラス

SPIRITa(スピリッタ)

SPIRITa
「SPIRITa」はタウリンのサプリメントです。牛の胆汁から抽出された天然タウリン100%で、肝臓への負担を減らしながら、肝臓機能をサポートしてくれます。摂取量は少量で、味やにおいもほとんどないので、サプリメントの苦手な猫にもおすすめです。

 

ディーンズ ダンドリオンプラスパウダー

ダンドリオン

「ディーンズ ダンドリオンプラスパウダー」は、肝臓機能に有効なマリアアザミとダンドリオン(セイヨウタンポポ)を配合したサプリメント。自然の力にこだわるディーンズによってブレンドされた2種のハーブが、穏やかに確実に肝臓機能をサポート。胆汁分泌促進や解毒作用を助けます。パウダータイプなので、フードに混ぜて与えやすいのもポイントです。

 

ベジタブルサポートドクタープラス

ベジタブルサポートドクタープラスホエイ

「ベジタブルサポートドクタープラス ホエイ(肝臓用)」は野菜の持つ栄養素を損なうことなく、粉末状に加工したサプリメントです。ビタミンやBCAAアミノ酸を豊富に含み、肝臓の健康をサポートしてくれます。

細かい粉末で吸収率が高く、野菜の消化吸収が苦手な猫も効率よく栄養を吸収することができます。ナチュラルな成分というのも安心できるのでおすすめですよ。タブレットタイプもあるので、粉状では与えにくいという人は試してみるといいかもしれません。

 

サプリメントは愛猫にあったものを

素材 果実

肝臓機能に関するサプリメントはたくさんあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますね。この記事では、ナチュラルなものや評判が良いものをピックアップしてみました。ぜひ、愛猫にあったものを選んで使用してあげてくださいね。

中には実際に肝臓病の回復に役立った、高かった肝臓数値が落ち着いてきたと実感している人もいるようです。

使用する際に気をつけたいのはサプリメント自体が肝臓の負担になってしまわないようにすること。必ず規定量を守って使用するようにしてくださいね。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。