チベットモンキーはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

チベットモンキーはオナガザル科マカク属に分類されるサルで、「チベットマカク」とも呼ばれています。全身を深い毛におおわれ、マカクの中でも特に大きめの種類です。
ニホンザルのように複数のオス、複数のメス、子供達から成る大きな群れを作ります。チベットモンキーのオス同士は「ブリッジング」と呼ばれる子供を利用したあいさつをすることも知られています。
この記事では、チベットモンキーの生息地や会える動物園、エサについてご紹介します。

 

チベットモンキーはどこに住んでいる?分布は?

チベットモンキー4

チベットモンキーは中国南部から東部にかけてみることができます。山岳地帯にある広葉樹林や常緑樹林で生活していますよ。
名前にチベットとありますが、チベットには分布していません。

チベットモンキーは動物園で会える?

チベットモンキー2

ポイント国内でチベットモンキーに会える動物園

  • よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)
  • 日本モンキーセンター(愛知県)

日本では、神奈川県の「よこはま動物園ズーラシア」や愛知県の「日本モンキーセンター」でチベットモンキーに会うことができます。

海外では、中国三大霊山として知られ四川省にある峨眉山(がびさん)で野生のチベットモンキー見ることができますよ。

 

チベットモンキーの餌は?何を食べる?

チベットモンキー1

  • 木の葉・芽
  • 果実
  • 昆虫

動物園では、ミカンやバナナなどの「果実類」やニンジン、サツマイモなどの「野菜類」を与えているようです。

野生下でのチベットモンキーは、「木の葉」や「新芽」、「果実」、「木の根」、「タケノコ」を食べています。雑食性のため、「昆虫」や「小型の動物」を食べることもあります。昼行性のため、日中にエサを探していますよ。

 

絶滅の心配は?

チベットモンキー3

チベットモンキーは、IUCNのレッドリストでNT(Near Threatened、近危急種)に指定されています。生息地周辺の森林破壊や密猟を主な原因として、数は徐々に減り、更なる減少も懸念されています。
日本では2か所チベットモンキーを飼育する施設があるため、興味を持った人はぜひ会いに行ってみてくださいね。