ホエザルはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

ホエザルは霊長目のクモザル科に属するサルで、南アメリカに生息する新世界ザルの中で最大の大きさを誇ります。

体長40~90cm、体重7~10kgで50~90cmほどの長いしっぽ・ふさふさのヒゲを持っており、体色は赤・黒・茶など様々ですよ。他の新世界ザルと異なり三色の色覚を持っているという特徴もあります。

この記事ではホエザルの生息地や会える動物園、飼育下、野生下での餌についてまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ホエザルはどこに住んでいる?分布は

ホエザル
ホエザルの分布域中央アメリカ
南アメリカ
ホエザルの生息域熱帯雨林
乾燥した林
多雨林
疎開林の樹上

ホエザルは、中央アメリカや南アメリカに分布しています。特にメキシコ南部~アルゼンチン北部にかけての地域に多いですね。

主な生息域は「熱帯雨林」ですが、標高0~2500mくらいの「乾燥した林」や「多雨林」「疎開林の樹上」などでも見ることができます。1~3頭のオスと6~15頭のメスからなる20~30頭近い群れを作って生活していますよ。

 

ホエザルは動物園で会える?

ホエザル
残念ながら、日本にホエザルを飼育している動物園はありません。

日本ではホエザルに会うことはできませんが、海外では多くの動物園でホエザルが飼育されていますよ。

イギリスにある「チェスター動物園」「トウィクロス動物園」、 ベリーズにある「ベリーズ動物園」、アメリカにある「バッファロー動物園」「スミソニアン国立動物園」「ロサンゼルス動物園」「オレゴン動物園」などで会うことができます。

 

ホエザルの餌は?何を食べる?

ホエザル
野生下での餌木の葉
果実
ナッツ

野生下では「木の葉」「果実」「花」「芽」「ナッツ」などを食べています。

オマキザル科のなかでは葉食傾向が強いサルなので、花や果実が多い時期には「果実」や「花」を好んで食べますよ。

 

ホエザルの鳴き声

ホエザル
オスのホエザルは大きな喉と貝の形に似た独特の喉袋を使って耳障りとも言われる鳴き声で鳴きます。

夕暮れや夜明けに多くのホエザルがいっせいに鳴き声をあげることで、その地域が1つの群れによって占領されているというメッセージを他の群れに伝えていると考えられていますよ。