猫のサプリメント、ビタミンの役割は?おすすめは?

ビタミンは直接エネルギーに変換されたり、体を構成する成分が上手く働けるようにサポートしたりする役割があります。そのためビタミンがあってこそ、健康を維持できるともいえますね。

栄養バランスを整えるため、サプリメントでしっかり補ってあげる必要がありますよ。

この記事では猫用ビタミンのサプリメントの役割についてまとめました。

 

ビタミンとは?役割は?

素材

ビタミンは体の中ではほとんど合成できないため、体外から摂取する必要があります。

水に溶ける「水溶性ビタミン」と、油脂に溶ける「脂溶性ビタミン」とがあります。水溶性ビタミンにはビタミンB群やビタミンCが分類されており、脂溶性ビタミンにはビタミンA、D、E、Kが分類されていますよ。

水溶性ビタミンは尿に溶け込み体の外へ排出されやすいため、「一回の量は少なめに回数を多くする」事で効率よく吸収できます。脂溶性ビタミンは逆に体の中に蓄積されやすいため、「油と一緒に摂取する」事で効率よく吸収されます。どちらのビタミンも過剰摂取は危険視されており、害のない耐容量として上限が設定されています。

猫は体内でビタミンCを合成できるため、ビタミンC以外のビタミンは体外から摂取する必要があります。ただし体内で合成できる量には上限があるため、ビタミンCを補給する必要がある場合もあります。

単体でなく複数のビタミンを補うサプリメントをマルチビタミンサプリメントといいます。マルチビタミンは、単体よりも吸収率が良いのが特徴です。

 

猫のサプリメント、ビタミンの摂取推奨量は?

猫 かわいい

ビタミンの摂取推奨量

  • ビタミンにより異なる

ビタミンAの最小値は5000IU/kgで最大値は750000IU/kgです。

ビタミンDの最小値は500IU/kgで最大値は10000IU/kgです。

ビタミンEの最小値は30IU/kgで最大値は1000IU/kgです。

IUとはビタミンの活性量を測る際に用いられる単位です。いずれもドライキャットフード1kgあたりに含まれる量で、体重1kgあたりに必要な量ではないので注意してくださいね

 

ビタミンを含むサプリメント、猫にあたえるときの注意点は?

素材 疑問

ビタミンの注意点

  • 過剰摂取
  • 相乗作用

過剰摂取

ビタミンは適正量の摂取が大切な栄養素です。長期間、大量に過剰摂取を続けると、過剰症が起こってしまいます。

水溶性ビタミンは尿に溶けて体外から排出されるので、過剰症は起らないと勘違いされていますがそれは間違いです。オーバーした量を排出しようとして、腎臓に大きな負担がかかってしまいます。猫は腎臓病にかかりやすいため過剰摂取はしないように心がけてくださいね。

 

相乗作用

本来、食事から摂取する場合はバランス良くビタミンが含まれているため、サプリメントを選ぶ際も複数のビタミンが配合されたものを選ぶと良いですよ。

 

猫におすすめなビタミンを含むサプリメント1. 「Pet Health セサミンE」

フード画像余白編集.pptx (16)

基本情報

サプリ名Pet Health セサミンE
原材料小麦胚芽油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン
内容量30粒
税込価格2916円
定期購入価格2624円
形状ソフトカプセル

 

成分値

カロリー1.71kcal
タンパク質0.07g
脂質0.15g
炭水化物0.02g
ナトリウム0~1mg
食塩相当量0~0.01g
カリウム1mg以下
リン1mg以下
セサミン1.7mg
ビタミンE9.5mg

 

おすすめポイント

愛するペットにはずっと元気でいてほしいという想いを込めて生まれた、ペット専用サプリメントです。

健康パワーであるセサミンを主成分に、ビタミンEをプラス配合しています。2つの成分が、ペットのこれからの元気をしっかりとサポートしてくれますよ。

 

猫におすすめなビタミンを含むサプリメント2.「ベジタブルサポート」

ベジタブルサポート

ベジタブルサポートはかぼちゃ、にんじん、ブロッコリー、しいたけを原料にしています。独自の製法で栄養価をほとんど損なうことなく製造されています。

合成添加物も含まれておらず、約3000以上の動物病院の獣医師さんにも認められているので安心して与えることができますよ。

トライアルセットは980円(税込み)で販売されています。

摂りすぎは禁物!

ペット 素材

ビタミンは体が機能するために重要な栄養素です。不足する事も過剰に摂取することもないよう、適切な量を与えるようにしてくださいね。

あげる量が良くわからない時は、獣医師さんに相談するのが得策ですよ。

 

ペットサプリメントについて、pepy編集部が考える「知っておくべきこと」と正しく選ぶために大切な「5つの基準」はこちらの記事にまとめています。