ベネットキノボリカンガルーはどこに住んでるの?動物園で会える?餌は?

ベネットキノボリカンガルーは、カンガルー科キノボリカンガルー属に属するカンガルーです。

体長70~75cm・体重8~14kg・尻尾の長さは74~84cmで、茶色と灰色の被毛を持ち、尻尾と手足・胸・腹には黒い斑点がありますよ。

この記事では、ベネットキノボリカンガルーの分布域や生息域、会える動物園、食べている餌についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ベネットキノボリカンガルーはどこに住んでいる?分布は

素材
ベネットキノボリカンガルーの分布域オーストラリア
ベネットキノボリカンガルーの生息域山岳地帯
熱帯雨林

ベネットキノボリカンガルーはオーストラリアの固有種で、クックタウンの南からデインツリー川の北にあるクイーンズランド州北部にかけて分布しています。

ただ、分布範囲が狭いため、自然災害や突発的な病気などで数がいっきに減少する可能性が危惧されていますよ。

標高1400mの「山岳地帯」や「低地の熱帯雨林」に生息し、主に木の上で生活していますが「ユーカリの森林」に姿を現すこともあります。

 

ベネットキノボリカンガルーは動物園で会える?

素材
残念ながら、日本でベネットキノボリカンガルーに会える動物園はありません。

ただ、同じキノボリカンガルー属のセスジキノボリカンガルーであれば、「よこはま動物園ズーラシア」で見ることができますよ。

海外でもベネットキノボリカンガルーに会うことは難しいですね。

こちらもセスジキノボリカンガルーであればオーストラリアのメルボルン動物園で、アカキノボリカンガルーであればアメリカのマイアミ動物園で会うことができますよ。

キノボリカンガルーは一般のカンガルーとは違って一風変わった見た目をしているので、機会があればぜひ見てみてくださいね。

 

ベネットキノボリカンガルーの餌は?何を食べる?

素材
野生下での餌植物の葉
果実

動物園などの飼育下でベネットキノボリカンガルーに何を与えているのかは分かりませんが、同じキノボリカンガルーの仲間は、「ワラビーペレット」やニンジン・白菜などの「野菜」、「ヘイキューブ」などを食べています。

草食動物なので野生下では、「植物の葉」や「果実」を主に食べています。食べている植物はブドウやシダなどおよそ33種類種類にも及ぶといわれていますよ。

 

ベネットキノボリカンガルーの脚の強さ

ベネットキノボリカンガルー
ベネットキノボリカンガルーは四足歩行で歩くだけでなく、後ろ脚のみの二足歩行で歩いたすることも可能です。

木から木であれば9mほどの距離が開いていても飛ぶことができますし、18mの高さの木から怪我することなく飛び降りる事もできますよ。